ビジネス

調和の経営と、不調和の経営

更新日:

調和の経営と不調和の経営は、
伸びる経営と、伸びない経営と言えるかもしれません。

調和の経営とは、
経営者が従業員を大好きで愛している。
従業員も経営者が大好きで愛している。
従業員同士など、みんながお互いを認め、
好きだと言う感情が、調和の会社であり、
調和している経営であると思います。

一方で、不調和の経営とは、
経営者が従業員を嫌いだと問題外だと思いますが、
嫌いではなくても、それほど、好きではない。
従業員同士でも、上司と部下の間でも、
不満に思う事が多い。罵詈雑言、怒鳴り声が多い。

荒々しい言葉は、荒々しい波動が出ているので、
決して、調和している経営とは、言えないと思います。

人も商品も、言葉や、
周りの人が出している
波動の影響を受け取っています。

それが、よろしくない波動であれば、
負の波動が連鎖したりして、会社の業績も、
会社の人間関係も、よくならなくて当たり前。

そこで良くなるようにする事も、
必要であるかもしれませんが、
離れると言う選択肢も一応、あります。

今は、地球が調和の星になっているのに、
不調和の波動を出すようなことをしていれば、
どんどん、おかしくなって、商売も体も、
壊れていくような事になりやすいと思います。

バシャールと言う存在がいます。
バシャールも、スピリチュアルな世界では、超有名ですが、
バシャールとは、何かと言えば、バシャールは、肉体を持たない宇宙人です。

アメリカ人の、ダリル・アンカさんと言う方が、
チャネリングで通訳されています。

格闘家の須藤元気さんも、
バシャールとの対談本を出された事があります。

バシャールの調和にていての話を
紹介したいと思います。

バシャールの話によると、2020年からは、
調和の時代に、入るそうです。
今までにも、予兆はありましたが、
地球の二極化と言うモノが、より、
ハッキリしてくるそうです。

今までは、個人より、総合意識体の方が、
力を持っていましたが、これからは、個人の時代。
個人の持つ力が、これまでの総合意識と同じぐらいの
力を持つようになるそうです。

ビジネス的な視点で見ても、今は、
個人商売を始める方が多くなったと思います。

2012年は、アセンションとか言われていましたが、
その頃を境に、集団とか、そのようなモノの、
制限が外されてきたそうです。そして、以前の
制限のある地球の方が試練で、今は、自由で調和
している地球になっているそうです。

しかし、自分自身が、
その波動領域に合わせないと、
そのような地球を体験する事は、出来ない。

これからの時代は、調和度の高い人や会社が残り、
調和度の低い人や会社は、そこで苦しむか、
その中から、調和度を高めていく会社や人が、
増えていくのかもしれません。

スポンサーリンク



-ビジネス

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.