どうでもいいこと

お笑い芸人・ゴルゴ松本さん

投稿日:

お笑い芸人、TIMのゴルゴ松本さんも、
結構、スピリチュアルな人であると思います。

相方のレッド吉田さんは、どうか分かりませんが、
ゴルゴ松本さんは、色んなスピリチュアルな情報にも、
精通されている方だと思います。

少年院などで行っている、
命の授業も大好評で、本も出版されました。

この、命の授業の元となったのは、
後輩芸人を対象として行っていた、ゴルゴ塾。

ゴルゴ塾とは、何か?

売れてなくて落ち込んでいる若手芸人。
人を笑わせるのが仕事なのに、落ち込んでいたらいけない。
だから、後輩を笑わせ、一緒に楽しむのも、
仕事のうちであったと言うのが、
ゴルゴさんの考え方だったそうです。

そんな感じだったので、その後、
講演依頼のような形のモノが来て、
命の授業となっていたそうです。

そして、ゴルゴさんは、命の授業をやる為に、
TIMの活動を6年間休止したそうです。
だから、ゴルゴさん自身も命懸けの授業であったのだと思います。

命の授業

金スマなどでも紹介された、
ゴルゴさんがやっている命の授業。

漢字を使いながら、
漢字の由来なども伝えながら、
人の心を動かす。

動画を拝見しても、
何か熱いモノが伝わってきます。

そして、ゴルゴさんが、
漢字を使って、伝えようとした、
最初のきっかけとなった言葉が、
「有難う」と言う言葉であったそうです。

苦難、困難、災難などがない事を、
無い難なので、無難。

それを逆にして、有る難にすると、
有難し、有難う、有難い、などになるらしい。

そして、少年院で、命の授業をやる中で、
ゴルゴさんが思ったのは、非行に走る少年の
多くの問題は、家庭環境だと思ったそうです。

少年院の子供と言うのは、いい話だけでもダメ。
楽しさもないとダメであるらしい。
ゴルゴさんは、その両方を兼ね備えていると、
少年院の支援者の方は、言っていたそうです。

言葉が大事と言う事を伝える。
だけど、その言葉の出所は、心である。

相方のレッドさんは?

素晴らしい活動だと思いますが、
相方のレッド吉田さんは、どうされているのでしょうか?

ゴルゴさんの話だと、今の所、TIMの活動と
命の授業の割合は、命の授業の割合が、99%で、
TIMの活動が1%ぐらいであるらしいので、
今後、増やしていく気持ちでは、あるそうです。

レッドさんは、いつだかに、五人目の子供が生まれたと、
ご自身のブログに書かれていた事がありました。
なので、子育てなど大変なのでしょう。

そして、不動産投資なども行っているそうです。
株ではなくて、自分で土地を買いアパートを建て、
運営しているらしいです。最初こそ失敗したものの、
今は、軌道に乗って上手く行っているそうです。
どれほど、儲けているかは、分かりませんが、
これだけでも、十分な収入を得ているのでしょう。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.