どうでもいいこと スピリチュアル

自分の心の状態を見る方法

投稿日:

自分の心の状態を見る方法の一つは、呼吸です。

息は、自分の心と書きます。
だから、繰り返し呼吸する事で、
自分の心を見つめ、自分の心に気づきます。

息子と言う文字も、息と言う字を使います。
息は、自分の息子のようなもの。
呼吸法については、色んなものがありますので、
どれがいいとか私には、分かりませんが、
とくに、それらの方法に、
こだわらずとも、繰り返しの深呼吸で、
ある程度の、心の動きを見つめたり、
見つけたり、感じたり、出来ると思います。

現実のすべても、自分の心で出来ていると言います。
だから、自分の心を自分で整える。
心の外の現象が現実。だから、現実を変えたければ、
心を整え、心を変える。その方法は、呼吸だけでは、
ないと思いますが、呼吸によって、ある程度は、
変えやすくなるような気がします。

私達は、眠っている時も、起きて意識をしていない時も、
呼吸をしています。私達の体は、自動的に呼吸をしてくれています。
その呼吸を自分が意図的にやる事で、自動が手動になるのですが、
手動とは、主導でもあり、
自分が呼吸の主導権を握ると言う事でもあると思います。
自分が主導権を握っているのだから、
自動の時には、気づかなかった事に、
気づきやすくなるような気がします。

意図的に自分自身で呼吸する事によって、
余計なものを吐き出し、新しい空気を脳にも体にも入れる。

そして、ゆったりした呼吸に意識を向けると言う事において、
みんなで集まってやると言う事も、あるには、ありますが、
ほんのわずかな時間でも、毎日、継続的に行うのであれば、
ほぼ、ほぼ、絶対と言ってもいいぐらい、一人の時間が必要になります。

現代人は、慌ただしく、一人になっても、
ゲームやらLINEなどしてないと、
落ち着かないと言う事もあります。
それらを遮断して、一人で過ごす時間と言うのも、
必要であるような気がします。

美輪明宏さんの話ですが、
孤独は、人を聡明にする。

いつも、人と群れて、
為になる話をしていればいいですが、
その集団で人の悪口を言い合ったり、
そんな事ばかりやっていると、
いつまで経っても聡明にならない。

また、心の弱さで言えば、
暴走族も、暴力団も、群れる。
見た目が強そうに見えても、
心が弱い人の方が、群れると言う傾向があるようです。
肉体的や見た目では、強そうでも、
常に群れていないとならない人は、
心が弱い人が多いのでしょう。

いつも、いつでも、誰かがいないと、
不安、寂しいと言う人は、
心の弱さの裏返しかもしれません。

また、エイブラハムなど、引き寄せの法則で言うなら、
自分自身が放った波動や、思考の蓄積、感情の量によって、
それに見合った現実が引き寄せられる。
だから、今、目の前の現実や周囲の人や環境。
それこそが、今の自分の心の状態の反映と言う事になります。
だから、嫌な現実を体験した時は、軌道修正や波動修正の、
合図なのかもしれません。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと, スピリチュアル

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.