神霊スポット

岐阜公園の近くの山の上に見える白い塔

更新日:

神霊スポットになるかどうか、
分かりませんが、私が、
気になった場所を紹介したいと思います。
(心霊スポットではなく、
神が宿っているかもしれない場所として、
神霊スポットとさせて頂いております。)

岐阜県岐阜市の金華山付近にある、
山の上の方にある白い塔。
でも、なぜか、目立っているような気もする。
あれは、一体、なんだろうか?

ホワイトスラムと呼ばれたり、
仏舎利塔や平和の塔とも、
呼ばれたりしているようです。

現在は、立ち入り禁止区域ではありますが、
動画やら、ブログやらでは、
心霊スポットや、B級スポットとして、
紹介されたりしています。
しかも、一時は、県外から、
潜入に来る人も多かったそうです。

一応、あの、白い塔の中には、
金色に輝く仏像があるようで、
写真で見る限りは、全然、劣化をしていない。
だから、何か不思議な導きと言いますか、
不思議な力を持っていると言いますか、
今でも、あの周辺に、何か、
パワーを与えてくれているのかもしれません。

あの近辺の人が無事に暮らせるのも、
あの金色の仏さまのお力かもしれない。

何故、立入禁止になったのかは、知りませんが、
それにも、何か不思議な意味があるのかもしれない。

謎が多すぎて、不思議と言う言葉で片づけてしまっていますが、
一説では、その昔、宴会場や、パチンコ店、
色んなモニュメントが置いてある、ちょっとした、
遊園地のような場所でもあったらしい。

宴会場の面影は、潜入された方のブログや動画などで、
拝見できますが、壁に見事な龍の絵が描いてありました。
経営者の方が、自ら筆を取って描いたものであるらしい。

経営難になって、閉鎖になったのかは、分かりませんが、
とある宗教団体に売却された説があります。
噂によると、白光真宏会と言う団体に売却したとの話があるようです。

だから、あの、金色の仏像は、
宗教団体のものであったのかもしれません。

しかし、私の推測ですが、宴会場の壁に、
自分で龍の絵を描くような人だから、
売却する前から、金色の仏像も、あったような気はします。

あの施設を経営されていた方は、
こんな方であったそうです。

柴田光治郎 しばた-みつじろう
1899-1983 昭和時代の実業家。
明治32年6月2日生まれ。
昭和9年柴田興行社をつくり,
岐阜県下で劇場,映画館を経営。

昭和22年柴田観光興業を創立。
昭和24年県会議員。
昭和58年6月1日死去。
83歳。岐阜県出身。

あそこも、ちゃんと、また設備すれば、
岐阜公園のような観光地になる気がするんですけどね。
柴田光治郎さんが、亡くなった後の情報は、
ほとんど出て来ません。なので、誰の所有地なのかも、
分からないですし、誰も所有していないのであれば、
何故、仏像があのままの状態で、残っているのだろうか?
宴会場なども、解体は、されていないようですし、
パチンコ屋は、跡形もなく、なくなっているようですが、
今も、色んな意味で謎めいてる場所であります。

私も、あの近辺に住んでいる人や、
高齢の方など、結構、色々な人に、
聞いてみましたが、
白い塔がある事は、知っている。
だけど、それ以上の事は、
何も知らないと言う回答しか得られませんでした。

一部の情報では、岐阜県の、山の上にある、仏舎利塔に似たものが、
静岡県の熱海にもあるそうです。
だから、見に行くなら、こちらの方がお薦めかもしれません。

スポンサーリンク



-神霊スポット

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.