スピリチュアル 思考の治療 日記

ありがとうの言葉

更新日:

スピリチュアルな話では、
有名な話で、私も過去に、
その事に関する記事を書いたと思いますが、
今回また、新たに別の視点で書きたいと思います。

「ありがとう」や「ついている」の言葉を
繰り返し唱えると、何故、良いのか?

まず、水からの伝言などでも証明されているように、
その言葉で、水の結晶が変わる。人間の体も、
多くが水分だから、その言葉によって、
体の中の水分が綺麗になる。

そして、もう一つ、潜在意識の浄化、クリーニングになる。
ホ・オポノポノは、口に出す必要はなく、
頭の中で繰り返し唱えると言うモノですが、
口に出せる時は、ありがとうの言葉だけでもいいから、
口に出した方がいいと思います。

でも、口に出す出さないは、別として、
どちらにしても、潜在意識の浄化になる。
潜在意識は、意外と、自分自身で自覚していないほどの、
ネガティブな要素が詰まっていると思います。

そして、潜在意識が引き寄せの根源であると言います。

その潜在意識を綺麗にすれば、引き寄せるモノが、
良いモノになってきます。ろくな事ばかりしか起きないと言うのは、
恐らく、潜在意識のネガティブが引き寄せているのでしょう。
だから、そんな人ほど、言霊パワーで浄化した方がいいと思います。

また、この世のすべては、波動と言いますが、
それは、分子やら、原子やら、細かい粒子やら、
色んな見えない要素が絡み合って、見える世界を創っています。

だから、その見えない世界の部分を作り変えるのが、
言霊と言うものであると思います。だけど、勿論、すぐには、変わらない。
だから、ちょっとや、そっとやって、
何にも変わらないじゃないかと思うのは、違うような気がします。

過去のネガティブが多ければ、多いほど、プラスが上回るまでは、
一向に、何にも変わっていないように見えるのでしょう。
しかし、続けていれば、見えない世界の方では、既に変わっている。
それが、現実に現れるまでには、もうしばらく続ける必要がある。

ありがとうやついていると言う言葉を、
気持ちよく、心地良く、嬉しく、楽しく言えるようになったら、
現実的に、よりよい変化が訪れている証拠だと思います。

だけど、最初は、それらの感情は、なくてもいい。
ただ、ただ、機械的に、繰り返し唱える事でも、
見えない世界の素粒子が変化していると思います。
何故なら、私達は、肉体があるように見えていますが、
見えない世界の延長の存在として肉体を持っているからです。

だけども、言霊だけで、万事OKと言うわけではない。
現実的に、色んな事が起きるので、こんな事は、
バカバカしいから、もう辞めようと思ってしまう事もあると思います。
そして、唱える気分にもならなかったりします。

その時は、それでいいと思う。
その時は、休養期間です。
一度、ある程度、やり始めた人は、
時期を置いても、また、やろうと言う気持ちが戻ってくる時があります。
その時に、また、やればいいのです。

何の効果も現れていないように見えても、
気づかないレベルの、小さない良い変化が起きていたりします。
私が、その事に、気づいていないだけであったりします。
そして、回数を多く言っていると、大きな良い事が起きるので、
その時は、間違いなく言霊効果だと気づかされる事があります。

だけど、言霊の数は、私の実体験から言えば、
相当な数と時間が必要であります。
念仏行者と言う言葉がありますが、
ありがとうの念仏行者にならなければ、
その効果は、実感できないと思います。

小林正観さんは、ありがとうを数多く唱えると、
奇跡が起きると言っていました。
私も、それを知った時は、唱えまくりました。
その後、色んな奇跡を体験したりもしました。

だけど、いつしか、悪い事ばかりが起きたり、
悪い感情ばかりが湧くようになって、
いつしか辞めてしまいました。
もう、ありがとうと呟く気力さえ、なくなっていました。

しかし、思い返せば、それは、
潜在意識の中の悪の部分が、
外に出ていたのだと思います。
潜在意識のゴミ出しと言う現象であったと思います。
だから、良い事ばかりとは、ならないのですね。
だけど、私は、一度辞めてしまいましたが、
そこが、踏ん張りどころと言うか、乗り越える為に、
続ける所であったような気もします。

多くの人が不平不満に思ったり怒ったり最悪だと思える事に、
両手を合わせて、感謝できるようになった人が、
人生の達人の上級者だと小林正観さんは、言っていました。

言霊パワーの実体験として、色んな奇跡を体験しても、
マイナスと思える出来事に、遭遇したら私のように、
ショックで辞めてしまう事もあるかもしれません。
だけど、ピンチは、チャンスと言うように、
そこが、一段、自分のステージを上げる瀬戸際なのかもしれません。

だから、私も、今また、一からのスタートで、
少しずつですが、ありがとうの念仏行者の
再スタートを始めました。

そして、言霊効果を知る為の、
分かりやすい方法は、
「ありがとう」や「ついている」などの
プラス言葉を言い続ける事もそうですが、
ネガティブ言葉ばかりを言い続けている人を
人間観察して見れば、すぐに分かります。
それについては、こちらの記事を見て頂けたらと思います。
ネガティブ言葉を言い続けた人の末路

また、ありがとうの言葉は、空間の浄化にもなると思います。
長年、ネガティブな言葉でいっぱい詰まっていた家の中なら、
尚更、言霊でクリーニングした方がいいような気がします。

部屋の掃除は、掃除機や、ぞうきんだけではない。言葉も浄化用品です。

関連記事
奇跡を起こす言霊・ありがとう

だけど、ありがとうの言霊を唱えても、
どうも、効果がないとか、何故か、
悪い事ばかりが起きるというのであれば、
ありがとうの言葉を唱える前に、
まずは、ネガティブな思いや感情を吐き出す。
それらを出し切る事も必要かもしれません。
それについては、この動画を参照してください。



ネガティブな感情を抑え付けながら、
ありがとうの言霊を唱えても、
逆効果になる場合があります。
その時は、溜まっているネガティブ感情を、
まずは、吐き出しましょう。

ありがとうの言葉、
そのものは、確かに、
波動が高いものだと思います。

しかし、ネガティブを抑え付けてやる
ありがとうの言霊は、ネガティブな事が
起きやすくなったり、ネガティブを呼び込む
ありがとうになっていたりもします。
ネガティブが起きて、ありがとうとなってしまいます。
これを私は、ネガティブありがとうの法則と名づけました。

ネガティブありがとうの法則は、
一言で言えば、ネガティブを召還する、ありがとう。

小林正観さんも、確かに、素晴らしい人でありましたが、
今は、正観さんが生きていた時代よりも、
さらに素晴らしい宇宙からの情報が降ろされていると思います。

ネガティブを体験するから、
その後に良い事が起きる。

それが従来、言われていた事だと思います。

それは、今までの3次元地球の話。

今は、いい気分の時、いい現実が起き。
不安や恐れなどの気分の時、その現実が起きる。
思考や感情がダイレクトに現実に反映する時代です。

だけど、地球が5次元になっても、
人間側が3次元の波動でいれば、
今まで通り、大きな嫌な体験の後に、
大きな良い事を体験する事もあるでしょう。

だけど、もう、大きな嫌な事を体験する、
と言うプロセスを通り越して、
良い事を体験する事が出来ます。

だから、わざわざ、嫌な事を体験する必要もない。

私達は、従来の制限のある3次元地球において、
ネガティブな感情を溜め込みすぎたかもしれません。
だから、ネガティブを感じる時、
まずは、吐き出しの法則が先決で、
いつまでも、その感情を持ち続けない。
手放す事が大切であると思います。

いつまでも持ち続けるのは執着です。
執着があると宇宙の法則が使えません。

そして、ありがとうをありがたい気分で
言っているとダイレクトに現実に反映します。

中浦えりこさんの話・・・

この動画も、面白かったので、
参考に見られると、いいかもしれません。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 思考の治療, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.