どうでもいいこと

軽量級のボクサーは、腕力がない人が多い?

更新日:

ボクシングは、細かく階級が分けられています。
軽量級のボクサーは、握力なども、
少ない人が多いと言う話もあります。

元、世界王者の畑山隆則さんも、
雑誌のインタビューで、こう発言されていました。
ボクサーは、喧嘩だったら弱いと思う。
ボクシングは、体重と言うハンディがありますから。
腕力が、ない奴、本当に多いですよ。
華奢じゃないですか、みんな。掴まれたら、ぶん殴られますよ。

元世界王者の渡辺二郎さんも、
ボクサーの中で一番、強いと言ったら、
やっぱりヘビー級だと言っていました。

亀田家の人なんかは、軽量級ですが、
筋肉量が多く見えますので、
同じ階級のボクサーよりは、腕力もあったように思います。

そして、軽量級のボクサーと言うのは、
体型的な素質と言うのも必要だと思います。

何故なら、背が低くて体重が重いと、
身長差と言うハンディも負う事になる。
私の知り合いでも、プロボクサーの
ラインセンスを取る試験で、相手をKOしたのに、
落ちた人がいました。その人は、背が低く、
筋肉質で体重が、それなりに重かったので、
それが原因だったのではないか?と言っていました。

だけど、筋肉量を減らして減量をすると、
それは、それで、厳しすぎる。

ある一定の範囲内なら可能でしょうけど、
減量をして、リングに立ってフラフラしてる
ような状態では、意味がない。

軽量級のボクサーは、細身で、
減量をしても体力を維持できる人でないと無理。
だから、体型的なモノを含めた素質があるように思います。

だけども、体重が軽いから、腕力がないと言うのも、また違う。
痩せてたって、力がある奴は、たくさんいる。
ボクサーで、いい所まで行く人は、やっぱり、
痩せていても、気力、体力、腕力も、揃っていると思う。

やはり、それなりの所まで行った人は、
一般人とは、比べ物にならない力があるでしょう。
だけど、少し、かじった程度での人であれば、
何の経験がなくても、その人より強い、
一般人は、ゴロゴロいるでしょう。

格闘技などの経験者であれば、
畑山さんが言っていたように、
ボクサーより強い、空手やら柔道の人は、
たくさんいるのかもしれません。

畑山さんも、最初、握力が50ぐらいしかなかったそうですが、
3・5キロぐらいのハンマーを振り回して握力と背筋を鍛えたと
何かの番組で語っていました。結果的に、畑山さんは、
全盛期の頃は、握力が70ぐらいになっていたそうです。

そしてまた、ボクシングの試合など、
大抵、みんな減量してくると思いますが、
減量、減量で、本来の力を出し切れているのか?
と言う疑問があります。勿論、プロだから、
その辺も、しっかり管理しているのでしょうけど、
減量しないボクシングがあっても、見物かなぁと
素人目線では、思います。

減量せずに、同じ階級で分ける。
でも、なんか、色々、
ゴチャゴチャになりそうで無理かなぁ。

だから、結論から言って、
多くの軽量級ボクサーは、やはり、
腕力がないと言う事になりそうです。

喧嘩自慢の方がボクサーに勝ったと言っていたりしますが、
軽量級のボクサーで4回戦未満であれば、
素人でも勝つチャンスは、結構あると言う事です。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.