スピリチュアル 日記

明日は、夏至の日

投稿日:

明日、2018年6月21日は、
今年の夏至の日であるそうです。夏至の日は、
スピリチュアルな意味がある日でもあるそうです。

一説では、夏至の日になる前、あるいは、夏至の日に、
まず、辞めたい事を辞めた方が、いいと言われています。
やりたくないのに、
仕方なくやっていた事、
何となくやっていた事、
義務的に続けていた事、
嫌々やっていた事、
それらの事を辞めると言う事。

それらの事を辞めるから、
新たなエネルギーが入る。
嫌々やるのにも、楽しくやるのにも、
エネルギーを使います。

エネルギーには、大きく分けて、
ネガティブなエネルギーと、
ポジティブなエネルギーがある。

楽しく、前向きにやる事は、
ポジティブなエネルギーが働いているので、
エネルギーが増えたりしますが、
仕方なしにとか、嫌々でやっている事は、
ネガティブなエネルギーなので、
ポジティブなエネルギーは、減っていきます。
そして、枯れ果てると、気力を失ったりします。

私に流れるエネルギーの総量を100としたら、
ポジティブが20の時に、ネガティブは、80になります。
ポジティブが80の時に、ネガティブは、20になります。

だから、エネルギーダウンしているような事を、
夏至の日に終わらせる。

また、エネルギーを上げる為に、
実際に不要な物を捨てる事も、効果的だそうです。
だから、家の中の、捨てたいモノを捨てる。

人間関係などでも、
何となくとか、仕方なしに関わっていた、
今までの関係性を終わらせるなど、
あらゆる事の断捨離を済ませておいた方がいいらしい。
それは家の中のモノも、心の中のモノも、現実的な物事も、
ありとあらゆる事を含めた断捨離をすると言う事です。

そして、半強制的に、それを促すような、
出来事が起きたりする事もあるようです。

そして、捨てたいモノを捨てた後には、
本当にやりたかった事、興味があった事、
それらの新しい事を始めると言う事です。
夏至の日は、その事に最適な日、
新たなスタートの時期でもあるそうです。

私的な意見では、多少ずれてもいいと思いますが、
夏至の日を基準にして、終わりと始まりの、
時期になっているような気がします。

辞めたい事を辞めて、やりたい事をやる日。
その基準となる日が夏至と言う事になるようです。

辞める為の決断と、始める事の決断日。

辞めたいのに、中々、辞めれない事を、
辞めると言う決断をする日でもあると思います。

過去は、過去で色んな気づきや、学びや、出会いが、
あったと思いますが、夏至の日は、過去との一つの決別を
意味しているのかもしれません。そして、過去と未来の境目として、
重要な日になっていると思います。

しかし、過去を完全に捨て去るのとは、違うと思います。
例えば、ビジネスなどの事で言えば、過去あったモノを、
改良して、新たなサービスを始めるなどの事も、
新しい流れだと思いますし、夏至の日は、色んな物事の、
心機一転と言う言葉が、当てはまるのではないしょうか?

そして、辞める時も後ろ向きではなく、
前向きなパワーで辞めた方が、いいらしいです。
新たな始まりにエネルギーを注ぐ。
辞める事を決断したら、始まる事に、
エネルギーを注いでください。

その為のパワーが夏至の日に、
降り注いでいるのだと思います。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.