どうでもいいこと

私の思考や感情の集計が現実化している

投稿日:

思考が現実化するとか、
信じた事が現実化していると言われても、
イマイチ、ピンと来なかったりします。

だけど、エクセルでデータを取るように、
私の意識や思考や感情を集計したら、
そのようになっていると思います。

集計結果がネガティブな思考と、
ネガティブな感情の総量が多ければ、
グラフにした時に目立つのは、ネガティブなモノ。

円グラフにしようが、棒グラフにしようが、
その割合の多いモノが、現実にも、
よく現れて、目立って見える。

頭の中の集計を取って、
一番、目立つモノが、現実化している。
折れ線グラフで断トツに伸びている事が、
現実的にも、よく現れているように見える。

だから、不満が多い人は、
不満に思う現実が、ますます現れる。

感謝が多い人は、
感謝できる現実が、ますます現れる。

思考と感情で現実を創っている。
だけど、感謝しようにも、色んな事があるので、
中々、感謝できなかったりもする。
過去のどうしようもない事に意識が向いたりもする。

だけど、集計結果を変えなければ、現実が変わらない。
だから、今、エクセルのデータ、頭の中のデータを変える。
ネガティブ感情を減らして、ポジティブ感情を多くする。
ネガティブ思考を減らして、ポジティブ思考を多くする。
そのデータ変更が、現実変更になると思います。

いきなり大きくは、変わらないでしょうから、
少しずつ変えていく。マイナス10だったのを8に減らし、
プラス2だったのを5に変えるように、徐々に変えていく。
そして、プラスマイナスが逆転した頃には、
現実的な事も、逆転していると思います。

思った事、考えた事、感じた事、
その総量が、現実的に目立って見える。

また、怒りなどの感情も蓄積されて、その感情が、
暴発するような出来事が起きたりします。
感情や思考を隠しすぎない。
蓋をして隠していると、分からなくなる。
だから、怒りを溜め込みすぎるのもよくない。
感情の総量も、グラフ化されて、
一番多く、目立つ所を現実に見せてくれる。

そして、引き寄せの法則などでも、
よく言われている事ですが、
「いい気分」でいると言うこと。
いい気分が、どこでもドアのようなモノで、
いい気分でいると、いい気分の未来ドアが開く。

いい気分の連続なら、未来も、いい気分。
だけど、とても、そんな気分になれないなら、
そうなれない感情を吐き出す事も必要だと思います。

だけど、最終的な気分を創っているのは、
他人でもなければ、環境でもない。
自分自身が、その気分を選び発信している。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.