マインド 思考の治療

私達の脳には、RASと言うフィルターがある

更新日:

RAS(ラス)と言うのは、脳の機能の一つであり、
RAS事態にも、色んな機能があるらしいのですが、
RASの一番、重要と呼べる機能が、
フィルター機能になるらしいです。

私は、脳やRASの専門家ではないので、
私の解釈が間違っている可能性もあるので、
その辺は、注意して、お読み頂きたいと思います。
しかし、専門家でない分、何も知らない人には、
ざっくり分かりやすく伝わるかもしれないです。

RASと言うフィルター

RASのフィルター機能は、
重要度の高いモノや、興味があるモノは、
すーっと通して、そうでないモノは、
通さなかったり、通りずらくしたりする機能があるようです。

まったく同じ意見であっても、
自分が興味がある人の情報は、通して、
そうでない人の情報は、遮断するなどの事も、
私達の無自覚の間に、RASは、行っているらしい。

色々、見たり聞いたりする情報の中でも、
自分にとって、重要と思えるモノを通して、
そうでないモノは、遮断しているらしいです。

RASのフィルターを通して伝わって来たモノは、
無意識や潜在意識にも伝わるらしい。

だから、思考が、現実化するなどの話で、
こんな現実を創った覚えはない、と言う事が、
実際には、現実化したりしているのです。

フィルターを通すか、通さないかは、
私達は、ほぼ、ほぼ、無意識の間に行っています。
だから、普段は、フィルターが働いてる事さえ、
気づく事はないです。

そして、RASは、潜在意識と同じように、
現状維持機能が働いていたりします。
だから、何もしなければ、今のまま、
同じようなフィルターの振り分けを行います。
必要なモノと不必要なモノを自動で分けてくれます。

便利な機能だと思うかもしれませんが、
本当に必要な人や情報も、
遮断している可能性もあるって事です。

そして、通さなくても、いい情報を通して、
通した方が、いい情報を遮断している可能性もあります。

毎日が似たり寄ったりになっているのは、
RASや潜在意識の、現状維持機能が、
働いているからだとも言えます。

そもそも、何故、現状維持機能が働くかと言えば、
それは、生命維持機能とも関係しているそうで、
現状維持しているモノを変化させると、
命の危機を感じたりするからでもあるそうです。

しかし、必ずしも命の危機になるような事は、
それほどには、ないと思います。
幼少期などに信じ込んだ事など、
色んな要素が絡み合っているようですが、
変化させるのは、危険だと判断したり、
無駄な情報は、いらないと言って入れないのが、
RASの機能となっているようです。

しかし、エアコンなどのフィルターと同じで、
この、RASのフィルターと言うモノは、交換可能であるらしい。
それが、意図した思考や、意図した感情であるらしい。

自己否定や悪い事ばかり考えていれば、
そのフィルターが開いて、
その情報が、どんどん通って、
悪い現実が起きやすくなる。

逆に、自己肯定をして、
人や社会の良い面に焦点を当てていれば、
その類の情報が、どんどん通って、
良い現象が起きやすくなる。

RASは、脳の機能ですが、スピリチュアルな世界でも、
かなり、重要な鍵を握っていると言われています。

フィルターが開いて、
自分の興味関心が高い、
情報や出来事を吸収するのは、
引き寄せの法則とも通じる事であると思います。

そして、顕在意識では、不必要とか、嫌いだと思っていても、
潜在意識レベルでは、大好きだったり、必要だと思っている事は、
フィルターは、全開であるかもしれません。

RASのフィルターをもっと、簡単に、
私の言葉で言えば、仕切りであり、カーテンであると思います。
RASが必要だと思っているモノは、仕切りやカーテンの内側に通す。
その他のモノは、通さない。だから、潜在意識と繋がっているのか、
似ているのか、同じなのか、分かりませんが、
私は、潜在意識の機能に似ているのではないか?と思っています。

よろしければ、こちらの記事も参考にしてください。
神王リョウさんが語る潜在意識の話

スポンサーリンク



-マインド, 思考の治療

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.