ユーチューバー

企業案件と言う稼ぎ方

更新日:

トップユーチューバーの方は、
結構な稼ぎがある事は、今は、
誰もが知っている事でもあります。

だけど、中堅ユーチューバーや
底辺ユーチューバーと違って、
企業案件という収入も大きいようです。

企業案件とは、TVで言う所のCMのようなもので、
企業から、この商品を紹介してくれと頼まれ、
自身の動画で紹介すると言うものです。

一説では、チャンネル登録者数が5万人以上ないと、
案件は、入ってこないらしいです。
それは、逆に言えば、5万人以上いるユーチューバーは、
宣伝効果があると、一部の企業が認めている証拠でもあります。

しかし、一部では、いかがわしいと思えるような
案件もあったりするようです。
その辺は、ウームとか大手の事務所は、はじいていると思いますが、
その他の事務所や、個人でやっている人などは、分からずにやっているのか、
分かってやっているのか知りませんが、アプリなどでも、
評判が悪いようなものを紹介していたりする事もありますので、
有名ユーチューバーが紹介しているから、安心と言う事ではありません。

先程、チャンネル登録者数が5万人以上のユーチューバーは、
案件が入りだすと言いましたが、登録者数が増えれば、増えるほど、
案件の収入も多くなるらしい。だから、有名なユーチューバーであっても、
チャンネル登録してねと、登録を促しているのかもしれないですね。

企業案件の金額は、会社にもよるでしょうし、商品にもよると思うので、
変動はあるのでしょうけど、一定の基準値のようなものは、
チャンネル登録者×1~5(万円)であるらしい。
勿論、それ以下の事もあれば、それ以上の事もあるでしょう。

企業案件は、商品だけでもない。お店や会社の紹介として、
依頼する人もいるようです。だから、ユーチューバーの、
CM効果を利用している人は、増えているような気がします。
実際に、有名ユーチューバーに紹介してもらうと、
それなりの効果はあるようです。

そして、まだ、TVCMを流すより、
ユーチューバーに紹介してもらった方が安いし、
面倒な手間が少ないと言った事も理由かもしれません。

ラファエルさんが年収2億と公言していましたが、
ヒカキンさんなどは、ラファエルさんの5倍ぐらいの
チャンネル登録者数がいるので、単純に、
収入も5倍ぐらいあるのかもしれません。

恐らく、ヒカキンさんクラスだと世界でも、
それなりに名は知られているのでしょう。
その他の日本のユーチューバーは、
世界では、まだ、ほとんど名も
知られていないような気がします。

だけど、最近は、企業案件なのに、
企業案件だと分からないように紹介する、
ステマと言う方法には、ユーチューブ側も、
厳しくなってきているらしいです。

色々、問題が出ている事もあるユーチューブでありますが、
ユーチューブ側は、あくまでクリーンなイメージ、
クリーンな営業を望んでいると思います。

だから、ユーチューブにアップしている人、
これから、アップする人も、なるべく、
クリーンな動画を撮っていく方が身の為ですし、
ユーチューブと言うプラットフォームを
利用させて頂いているのですから、
それが、ユーチューブに対する礼儀であると思います。

スポンサーリンク



-ユーチューバー

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.