どうでもいいこと

スピリチュアル偏屈

投稿日:

色んなスピリチュアルな情報があります。
そのすべてが正しいわけでもないし、
すべてのが間違っているわけでもない。

結局、自分が、どれを受け入れて、
どれを信じるかであると思いますが、
スピリチュアルな学びをしている人の中にも、
自分が正しくて他の人が間違っているとか、
本人が清く正しいつもりでいて、
人や世の中を本人が、知らず知らずのうちに、
批判している事が多い人がいます。

その現実も自分が創り出した産物。
要は、スピリチュアルな上辺だけを知ったつもりになり、
軸となる部分を知らずにいる。

例えば、どこかの宗教に属する人が、
他の宗教を批判する事に似ている。
自分の所が、絶対で真実で、
他は、間違っているという思考。

だけど、上辺だけは、いかにも、
いい事をいって、自分は、
スピリチュアルな学びを極めた人であると言うような、
驕りなどが、言葉の節々に見受けられる人がいます。

そのような人がスピリチュアルなビジネスを
している事も多い。だから、お金を出して、
スピリチュアルな学びをする時には、
その人が、スピリチュアル偏屈の人かどうか?
と言うのは、よく観察した方がいいように思います。

スピリチュアルビジネス以外にも、今は、陰謀論やら、
スピリチュアルな情報やら、色々あります。
そのような事を学んで、外面は、いかにも、
素晴らしい人であると言うイメージを作り上げていたりしますが、
本人の自覚なしに、スピリチュアル偏屈になっている人もいます。
いますと言うか、結構、多いように思います。

そのような人を見極める目を養う事も必要だと思いますし、
私自身が、スピリチュアル偏屈にならない為にも、
一つの事に、のめり込み過ぎて、周りが見えないようになるのも、
危険であるように思います。だから、スピリチュアルな学びは、
色んな情報をバランス良く取り入れていったり、
実践していくことではないか?と思います。

そして、私自身が、批判、否定、などを知らず知らずのうちに、
言ったりしていないか?と言う事を、
自問自答する事も必要かなぁと思います。
スピリチュアル偏屈になるようであれば、
何もスピリチュアルな事を知らなくても、
一生懸命、仕事や人生を生きている人の方が、
素晴らしいと思いますし、そのような人の方が、
いい波動が出ているようにも思います。

また、スピリチュアルな情報発信者の中で、
すぐにムッとしたり、怒ったりする人も、
スピリチュアル偏屈な人であると思います。
人間だから、時には、そのような事もあるのですが、
どの程度の事で、相手が、そうなっているか?
ささいな事で、反論したり、争ったりしていないか?
そこを見ていると正しい情報発信者か、
そうでない人かが、ある程度は、分かるような気がします。

自分の知識や価値観などを押し付けようとする人も、
そうでしょうね。菜食がいいとか、薬は、飲まない方がいいとか、
瞑想した方がいいとか、確かに、そうなのかもしれませんが、
それを受けれ入れるかどうか、やるか、やらないかは、
個人の自由なのであって、人に半ば強制するような事は、間違いだと思います。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.