スピリチュアルな危険 日記

肉体的、精神的に弱っている時は、要注意???

更新日:

いきなり、恐ろしい話になったような気がしますが、
まず、憑依と言う事に関して言えば、
本当に悪魔に憑依されるようなケースは、
そのような問題の中の、ほんの少数しかないらしいです。

悪魔に憑依されているでは?と思われた人の中の
3%ぐらいしか、いないと聞いた事があります。
全体の中の3%と言う事です。だから、まず、ないのですね。

その他は、何かと言えば、他の原因であるそうです。
例えば、重度の精神疾患とか、
一時的な低級霊の憑依も含まれるかもしれません。

悪魔と低級霊の違いは?と言われると、
これもまた、説明が難しいのですが、
悪魔の憑依であれば、その辺の霊能者でも、
ほとんどの人は、太刀打ちできないぐらい、
その力が強力だと言う事です。

アニメのドラゴンボールで言ったら、
フリーザクラスの悪人と言う事ですね。

パワーや破壊力が違います。

なので本当の悪魔祓いが出来る人も、
非常に限られてくると思います。

それはさておいて、私達の日常で、
不幸と思えるような体験も、
体や心が弱っている時に起きたりもします。

昔の人は、それを何でもかんでも、
幽霊のせいにしていた部分もあるようですが、
すべてではないにしても、霊がちょっかいを出している事も、
なくはないのですね。体や心が丈夫な時には、
隙がないので、ちょっかいも出せないでいるようですが、
心が弱っている人間を見つけ、その、隙間に入り込んでくる。
悪の笑うセールスマンのようなものです。

だから、見えない存在達は、その機会を狙っていたりします。
そして、霊からは、弱った人間が見えやすいようです。

なので、武道などでも、昔から、心・技・体と言う言葉が使われています。

困った時の神頼みなども、注意が必要で、
自分が弱りきっている時は、低級霊のようなモノが寄ってきやすく、
そのようなモノとも繋がりやすい状態になっている。

心の隙間には、間(魔)が入りやすくなる。

本当の悪魔は少数だと言っても、
言葉の便利さと言いますか、低級霊なども含めて、
悪魔と言っていた方が伝わりやすい部分もあります。

だから、困った時の、神頼みもいいのですが、
まずは、今までの事に、感謝、感謝、感謝の感謝行。

by カエレバ

それをせずして、助けてください、お願いします。
そればかりでは、低い次元のモノを呼び寄せたり、
高次元や神の振りをした魔物と繋がってしまう事もあるようです。

それは、引き寄せの法則で言えば、自業自得でもあるのですが、
困った時の神頼みをしなければならないほど、
追い詰められたり、苦しめられた事情と言うのもあると思います。

しかし、低級霊の世界は、魑魅魍魎。
極悪非道な世界でもあるので、
このように人を化かしている神々の世界もあるそうです。

以前、他の記事で紹介した占い師の幸川玲巳(ゆきかわれいみ)さんは、
今は、偽神も多いとアメブロの記事に何度か書かれていました。
龍ブームなどにおいても、魔界の龍の類も結構いると言われていました。

占い師・幸川玲巳(ゆきかわれいみ)さん

高次元やアセンションだとお祭り気分で騒ぐのもいいですが、
その中には、偽神が混じっていると言う事も、
一応は、知っておいた方がよさそうです。

偽神の類は、一時的には、
いい思いをさせてくれたりしますが、
時が過ぎた頃に、手の平を返して来るようです。

だけども、悪い事が起きたからと言って、
必ずしも、自分が弱っているわけではないし、
不幸に思える事が幸福を内在している事もあります。

自分の波動が高まろうとしている時に、
反対勢力として、見える世界の人も、
見えない世界の人も、邪魔をするような事もあります。

もう、断ち切ったり捨てたり、別れたりと言う、
決別の時に、そのような事が起きたりもします。

弱ったが故に起きる事もありますが、
高まろうとしたが故に起きるネガティブに思える事も、あります。
だから、気をつけるべきことには、気をつけて、
前向きに解釈して捉えている方が、いいのかもしれません。

スポンサーリンク



お薦めの記事5選

no image 1

他の記事でも、 ちょくちょく書いていますが、 shandraniさんのブログは、お薦めです。 shandraniさんのアメブロ shandraniさんのメインサイト 個人差があるので、 誰もが良いと思 ...

no image 2

人には、カルマがある。 カルマがあるから、 人間とも言える。 カルマが、ないと言う話も、 ありますが、厳密に言うと、 カルマの影響を、もう受けない、 と言う状態であるらしい。 残念ながら、多くの人に、 ...

no image 3

この方も、スピリチュアルな世界では、 有名な方だと思います。 私は、最初に、この人の画像を見た時に、 何となく布袋和尚のような人だなぁと思いました。 顔が金色に輝いているような気がしました。 (私は、 ...

no image 4

知っている人は、知っていると思いますが、 この本が、復刊されました。 最近までは、アマゾンで高額出品されたりしていましたので、 純粋な一般読者が中々、買えないと言う状況もあり、 この本の復刊は、非常に ...

no image 5

一念帰命とは、疑いの心無く、阿弥陀如来に、 帰依し、信順する事であるらしいのですが、 その一念帰命の行と言うものがあります。 現在は、釈迦の死後から、 約2500年経つと言われていますが、 2500年 ...

-スピリチュアルな危険, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.