ビジネス

渡る世間は、ブラック企業ばかり・・・

投稿日:

今、やたらブラック企業と言う言葉を
聞く機会が増えました。
本当に増えているのか、昔からあるモノが
明るみになってきたのか?
あるいは、その両方なのか?

今、日本経済は、傾いていて、
どこの企業も、それなりに大変な思いをしています。
だから、本当に経営者やら上司やらが悪徳な
ブラック企業もあれば、経営が傾いて、
仕方がなく、ブラック企業になっている
会社もあると思います。

私も、対人関係が非常に苦手で、
転職を、かなりのハイペースで繰り返して来ましたが、
ブラック企業と言っても色々あります。

例えば、建設業で朝の6時に集合。
現場から会社に帰ってくるのは、夜の8時が当たり前。
社長の気分で、人の給料を下げるなんて事も当たり前。
人は、入っては、辞め、入っては、辞めと、
非常に出入りが激しい会社ではありましたが、
残ったメンバーは、固定メンバーで、
皆の仲も良かったです。

建設業は、給料の未払いの所も、
結構あったりしますが、
給料は、ちゃんと支払われていました。
これでも、ブラックだと思う人もいると思いますが、
残った固定メンバーは、社長の悪口こそ言っても、
仲間内の悪口を言う事もなく、
みんなが仲が良い会社でした。

しかし、すぐに辞めていった人達は、
ブラックで、どうしようもない会社だと思った事でしょう。

また、私が過去に一時いた、
営業の会社でも、
15時間勤務が当たり前の
会社がありましたが、そこも、
人の出入りは、激しかったですが、
残った固定メンバーは、ブラック企業とは、
思っていなかったと思います。
営業なので、やったら、やった分、
給料には、反映していましたから。

だから、全員がブラックと思うような会社は、
どうしようもないと思いますが、
人によって、ブラックの度合いも、
また、違うのだと思います。

ブラックでなくても、
辛いばかり、苦しいばかりであれば、
自分にとっては、ブラックになるでしょう。

そして、自分自身が、耐えられてなくて、
どうしようもない会社であれば、
思い詰めて自殺とか考える前に、
辞めたり逃げたりする事が必要だと思います。

ブラック企業の犠牲になんて、
ならなくてもいいと思います。

安い給料でワーワーワーワーと
怒鳴られ、こき使われ、
精神的にも肉体的にも
参ってしまうのが当たり前。
仕事とは、そう言うもの。
そう思っている人が多いから、
自殺やら精神病やらの問題が
後を絶たないのでしょう。

殴ったら問題になる。
だけど、言葉の暴力は、
問題視されていない部分がある。
言葉の暴力を振るっている人が多いから、
働くのが嫌になる人が多いのだと思う。
怒ったり怒鳴ったりだけでなく、
悪口、陰口なども言葉の暴力だと思います。

だけど、一昔前までの職人の世界は、
実際の暴力も言葉の暴力も、
当たり前であった。だけど、それで、
ブラックだと思う人は少なかったと思う。
むしろ、厳しくされた事を、
よかっと思っている人もいる。

だから、お互いが信頼出来て、
愛で成り立っている時の、
厳しさなら、問題ないとも思う。
だけど、それが確立できない故の
厳しさは、虐待でしかないと思う。

職人の世界でさえ、今は、甘くなったとも言われています。
厳しくする、その前に、信頼関係の構築。
これが、出来てない人や会社は多いように思います。

仕事に行きたくないが、
生きたくないに、なっては、いけない。

どうしようもないブラック企業は、
世の中から排除させていく事も必要だと思いますが、
まず、自分が、そこから抜け出す事が必要だと思います。

会社で働くと言う事は、ある程度、折り合いをつけて
働く事も大事だと思いますが、無理して合わせすぎると、
後から、その反動が来たりもします。

だから、どうにもならなくなった時や、そうなる前に、
休んだり、辞めたり、逃げ出したりする事も、時には、
必要だと思います。自分の人生を会社に捧げる時代は、
とうの昔に終わっていると思います。
自分の人生を最優先させる事が大事です。

勿論、世の中の、すべての会社がブラックなわけではない。
だけども、多くの会社は、今の時代に合わない。
だから、色々な問題が続出しているのでしょう。
いい会社も、いっぱいあると思います。
最終的には、良い会社だけが残っていくと思います。

一説では、今後、多くの会社が、
崩壊するとも言われています。

現在も、仕事がない人が増えていますが、
個人でパソコンを利用して、
自分で仕事をする人も増えています。
それも、上手くいく人、いかない人、
色々、いるとは思いますが、
確実に、その人口は、増えています。
未来的には、4人に一人が、
フリーランスになると言う話もあります。

そして、今は、趣味や遊びが、
お金になったり、お金に変える人達がいます。
若い世代の方が、そう言う事が得意だったりもします。
古い価値観の私達は、その時代の変化に
ついていけてないのかもしれません。

だから、好きな事をやって、
稼いでいる若者達から学ぶ事は、
たくさんあるように思います。

スポンサーリンク



-ビジネス

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.