どうでもいいこと 日記

飛び込み営業って今でもあるの???

投稿日:

今は、時代背景の影響で、
すっかり少なくなったと思いますが、
昔は、飛び込み営業と言う仕事がよくありました。

まったくの初日から、いきなり外に放り出され、
色んな家やら会社やらをアポイントもなしで、
訪問する営業です。当然の事ながら嫌がれる事も多いのですが、
昔は、それで結構、稼ぐ事も出来た時代です。

リフォームの営業とか、滅茶苦茶に多くて、
トップセールスマンは、月収300万ぐらい稼いでいたりしました。
それも、昔の話ですが、外回りの営業マンは、自分の会社には、まず、いません。
サボっていても分からないので、サボる営業マンも多かったです。
だけど、サボる営業マンが売れていない営業マンばかりかと言うと、
必ずしも、そうではないです。売れている営業マンも、よくサボります。
仕事中にカラオケに行ったり、喫茶店に行ったり、高級料亭に行ったりで、
自分の気分を上げると言う事を行っています。

今でこそ、引き寄せの法則などで言われている事ですが、
自分の気分を良くするから、それに、ふさわしい事が引き寄せられる。
売れている営業マンは、日常的に、それをやっていた。
そして、お客様に役立つ事を学んだりもする。

一方で、売れていない営業マンは、
どうせ行っても、売れないし、怒られるし、怒鳴られるし、
気分が滅入るしと、確かに、そうなのですが、
やる前から、自分の気分を落としている。その結果、動かない。
そして、お客様の役に立とうと言う意識も足りていない。

だから、売れている営業マンと、売れていない営業マンは、
マインドだけ、感情だけでも、大きな開きがある。
思考や感情が違うから、視野も違うのかもしれない。

しかし、今の時代は、飛び込み営業と言うと、
非常に厳しいと思います。時代に合わせて、
営業方法を変えると言う事も必要だと思います。

飛び込み営業にしろ、テレアポ営業にしろ、
詐欺的な類のモノと間違われる事も多いと思います。
だから、ユーチューバーなどに企業案件を頼んだりもするのでしょう。
ユーチューバーに頼まずとも、今の時代は、ネット集客やネット販売は、
それなりに需要のある分野です。

それは、さておき、今の時代にも、
飛び込み営業のスキルを活かす事は、出来ます。
それは、対人関係。飛び込み営業が得意だった人は、
人の心に飛び込むのが得意です。

性格的に明るい人ばかりが営業マンをやっているわけではない。
色んな会社のトップセールスマンを見ると、
口数が少なく、おとなしそうな感じの人が、
トップセールスマンをやっている事も、意外と、よくあります。
だけど、人の気持ちに敏感で、細かい事に良く気づき、
人の心に入っていく事が出来ます。笑うセールスマンが、
あなたの心の隙間を埋めますと言うセリフを言っていましたが、
売れている営業マンは、これが出来る人が多いです。

しかしながら、売れている営業マン全員が、
出来ていたかと言うと、それも違って、
ワンマンな性格で相手の気持ちに鈍感すぎて、
売上を叩き出すと言う営業マンもいました。
このタイプも、結構、多かったです。

また、都内だと新聞の拡張員やらの募集も、
昔は、そこら中でありました。
ほとんど歩合でやっているのですが、
稼ぐ人は、日給が2万円だったり、20万円だったりしました。
だけど、人様に、とにかく嫌われる仕事であったと思います。
それだけ、イメージを悪くした人達も多いと言う現状もありました。

今も、形を変えて飛び込み営業は、残っているのでしょうけど、
今の時代は、かなりのスキルを要求されると思います。
何のスキルかと言えば、心のスキル。
何でもかんでもモノが売れた時代とは、違う。
物が溢れて余っているような時代です。
おまけにニュースで話題になった詐欺などがあるので、
テレアポ営業なども非常にしずらくなったと思います。
それは、訪問販売でも、同じでしょう。
だから人は、セキュリティの強化をしたりしています。
それは、家のセキュリティもそうですが、
心のセキュリティも強化されているので、
その鍵を開ける事が、最初の入り口になると思います。

だから、今の時代に、飛び込み営業で成果を上げている人は、
神だと思います。いや、神ならいいのですが、
詐欺師だったら、危険なので、お客側にも人を見る目が、
かなり要求されていると思います。

だけど、人の心に飛び込むスキルは、
売れている営業マンから学べる事は、多いと思います。

自分が心を開くから、
相手も心を開く。
そして、その距離感の掴み方、
売れている営業マンは、
これが、上手い人が多い。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.