世の中の事など 日記

アップルの詐欺メールに注意

更新日:

あなたのApple IDは、
異常な場所からアクセスされているため、
ロックされています。

上記のようなメールが届く事がありますが、
大概の場合は、詐欺メールであります。

だけども、ツイッターなどの不正ログインなども、
実際に、よくありますので、必ずしも、
詐欺メールと言うわけではないと思いますが、
今の所、冒頭に紹介した、アップルのIDロックののメールは、
詐欺の場合が、多いそうです。
一時ロックや、パスワードリセットなどの内容で、
送られてくる事もあるそうです。

そもそも、何故、そのような詐欺メールが届くのでしょうか?
このような詐欺メールを送っているのは業者ですが、
その目的は、個人情報の入手であると言われています。
実際に、ツイッターなどのアカウントやパスワードが、
盗まれたと言う話も結構、色んな所で耳にします。

なので、基本的にメールが送られて来た時に、
そのURLにログインしたり、返信したりしないようにしましょう。
本物かどうか、怪しいと感じた時には、
携帯ショップの店員さんに聞くなり、正規の場所に問い合わせて、
聞いてみる事が必要だと思います。

形こそ違えど、オレオレ詐欺のように、あせらして、
慌てさせて、いかにも、本当かのように信じ込ませる。
この類のモノは、ネットの世界では、フィッシング詐欺とか、
フィッシングメールと呼ばれています。

本当に巧妙なので、信じてしまう内容のようなモノが送られてきます。
だけど、あせったらいきません。詐欺の可能性もあるので、
翌日などまで待って、携帯ショップの店員さんなどに聞いたりしましょう。

今回の場合は、アップルなので、アップルの公式サイトなど、
公式の場所から、問い合わせるなどして、詐欺かも分からないメールに、
返信をしたり、アクセスしたり、しないようにしましょう。

ネットの世界では、色んな詐欺メールや、
迷惑メールと呼ばれるモノが溢れています。

アップルのフィッシング詐欺は、
毎日、大量に行われていると言う情報もあります。
だから、このようなメールが届いた時には、
まず、詐欺だと疑う事も、必要であると思います。

顔が見えないネットだからこそ、リアルより、
色んな詐欺が横行しているのかもしれません。
しかも、数が多すぎたり、
被害がそれほど、大した事がなかったりで、
中々、本格的な取り締まりに至らない。
そんな、小さな詐欺のようなモノが、いっぱいあります。

だけども、個人情報を盗まれると、
大きな被害に繋がる可能性もありますので、
今後は、どんどん取り締まりが強化されるとは、思います。
だけど、現状は、対策が追い付いていないとも思います。

だから、自分自身で対策しなければいけません。
ネットの詐欺についての知識もある程度、学ばないといけません。
自分の身は、自分で守る。自分の情報も、自分で守る。

おかしいなぁと思うようなメールは、
既に出回っている内容のモノであれば、
検索して調べるだけでも、色んな情報が出てきます。
だから、おかしいなと思う内容のメールは、まずは、検索。
そうすると、詐欺であると分かったりします。
おかしいと思ったメールは、まずは、検索ですね。

スポンサーリンク



-世の中の事など, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.