マインド 思考の治療 日記

親だって完璧なわけじゃない

投稿日:

親だって、前世では、
子育ての経験があるかもしれませんが、
あなたが、長男、長女であれば、今世では、
子育てが、はじめての経験になります。

だから、間違いだらけの子育てをしている可能性もあります。
だけど、親が悪いと思うのも、また、違うと思います。

私も小学生の頃から、父親によく暴力を振るわれたりしていました。
雷親父の頑固親父みたいな感じで、怒鳴り散らす事が当たり前の親だったので、
父親の事は、敬遠していた部分がありますが、
親だって、人格者になってから、子供を作るわけではない。

親の人格が幼稚なうちに子供が出来るパターンが、
多くの家庭のケースであるように思います。

そして、今は、インターネットが普及したりで、
色んな情報量が増えてきましたが、昔と言うのは、
親の常識が家の常識であった部分もあり、
他の家庭の事など、親しい友達の家や親戚ぐらいの事しか、
分からなかった部分があります。

だから、間違った子育てが、ある意味では、
当たり前であったのかもしれません。

親の人格が幼稚な間に、子供を作れば、
子供が子供を育てているようなものです。
文字にすると、おかしいと思えますが、
こんな事は、世の中で、まかり通っている事でもあります。

私が、幼い時、それこそ、小学生にも上がらない、
3歳ぐらいか、それより前であったかは、定かではないですが、
父親に凄い勢いで、怒鳴られた事が非常にショックであった事を覚えています。
その時、私は、だったら、なんで、生んだんだろうみたいな事を思いました。

そして、小学生になってからも、父親には、
色んな事で、ショックを受けた事がありました。

しかし、親も、人格者になる前に、子供を作っています。
だから、親だって完璧じゃない。むしろ、
間違いだらけの子育てをしている事もある。

人格が成長してから子供を作るなんて事は、まずない。
そんな事をしていたら、子供を作る前に、
あっというまに歳を取ってしまいます。
だから、子育てをしながら、自分の心や人格を成長させる。
子供が親を成長させてくれている部分もあります。

だから、親に不満があっても、親に完璧を求めない。
完璧な人間などは、どこにもいない。
どこかしらに欠陥があるから、人間をやっている。

そしてまた、親の魂より、子供の魂の方が進化している場合がある。
いや、むしろ、このパターンの方が、多いような気がします。
だから、子供心に親のダメな所も、分かったりする。
大人の未熟さが分かったりする。

それが、大人になっても不満に残っていたりもするのですが、
自分だって完璧なわけじゃない。親だって完璧なわけがない。

例えば、自分が大人になってから、
親が自分を生んだ歳と、その歳の時の自分を比べてみれば、
それほど、自分が、親より優れているわけではないと思う。
むしろ、劣っていたりもする。

だから、親の至らなさを、自分が、そうしないと言うのはいいですが、
いつまでも責めない事や、不満に思わない事も大切だと思いますし、
可能であれば、子供心に抱いた親に対する不満や怒りをゆるまして、
許していく事も大事だと思います。勿論、世の中には、本当に、
どうしようもない親もいますので、許せなくてもいい。
一生、恨み続けたくなるような気持ちを抱いている人もいるかもしれない。

それは、それでいいと思うのです。
それを第三者が、そんな気持ち捨てなさいと言った頃で、
あなたに何が分かると言われるのがオチでしょう。
その苦しみを私は、体験していないのだから、
それを言う資格もないと思うし、
本当の意味での気持ちは、分かっていないとも思う。
分かったつもりには、なれてもね。

親が嫌いで仕方がないなら、
その親がやっていたような事は、
自分は、絶対しないようにする。
それだけで、十分だと思いますよね。

そして、色んな親がいますが、
いい所が一つもないと思う人は、別として、
悪い親であっても、いい所が、色々あったと思います。
その部分に感謝して、親だって完璧じゃない。
その事を分かって、認めて、許していく。

父親との関係は、お金の関係。
母親との関係は、人間関係。

だから、親と子の関係は、
別の関係でも繋がっています。
直接的な関係は、何もなくても繋がっているんです。

だから、親に抱いている感情は、
他の関係に現れているのです。
親がいない人は、育ての親です。

親子関係が、すべての関係の縮図です。
縮図を拡大したのが、今ある、色んな関係です。

だから、親に対する気持ちを変化させていくと、
今の、人間関係や、お金の問題にも、
変化が、現れて来ると思います。
だから、親に関して、少しでも、
いい感情を持てる部分を増やしていけば、
それが、現実に反映します。

どうしても、親が嫌い、考えたくない、思い出したくもない。
そんな人は、親の事は、考えなくてもいい。
別の大好きな人やモノの事を考えましょう。
何にもなかったら、それを探してみましょう。

スポンサーリンク



-マインド, 思考の治療, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.