人間観察

毒を持った人には、毒で制する

更新日:

毒を持った人には、情を持つな。
毒を持った人には、毒で制する。

美輪明宏さんの話ですが、
毒を持った人に、情を持って接すると、
その毒でやられてしまう事がある。

だから、毒を持った人とは、
まともに関わらない。

ことわざにも、
毒を以て毒を制す、とあります。

優しい人には、優しくすればいいけれど、
迷惑な毒を吐く人には、それなりの対応をした方が、
自分の為でもあるそうです。

毒を持った人は、
毒蛇や毒キノコと同じ。
触るな、関わるな。
関わる必要がある時には、
上手く交わす事も必要。

毒を持っている人は、人に何かをしてもらって、当たり前。
自分勝手な事ばかり言ったり、やったりしているので、
まともに関わると、自分自身が潰されたりする事がある。
優しい人ほど、毒を持った人に、
関わりやすく、やられやすい。

だから、毒を持つ人には、
こちらも、毒を持って接しなければならない時がある。

毒の度合いにも、よるとは思いますが、
猛毒であったり、毒が回ってからでは、
手遅れであったりもします。

ある程度、人生経験がある人なら、
しばらく、その人と関われば、
その人が、毒を持っている人か、
持っていない人かぐらいは、分かると思います。
おかしいと感じる事が、たくさんあると思います。

だから、毒を持った人だと分かった時には、
やっぱり、距離を置いた方がいいと思います。

ただ、毒舌とか、そう言うものが、
悪いと言っているわけではありません。

例えば、芸能人でも、有吉さんとか、
ロンブーの淳さんとか、毒舌と言われていますが、
むしろ、人間的には、良い人だと思います。

そうではなく、本当に人間的に問題がある人。
波動的に言えば、地獄の波動が出ているような人。
そのような人とは、なるべく一緒にいない事。
職場などで関わる場合は、必要最低限の関りだけする事。

仕事関係にしろ、友達関係にしろ、
毒を持った人には、毒で制するか、
関わらないようにするか、していかないと、
後々、問題が大事になったりする事がある。

暴力を振るう男から、
逃げ出さない女性なども、そうだと思います。
このようなケースだと相談機関も用意されているので、
そのような所を積極的に活用した方がいいとも思います。

毒をもって毒を制すの意味は、
悪を除くために別の悪を利用する事とあります。

必ずしも、それが正しいとは、思いませんが、
毒を持った人には、むしろ、その人に、
嫌われるような言動や行動を取った方がいいとも思います。

迷惑な人と行動を共にしていると、
出かけた先でも周囲に迷惑をかけたり、
ろくな事をしないし、人の悪口ばかり言っていたり、
一緒にいても、全然、面白くないし、つまらない。

むしろ、嫌悪感が生じる事が多いので、
本当に、毒を持った人には、徹底的に、
私の方が嫌われた方が、好都合とさえ思います。

人生の中で、時には、嫌われる得と言うモノがある。

そして、美輪明宏さんは、悪口に関しても、
多くの人は、軽く考えすぎだと言います。
人の悪口を平気で言えるのは、
魔界人であり、魔物であると言う事らしい。

人の悪口をよく言う人は、
自分自身の劣等感の現われなのだそうです。

スポンサーリンク



-人間観察

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.