ビジネス マインド

金持ちマインドと貧乏マインド

更新日:

金持ちと言いましても、
親の遺産で道楽三昧と言う人は、
取り敢えず、置いておきましょう。

今回は、ビジネスで成功した金持ちについて。

金持ちは、金儲けが簡単だと思い、
貧乏人は、金儲けが難しいと思っている。

金持ちは、金儲けは、楽だと思い、
貧乏人は、金儲けは、苦しく大変なものであると思っている。

まず、ここからして、思考の違いがある。
思考の違いがあるから、結果も違う。
思考が、そのまま、現実としての結果となっている。

金持ちは、思考が柔軟であるのに対し、
貧乏人は、思考が固い人が多い。

貧乏人の方が思考を複雑にして、
難しく考えてしまう癖があるようだ。

金持ちの方がシンプルに物事を考える。
余計な事を考えて複雑にしない。

貧乏人ほど、家の中が散らかっていて、
金持ちほど、家の中がスッキリしている。

恐らく、頭の中も、金持ちほど、スッキリし、
貧乏人ほど、ゴチャゴチャしているように思う。

金持ちは、やるべき事を明確にし、それに労力を使う。
貧乏人は、あれこれやってと、無駄な時間と労力を使う。

金持ちと貧乏人の差は、決定的な差は、
やっぱり、マインドの差であると思います。

私も、年収1000万円クラスの人なら、
話をする機会も多いのですが、
喋っていても、なんだか子供っぽい人も多いです。
楽観的で、ビジネスを難しくなんて考えていません。

技術があったり、能力が高いとか、
俯瞰する力が優れているとかは、ありますが、
本人は、ビジネスを簡単なものとして捉えています。

もっと、本格的なお金持ちの人だと、
また、違うのでしょうけど、
それでも、恐らく、金持ちほど、ビジネスを
難しく考えていないように思います。

金持ちにも、いい人は、多い。
貧乏人にも、いい人は、多い。

しかし、貧乏な、いい人は、お金じゃないと言う。
勿論、お金がすべてではないでしょうけど、
そのような言葉を口に出す機会が多いという事は、
そのようなマインドであるからだと思います。

世の中は、一部の金持ちと、多くの貧乏人で成り立っている。
その差は、思考の差。だから、多くの人は、お金に対する、
マインドが間違っていたり、お金が欲しいと言う事を
本心からは、望んでいないのかもしれない。

世の中には、悪いことをして金を稼いでいる人達もいて、
金持ちは、悪い奴だと言う先入観を持っている人もいますが、
素晴らしい金持ちも、いっぱいいると思います。

そして、いい人が、お金をたくさん稼いでいる方が、
さらに、いい事に、お金を使えるとも思います。

信じた事が現実化する。
意識が現実化する。

だから、自分が金持ちになれると、
信じる事が、一番最初のマインド形成であるような気がします。

親が金持ちだった人は、
子供も金持ちになりやすい。
何故なら、親が当たり前のように
稼いでいた金額を自分も、
当たり前のように稼げると、
信じられる事が多いから。

貧乏な家庭に生まれた人は、
お金を稼ぐ事が難しく大変だと教え込まれてきたパターンが多い。
そして、自分自身も、それを信じてしまったが為に、貧乏であったりする。

だから、今、ここで、金持ちになるのは、簡単。
お金を稼ぐ事は、簡単。
悪いことをしなくても、お金は、稼げる。
これを本気で信じ込む事が出来たら、
現実的に、何かが動き出すかもしれません。

スポンサーリンク



-ビジネス, マインド

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.