どうでもいいこと

観念とは、なんだろうか?

投稿日:

スピリチュアルな話や、
仏教的な話では、
よく聞く言葉だと思いますが、
「観念」と言う言葉あります。

この、「観念」とは、何でしょうか?

私の個人的な捉え方では、
固定観念が、凝り固まった思想で、
観念は、思想とか、物事についての
捉え方であると思っています。

元々、観念は、柔らかい思考だけど、
思考が固まっていくと、
固定観念になると思う。

そして、観念は、記憶媒体である、
カセットテープやDVDなどのようなものだと思う。

CDにしてもDVDにしても、
再生すれば、同じ内容のモノが再生される。
観念も、同じモノが再生させるから、
中々、現実が変わらないのだと思います。

この観念と言う記憶媒体は、
思考と感情で成り立っている。

だから、観念を書き換えるには、
大ハンマーで叩き壊すぐらいの事をしないと
中々、変わらないのかもしれない。

だから、10年、20年と、
同じ行動パターンや生活パターンを
繰り返していたりする。

引き寄せの法則や、
ビジネスで成功する法則、
マーフィーの法則などありますが、
人それぞれ、性格も違えば、環境も違う。
それぞれの生い立ちも違う。

だから、上辺だけの法則を
真似してみても、中々、上手くいかなかったりする。

マインド変更をしてみたつもりで、
変更できなていなかったりする。

だから、法則は、法則であるのでしょうけど、
人の数だけ、自分に合ったものが違うと思う。
人の数だけ、観念が違う。
だから、まず、自分の観念に気づく事が必要だと思います。

観念とは、色んな物事に対する、
捉え方や考え方であるらしい。
自分の感覚なども、そうらしい。

親が金持ちだと、その子供は、
その親を好きであれば、
簡単にマインドコピーできて、
親から離れても、親を亡くした後も、
遺産とか関係なく、
金持ちでいると言うパターンが多いそうです。

だから、自分が好きでたまらない人、
自分が惚れた人に、ついて行くことも大事だと思う。

そして、観念は、
玉ねぎの皮のように、たくさんある。

だから、根底にあるものに気づかないと、
思考が現実化すると言う実感を、
中々、掴めないように思う。

だから大ハンマーで、過去の観念を
壊すのが手っとリ早いと思う。
だけど、この荒療法は、
成功すれば、現実が良い方向へ、
大きく変わりますが、失敗すれば、
現状よりも、ズルズル悪い方へ行ってしまうと言う
危険性も、はらんでいます。

だから、玉ねぎの皮を剥くように、
地道な作業を続けた方がいいのかもしれない。

そして、自分の精神力が高まってきたなぁと、
宇宙に見込まれた時に、大ハンマーで、
過去の観念を叩き壊すと言ったような事が起きる。
大抵の場合、それは、今までの人生で、
経験したことのないような、嫌な出来事として起きる。
その時に、自分の精神力が試されている。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.