世の中の事など 芸能情報

R1グランプリ2018 盲目の濱田祐太郎(はまだ ゆうたろう)さん優勝

更新日:

R1グランプリ 濱田祐太郎さん優勝
おめでとうございます。

私、何も知らずに見ていました。
目の見えない人の演技をしているのか?
本当に見えないのか?それが分からずに見ていました。

後から、本当に見えない人だと分かり、
それなら、本当に優勝して、よかったと思いました。

彼の優勝は、一般人だけでなく、多くの障がい者の方にも、
勇気を与えられる出来事であったと思います。

でも、彼は、本当の全盲の人だから、よかったものの、
あれを見えている人が、ネタでやっていたとしたら、
よく思わない人達もいると思うので、
本当に見えない人しか、出来ないネタであったと思います。

そして、彼の漫談で、目の見えない方が、
普段、どんな悩みを抱え、どんな事を思っているかを
垣間見たような気がします。

だけど、投票者の方は、
彼に同情とか、障がい者だからと言った理由ではなく、
みんな、彼の話に、引き付けられ、引き込まれ、
本当に楽しかったから、投票されたと思います。

私達の、ほとんどの人は、目が見える事が当たり前。
そんな、日常の中で過ごしています。

テレビが見れるのが当たり前。
新聞を読めるのが当たり前。
風景が見えるのが当たり前。
距離感が分かるのが当たり前。

それがどれほど幸せで便利な事かを再確認させられます。

普段の日常の中でも、中々、目の見えない人達と、
接する機会も、そのような職業とか、
家族にいるとかでなければ、あまりないような気がします。

だから、何気なく言った一言で、
傷ついているような事もあると思うし、
彼らの細かい気持ちなどには、中々、気づかない事もあると思う。

彼等は、目が見えない事が当たり前の中で過ごしてる。
それが、どれほど、大変で、凄い事か。

そして、彼が優勝した事、人気が出た事で、
視聴者の方は、全盲の方を意識するようになると思う。
もっと、そのような方に優しくしないと言った気持ちが
芽生えたりすると思いました。

彼が、番組の中で、先生に心の目で見ろと
言われたと言うネタがありましたが、
彼は、心の目で、お客さんや周りの人達が、
ちゃんと見えている人だと感じました。

そして、このブログらしく、
スピリチュアルな話もすれば、
このような障害を持って生まれて来た方は、
やっぱり、魂のレベルが高いと思います。
と同時に、彼は、見えない人が見えている何かを、
伝える役目の人でもあるのでしょうね。

スポンサーリンク



-世の中の事など, 芸能情報

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.