人間観察

厳しい人には二種類いる?

投稿日:

厳しい人には、大きく分けて
二種類いるように思います。
いや、三種類かな。

まず、自分に厳しく、人にも厳しい人。
そして、自分に厳しく、人には、甘い人。
そして、自分に甘く、人には、厳しい人。

一番目、二番目の人は、
それほど問題がないと思いますが、
問題は、三番目の、自分に甘く、
人には、厳しい人。

こんな人も世の中には、
結構、いるように思います。

そして、自分には、とことん甘く、
人には、とことん厳しい。
このパターンの人は、
自己愛性人格障害であったりもします。

自分の過ちを人のせいにして、
烈火の如く怒りだしたりもします。

たいして苦労もしてないのに、
あたかも自分が苦労してきたかのように語ります。
ささいな事で、自分は、大変な思いをしていると言います。

自分だけに甘く、人には、厳しい人は、
多くの人と価値観やらも違うので、理解されない。
それが、また怒りとなって表れるのでしょう。

自分にだけ甘く、人にだけ、厳しい人は、
破滅とか、破壊の波動の持ち主であると思う。
だから、なるべくなら離れた方がいいと思います。
そのような人から離れなかったが為に、
病気になったりと言う事もあると思います。

だから、本物の厳しさの人か、
偽物の厳しさの人かは、
自分自身で見極める目と言うのも必要だと思います。

まぁ、現実的には、それらの人から逃げると言う事も、
必要であると思いますが、波動の法則でいれば、
それらの人も私自身が創り上げた幻影でもあります。
それは、魂の成長であったり、ゲームで言う所の、
敵キャラですよね。どうやってかわしていくか?
どうやって逃げていくか?

だけど、戦ったり、
それらの人と仲良くなると言うよりは、
本当の本当に問題があると思える人からは、
私は、逃げた方がいいように思います。

ただ、本当に逃げる必要があるか?
と言う事もあります。
その人が、私の幻影であるならば、
私が、一切気にしなければ、済む場合もある。
それは、置かれている環境によっても、
対応の仕方が違ってくると思います。
だから、ケースバイケース。

でも、やっぱり、自分にだけ甘く、人には、厳しい人には、要注意。

スポンサーリンク



-人間観察

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.