スピリチュアルな有名人 

知花敏彦さんに学ぶ宇宙の法則

更新日:

知花敏彦さん。この方も、
一部の方には、超有名ですが、
世間的には、あまり知られては、いないようですね。

私は、最初に知ったのは、何気なく古本屋で手にした本で、
その時は、知花さんの名前さえも知りませんでした。
本を読むと何か、不思議な感覚と言うか、懐かしい感覚になりました。
はじめて、小林正観さんの本を読んだ時も、同じような感覚がありました。
だから、恐らく、私の魂が喜んでいたのでしょう。

しかし、知花敏彦さんの本も、今は、
アマゾンなどで高額本となっているので、
中々、気軽に手に入れる事が難しくなっています。

ただまぁ、ネットで、少し調べれば、
知花さんの色んな情報は、取り出せます。

フリーエネルギーの事に詳しく、
ピラミッドがエネルギー装置であって、
その使い方なども説明されていたそうです。

しかし、使い方だけでなく、人類の意識とか、
色んな要素が関係するので、使い方が分かっただけでは、
動かせないと言う事情もあるそうです。

フリーエネルギーと言うのは、
大体、一つの法則、宇宙の法則で、
成り立っているそうです。

世の中にあるモノは、
原子と電子で、物質が出来ている。
だから、原理原則を分かっていれば、
フリーエネルギーを作り出すことは、
技術的には、それほど、難しい事では、ないらしい。

しかし、フリーエネルギーが本格的に、
活用されるようになると、
ガソリンや石油、電気などで儲けている人達の
生活が成り立たなくなる。

人々は、電気やガソリンに代わるモノを、
無料で使えるようになるかもしれませんが、
それだと、それで生活していた人や会社が崩壊する。

例えば、タバコ屋さんだって、
タバコの値段が上がったり、辞める人が増えたりで、
かなり、厳しい状況に置かれているそうです。

まだ、タバコと言うものは、世の中の、
みんながみんな吸っていたわけではないから、
苦しい思いをしたのは、町のタバコ屋さんと、
タバコを作っている会社だけで済んだと言う部分がありますが、
電気や石油などになると、もっと、話が変わってくる。
もっと、多くの人が、苦しめられる事になる。

それで生活している人達もそうですが、
現状の電気や石油で一番、儲けている大元の人達は、
フリーエネルギーに大反対であると思います。

本格的に、フリーエネルギーが世に出だすと、
携帯やスマホやパソコンが普及した時のように、
一気に、世の中に浸透すると思うので、
それを良く思わない勢力もいるのでしょう。

だから、時期的なモノも来ないとダメなのだと思います。

また、波動と言うものは、
意識そのものでもあり、
意識を高める事で、
波動も高くなる。

フリーエネルギーは、人々の意識も全体的に、
高まってこないと、普及は、しないらしい。

想念の話。
想念とは思いである。

想念が、自分の運命を決める。
想念は、イメージとか、ビジョンでもある。
想念も、波動。想念には、正想念と、悪想念がある。
行動と想念は、表裏一体。

自分の肉体は、
自分の想念が動かしている。

例えば、犯罪を行うような人は、
想念が低いから、そのような行動を起こす。

病気を治そう、治そうと思っている間は、
中々、治らず、自分が病人である事を、
忘れた時に、治ったりする事が起きたりする。

あるいは、本人が、末期癌であっても、
本気で疑いもせず、治ると信じた時に治ったりする。

形のあるモノは、すべて想念があるから出来上がった。
コップ一つでも、そのような形のモノと言う想念が
先にあって、出来上がったモノである。

人生を変えたければ、想念を変えればいい。
人生は、想念と言葉と行動で決まってくる。

想念は、波動だから、
自分の発信したものが、
自分に、跳ね返ってくる。

想念の発信は、種まき。
収穫の時が来る。

悪い事は、自分が悪想念を撒いた結果である。
自分で蒔いた種は、最終的に自分で刈り取る事になる。

自分の中にいる、サタンは、自分で追い出す。
自分の中に、サタンを、棲ませないようにする。
自分が憎しみを持った時、それも、また自分に跳ね返る。
怒りや嫉妬も同じである。
自分の敵は、自分である。

私達は、いい種を撒く事もあれば、
悪い種を撒いている事もある。

人生が、中々、良くならないのは、
種まきの仕方が下手なのかもしれない。

見える現実は、見えない波動の結果。

神の国は、霊と水の国。
人間も、同じである。
神は、自ら自分に似せて、
人間を創り出している。

神と人間の素材は、同じである。
だから、人間は、神である。

どんな、善人も、悪人も、
はじめから、神である。

はじめから、神であるのだから、
神になる為の修業などいらない。
思い出すだけでいい。
認めるだけでいい。

密教で言うところの、アンテカラナ。
それは、眉間にある脳間。
ここが、宇宙と繋がる。

でも、汚れていると、
中々、繋がれない。
繋がったとしても、
おかしなものと繋がる。

脳間に、酸素を送って、
常に綺麗にしておくと良い。
鼻からの呼吸は脳の酸素補給。
口からの呼吸は体内の酸素補給。

時々、鼻から呼吸をする事に、
意識を向けて、脳間を綺麗にする。

ここが綺麗になると、
脳間の道が太くなり、
霊的直観力に優れ、
神と繋がれるようになる。

出した波動は、出した人に戻る。

知花敏彦さんの話の中で、
4乗の法則と言うモノががあります。

【4乗の法則】

あなたから出るもので
あなたに跳ね返ってこないものは、一つもない。

4乗と言いまして、4倍。
4倍になって必ず跳ね返ってきます。

あなたに跳ね返らないものは、一つもない。

あなたから出たもので、
あなたに返ってこないものは、一つもない。

必ず4倍に跳ね返ってくる。
跳ね返りは、4乗、4倍。

この事を、小林正観さんは、
律儀な宇宙の倍返しと言っていました。
世の中で言われている因果応報も、
恐らく、この事であると思います。

いい事も、悪い事も、
自分が放った波動が帰って来る。
人生は、4倍返し

私が思うに、4倍返しは、
その通りなのでしょうけど、
必ずしも今世で4倍ではないんですね。
来世や死後に、その因果が持ち越しの場合もあると思います。

また、2の4乗は、16。
やられたら、やり返すを繰り返していたら、
16倍まで跳ね上がる事もあるのでしょう。

悪い言葉は、悪い波動を出し、
良い言葉は、良い波動を出す。

自分の思いも念力と言う波動。

自分の出した波動は、跳ね返る。

自分と言う存在は、発信機であると同時に受信機である。
自分で発信して、自分で受信する。
発信した人に、必ず跳ね返る宇宙の仕組み。

スポンサーリンク



-スピリチュアルな有名人 

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.