思考の治療

言葉に感情を乗せて走らせる。

投稿日:

祝詞など、同じ言葉を唱えても、
その人の持つ、意識状態、人格、
感情によって、言葉の響きが違うらしい。

また、同じ人であっても、
意識状態や、感情の状態が違えば、
言葉の響きは、多少なりとも変わっているでしょう。

私自身の経験から言いましても、
ありがとうの言霊を唱えている時、
イライラした状態でやっていた時は、
現実面にも、何の変哲も見られなかった。

だけど、楽しんで、心地良い状態で、
唱えている時は、いい夢を見たり、
不思議な出会いがあったり、
不思議な再会があったり、
あれっと思うような、いい事が、
立て続けに起きたりもしました。

だから、言葉と感情は、
何らかの形で連動しているのだと思います。

例えば、怒鳴って、怒っている時に、
感謝していますとは、間違っても言わない。
怒り言葉は、怒り言葉で存在しています。
そして、怒り言葉を放っている時に、
優しい感情である事は、まず、ないと思います。

引き寄せの法則でも、いい気分が重要だと
よく、言われていますが、その感情と言うのは、
現実を創り上げる為に、非常に大切な要素である。

言葉だけでなく、感情を大切にして、
良い言葉と、良い感情を発信していると、
それを自分が受け取る事になる。

意識が現実化すると言います。
言葉も現実化すると言います。
思考も現実化すると言います。
感情も現実化すると言います。

私達は、何かが起きた結果として、
その感情が発生するような事を
体験すると思っていますが、
日々、自分が積み重ねた感情の結果として、
そのような出来事を経験するようになっている。

仏教の言葉に、阿頼耶識(あらやしき)と言うものがあります。
阿頼耶識とは、一言で言えば、自分が今日まで溜め込んできた、
業の集積であるらしい。心のダムのような所で、
ココに、感情や思考など、自分の今日までに至るまでの、
諸々の事が、詰まっているらしい。
過去世から、持ち越したモノも、入っているらしい。

潜在意識には、この、阿頼耶識(あらやしき)と、
末那識(まなしき)と呼ばれるモノがあるらしい。

そして、末那識(まなしき)とは、
自分が今日までに体験した、
すべての事柄を記憶しておく場所であるらしい。
私の記録の巻物のようなものでしょうか?
DVDのような記憶媒体をイメージした方が分かりやすいかもしれません。
私の今日までの人生にのDVD。それが、末那識。

だから、川田薫さんのクリーニングや、
ヒューレン博士のホ・オポノポノなども、
それなりに効果があったりするのでしょう。

現実を創り変える為には、
この、阿頼耶識(あらやしき)と、
末那識(まなしき)を浄化した方がいいようです。

私達は、色んな思考や感情を貯蔵している。
それが、観念と呼ばれたりもしているようです。

言葉の上乗せも大事かもしれませんが、
掃除も大事ですし、感情の蓄積がるので、
プラス感情の上乗せをしていかないと、
中々、現実面に、良い感じに表れては、
こないのかもしれません。

無意識は、現実化する

思考は、現実化すると言いますが、
厳密に言えば、無意識は、現実化すると
言う事であるらしい。だから、
思考が現実化すると言われても、
いまいちピンとこなかったりもします。

思考は、無意識化の記憶が再生される事。
無意識の再生が、自分の現実。

無意識にある思考が、現実と言う名の
映画として毎日上映されている。
無意識の映画は、私の現実。

過去の記憶の再生として、
今の現実が上映されている。

過去の記憶と感情を元に、
現在の現実が創られている。

だから、ネガティブ要素を、
徹底的に自分自身で、
大掃除する事も必要なのかもしれない。

その大掃除に使えるのが、
やっぱり、言葉と言う事になります。

やたら怒りや妬みの感情が湧いてくるのなら、
恐らく、過去の記憶の浄化ができていないのでしょう。

言霊による大掃除。
私のネガティブな記憶を、
祓い給い清め給え。

浄化の後は、いい気分や、
清々しい感情を持ちやすくなるように思います。

だけど、一度やって終わりでなく、
家の掃除と同じように定期的に、
掃除する必要はあると思います。

現実は、自分の内面の反映。
現実は、私の心を映し出してる湖のようなもの。
私の心や思考が醜ければ、現実に現れるものも、
そのような歪んだものになるでしょう。

余分な感情を吐き出して、
思考と感情を良いものにして、
時々、掃除をする。

無意識が現実化する。
だから、良い言葉に良い感情を乗せて、
無意識の貯蔵タンクに、幸せの花を咲かせよう。
無意識の貯蔵タンクが、幸せいっぱいであれば、
目に見える現実世界も、幸せいっぱいであります。

スポンサーリンク



-思考の治療

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.