どうでもいいこと

エネルギーの法則

更新日:

私の内面の反映が外面に現れる。
外面とは、現実の事であります。

思考も、勿論そうですが、
感情と言うのは、結構、
重要なキーワードであるらしいです。

思考は、現実化すると言うのは、有名な話ですが、
感情も、現実化します
むしろ、感情の方が現実を創るエネルギーが大きい。
だから短気は、損気と言うのは、
波動的な事も、伝えていたのかもしれません。

思考より、感情のエネルギーの方が、現実に与えるパワーが大きい。
感情は、天に導くエネルギーにもなり、
破滅とか、破壊のエネルギーもなる。

感情は、現実を創る為の、ガソリンのようなもの。
感情を集めて、勘定したモノが、現実となる。
自分の感情が、自分の現実を創っている。

内面の反映が外面に現れている。
だから、内面のエネルギーを高めれば、
自分を取り囲んでいる現実が、すべて変わっていく。

外面がよろしくないものであるのなら、
内面がまだまだ、よろしくないのかもしれない。
あるいは、自分の波動が変わった為に、
周囲とのズレが生じている事もあるかもしれない。

おかしなモノは、遮断したり、手放したり、
離れたり、逃げたりで、自分の気分が、
悪くなり続ける人や場所からは、
逃げ出すことも、時には、必要であると思います。

安易に逃げすぎても、
逃げ癖がついてしまうと思うので、
本当に耐えられないかは、
自問自答する必要は、あると思いますが、
自分自身が、どうしても、
合わない人や場所からは、バイバイバイバイ。

そして邪魔が入らない状況で、
新たな現実を創り出せばいい。

私の、意識、意思、思考、感情が、
素粒子に影響を与え、私の現実を創っている。

私のエネルギーが、低いものなら、
そのような現実を体験する事になるし、
エネルギーが高いものであれば、
高い現実を体験する事になる。

天国も地獄も、この世にある。
自らのエネルギーの高低によって、
それに見合った世界が展開する。

自分が天国状態のつもりでも、
地獄のような人が寄って来るのなら、
下げられているのかもしれないし、
自分自身が一緒に地獄にいるのかもしれない。

だから、今の環境や状況で、
どうあがていても、エネルギーを
高めようがないのなら、一旦、離れて、
創り直せばいいと思います。

エネルギーが下がり続けると、
鬱病などの症状が発生したりする事もあるようです。

だから、今、鬱病の人が多いですが、
エネルギーが下がる前に、離れなかったり、
逃げなかったりした結果でもあると思うのです。

それでも、そこから、エネルギーを上げていけば、
鬱病も治ったりしていくのですが、同じ環境や状況に
身を置き続けているのであれば、治療も難しいと思う。

そこから、さらにエネルギーが下がると、
その低い状態に見合った、人や出来事が寄って来る。
人間関係や金銭面などのトラブルが起きたりする。
これが、立て続けに起きるようであれば、
間違いなく、自分のエネルギーが下がっている状態。

だから、エネルギーを高める事に、
意識を向けた方がいいです。

エネルギーの高め方は、
自分の機嫌を良くする事。楽しむ事。喜ぶ事。
感謝する事。笑う事。だけど、それも、
難しいのであれば、やっぱり、エネルギーダウンしている
証拠であると思うので、散歩でも旅行でもして、
エネルギーチャージしてくる事ですね。

でも、エネルギーが非常に下がっている時は、
旅先でも変な人に出会ったり、騙されたりなんて事にも、
遭遇しやすいかもしれないので、
最初は、自分一人で、楽しめる事を見つけた方が、
いいかもしれないですね。

言葉だけでも、いいんです。
こちらの記事を参考にしてください。
小林正観さんの話

そして、エネルギーが高まると、
人間関係やお金の問題が、嘘のように、
たちまち解決していったりします。

現実的な問題を解決するのは、
私のエネルギーを高める事が、
一番の問題解になったりします。

エネルギーも、すべてひっくるめれば、波動。
だから、結局、やる事は、ただ一つ。
自分の波動を上げていく事です。

登山や階段を登るように、私達は、意識や波動の階段も登っています。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.