世の中の事など 思考の治療

不祥事について思う事 

投稿日:

人は、人生で、
いい事ばかりを
見るわけではない。
色んな嫌な部分を見る事もあります。

ニュースなどを見ると、
政治家や警察や先生などが、
不祥事を起こしている事もある。

たいして能力や
実力もないうちに、
先生、先生と呼ばれていると、
自分が偉いと
勘違いしてしまう事もあると思う。

個人的には、警察などは、
縦社会なので、罪の擦り付けのような事が、
行われていないか心配でもあります。

威厳を放たないと行けない職業の人達もいて、
それが、職業病となっている事もあると思う。
だけど、プライベートでは、その仮面を脱がないといけない。

不祥事と言うは、基本的には、人が起こすわけで、
ニュースは、結果だけを伝えますが、
もっと、深い因果関係の部分は、分からない。

ニュースになる何十年も前から、
その人は、人格が、おかしかったかもしれない。
人を批判したり罵倒したり、悪口を言い続けていた人かもしれない。
ずーっと昔から、バレてないだけで、
問題行動が多かったのかもしれない。

たとえば、傷害事件などでも、
相手が、人格異常者などであったケースもある。
でも、ニュースで取り上げられた場合には、
加害者として、出ているわけです。

確かに、加害者であるのですが、
本来であれば、その人は、被害者であったりして、
逆上して手を出してしまったなどの事情があったりする事もあります。

ニュースは、結果だけを伝えるので、
ニュースだけでは、伝えられていない部分も多い。

また、ニュースと言うのは、ネガティブな要素が多い。
別に見たらダメと言うわけではないですが、
見ないようにしている人も増えています。

私は、まだ、一般的な生活をしているので、
朝のニュースは、見ています。
女子アナは、明るいキャラやイメージで、
ネガティブなニュースとのバランスを取っているのかもしれません。

だけど、ニュースと言うのは、事件、事故。不祥事。詐欺。
そのような類のモノを垂れ流している事が多い。

勿論、楽しく笑えるニュースもあったりするのですが、
ネガティブ要素が圧倒的に多いのがニュースであります。
だから、ニュースは、一日一回、30分までとか、
見る時間などを決めておいた方がいいかもしれません。

と言うのは、ニュースって、結構、朝、昼、晩とやっているので、
人によっては、ずーっとニュースばかり見ていたりしています。
それが仕事ならともかく、自分の仕事と無関係であるのなら、
ネガティブ情報を一日に何度も見たり聞いたりしない事。
それが、自分の人生を創る一部となります。

テレビのニュース以外にも、新聞や週刊誌などの情報もあるので、
色んな所で、ネガティブを見たり聞いたりするように仕組まれています。

別に、それが世の中なのだから、いいのですが、
知らず知らずのうちに、自分がネガティブ要素を取り入れている事には、
気づいた方がいいと思います。

だけど、ニュースを伝える役目である人達は、何も悪くない。
あの人達は、仕事でやっているのです。

だけど、人々の波動を下げる役目としてニュースは、
機能している部分があります。

一番やるべきことは、不祥事をなくす事は、勿論そうですが、
いわゆる、異常と思える人格の人を、なんとかするべきだと思う。

今は、世の中の闇が表に出ている。
それ事態は、いい流れだと思いますが、
異常な人格の人達が、世の中に放置されすぎだと思います。

問題が起きてからでは、既に手遅れになっていたりする事も多い。
だから、問題が起きる前に改善するのであれば、
性格や人格、思考などが、異常すぎる人を、
早期発見して、早期治療する事であると思います。

そして、スピリチュアル的な話では、
人格形成は、15歳ぐらいまでに作られる部分が大きいらしい。
幼少期の体験などが思考の根深い所にあったりする。

刑務所などでも、この辺の問題に着目していないから、
再犯する人が多いのだと思います。

しかし、親が悪いとか環境が悪いとか、
人や環境のせいにするのも違うと思います。
それは、そうなる運命だったのだから、
それは、仕方がない。

だけど、15歳までに作られた人格。
そこに大きな問題がないかを健康診断のように、
調べる機会を設けた方がいいのかもしれない。

健康診断もあれば、成人式などの行事もある。
車の免許の更新だってある。
どこかに付随して、このような検査を実施すれば、
問題のある人を早期発見でき、早期治療できるようになると思います。

これを実現する事は、難しいと思いますが、
実現出来たら、世の中にいる人格異常者の数も、
ずっと減ると思いますし、犯罪も減ると思います。

結核などの病気は、感染病なので、国の負担で治療が出来たりしますが、
人格問題も、もっと本腰を上げて、取り組んだ方がいい事であると思う。
だけども、精神病院に入院させるとか、そんな方法ではなくて、
退行催眠などで、幼少期のトラウマを取り除くなどの方法が望ましいと私は、思う。
可能であるならば、国家の義務として行った方がいい事でもあると思います。

あいつが悪いとか、あんな事をする人の神経が信じられないとか、ありますが、
確かに、それは、そうなのでしょうけど、もっと根本的な部分の治療を
早期に発見して、早期に治療する事が、平和や安全の為であるような気がします。

スポンサーリンク



-世の中の事など, 思考の治療

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.