思考の治療

現実は、脳波で決まる!

更新日:

私が勝手に、そう思い込んでいる事で、
事実関係とかを確認したわけでは、ありません。

だから、この記事は、私の妄想日記になります。

現実は、波動とか、思考とか、いろいろ言われてはいますが、
脳波が、かなり重要であると思います。
アルファ波やシータ波。あるいは、デルタ波。
このような領域の脳波であれば、不思議な現象が多くなる。

だから、脳波が現実を
創り出していると思います。

脳波がベータ波領域であれば、
ドラゴンボールのベジータのように、
イライラ荒っぽい性格になり、
それに見合う事を多く体験する事になると思います。

小林正観と言う方がいます。

もう、亡くなられていますが、脳波が通常の人と違ったらしい。

正観さんは、本来は、非常に短気で、
怒りっぽい人であったらしい。

それは、波動測定でも、
そのような事実が分かったそうです。

でも、脳波を測定すると、
ベータ波がマイナス8であったそうです。

これって、あり得ない脳波です。
私達の、ほとんどの人は、
ベーター波が、いっぱいで生活していたりします。

正観さんは、さらに、アルファ波が20で、
シータ波が125と言う数値が出たそうです。

この、波動測定器には、デルタ波は、
組み込まれていなかったそうですが、
恐らく、デルタ波も出ていたと私は、思います。

さらに調べると、本来、自分が持っている、
短期で怒りっぽい要素が、他の脳内物質で、
怒りが出た瞬間に他の脳波などの影響で、
掻き消されてしまっていると言う事が分かったそうです。

シータ波だけでも、あの、政木和三さんが、
その重要性を語っていましたが、
政木和三さんも、呼吸法の訓練でシータ波になる事が出来たそうです。

正観さんは、それなしで、
シータ波を出せてしまう人であった。
正観さん自身、私は、起きながら寝ているのですと、
笑いながら語っていました。

サイバーリーディングと言うモノを行っている、
植原紘治さんと言う方がいます。
ルンルと言うモノで有名で、
ひすいこうたろうさんとの共著も出されています。

この、ルンルは、デルタ波になる為のモノだそうです。

だから、脳波と言うものは、かなり、重要で、
昔から、その必要性を感じていたから、
お坊さんなどがお経を読んだり瞑想したり
座禅を組んだり、滝に打たれたりしていたのだと思います。

だけど、脳波を変える事が出来れば、
それらは、必要がないのかもしれない。

脳波は、現実に、かなりの影響を与えていると思う。

影響を与えていると言うか、脳波が現実を創っていると思います。

現実は、外の世界。外の世界は、自分の中の結果。

私の脳波が、外の世界を創り出している。

スポンサーリンク



-思考の治療

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.