どうでもいいこと スピリチュアル 霊障

心霊治療

更新日:

心霊治療と言うものがあります。
人間の体は、肉体と霊であるので、
心霊治療と言うものがあっても、不思議ではないと私は、思います。

現代、一つの流行りでもある、ヒーリングなども、
心霊治療の一種かもしれません。

その昔、イギリス人で、
ハリー・エドワーズと言う、
心霊治療の分野で有名な方がいたと思います。

ハリー・エドワーズの事について、
書かれた本もありますが、
今は、アマゾンで高額になっていたと思います。

ハリー・エドワーズさんの元には、
その当時の医学に見離された人達が訪れ、
ハリー・エドワーズさんが施術をすると、
80%の人に何らかの好転が見られ、
30%の人が完治したそうです。

治療方法は、傍から見る限りは、
手をかざし、軽く触れるだけで、
何の変哲もないものであったそうです。

しかし、ハリー・エドワーズさんの背後には、
見えない世界の医師団が控えていたそうです。

そして、自分が治してやるんだと言うような、
思い上がりや、気負いは、一切なかったそうです。
私は、霊界の道具の一つに過ぎない。
そのような思いがあったそうです。

これは、現在のヒーリングや気の世界でも、
自分が治してやるなどと言う気持ちは、
一番、間違った考え方であると言われています。

自分の力などない。そのような謙虚な気持ちで、
高次の霊界の方に、おまかせをする。
施術者は、媒体にすぎない。

今も、フィリピンなどに、このような心霊治療を
行っている方は、それなりにいるそうですが、
それぞれの持つ、霊的レベルと精神状態に合った、
領域にしか繋がれないそうです。

だから、今現在も、ハリー・エドワーズさんと、
同じ領域のレベルで、心霊療法が、出来る人は、
恐らく、いないと思う。いたとしても、ひっそりやっているのでしょう。

そして、また、心霊治療は、施術側だけでなく、
患者である人の、霊的成長レベルと精神状態も関係しているそうです。
だから、施術側も、患者側も、霊に、おまかせと言う事になる。

この話を聞いて、私は、一つ問題があると思いました。
施術側や、患者側の霊的レベルや精神レベルが、
低いものであったなら、低い領域の霊と、
繋がってしまうのではないか?と思いました。

恐らく、そのような問題も、あったのではないか?と思います。

だけど、患者側の精神レベル等が低くても、
施術側の霊的レベル等が高ければ、
患者側の霊的レベル等によって、
治療具合が制約されると言う事でもあったそうです。

ハリー・エドワーズさんの話だと、
どれほど、優れた心霊治療家であっても、
患者の受け取るレベルが、そこに達していなければ、
それ以上の治療は、出来ないとの事であったそうです。

不思議研究所の森田健さんが、フィリピンに行かれた際に、
心霊治療を受けられた事を本に書かれていたと思います。
私も、随分前に、読んだので記憶が曖昧ですが、
フィリンピンの他にも、ブラジルの、
ドクターフリッツの病院にも行かれたそうです。
この、ドクターフリッツと言うのも、元々は、ドイツ人の、
心霊治療で有名な人の名前だそうです。

そして、患者を選ぶ。これは、先程の、
患者側の霊的レベルを見ているのだと思います。

このような世界は、確かにあると思います。
しかし、わざわざ、海外に行かなくても、
日本にもあって欲しいと思います。
法律的な問題で無理なのかもしれませんが。。。

そして、霊的レベルや精神レベルと言うのが、
やはり、ネックになってくるかなぁと思います。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと, スピリチュアル, 霊障

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.