スピリチュアルな危険 動画 日記

本物の高次元と高次元と思っているだけの勘違い・・・

投稿日:

私が体感として経験している事ではないのですが、
このような話は、確かに、そうかなぁと思うので紹介したいと思います。

今の時代、本当の高次元の存在と繋がったりで、
そこからのエネルギーを降ろせる方もいるようですが、
その一方で、本人や、その周りの方が、高次元だと思っているだけで、
実際には、エセ高次元と呼ばれる所に居座っている状態の人も多いようです。

個人の妄想やエゴなどがゴチャ混ぜになっている高次元。

低次元の色々なモノと繋がり、それを高次元だと勘違いしている。

見えない存在は、私は、天使だ、神だ、龍だ、高次元だと囁く。
それ故に本人も、高次元と繋がっていると勘違いしている状態。

本物の高次元のそれらの存在もあるのですが、
偽物低次元のそれらの存在もあると言う事です。

だけど、今の時代であれば、
それを見極める事は、それほど難しくないと思います。
低次元は、エゴや執着がいっぱい。

しかし、自分自身が、そのような状態であれば、
見抜けるモノも見抜けなくなってしまいます。

高次元ワーク。高次元からのチャネリング。
高次元からのメッセージ。天使のヒーリング。
これらの類のモノを言葉だけで信じては、いけません。

本人は、本物の高次元に繋がったと信じ込んでいるのでしょうけれど、
受け手である私達は、ある程度、自分で見極めなければなりません。

高次元と言う名の低次元世界があります。

低次元のエネルギーは、低次元の人に引き寄せられる。
憑依などと同じ仕組みで、心や意識のレベルが同じモノが引き寄せられる。
そして、また、似た者同士が寄せ集まります。
低次元のモノを高次元と勘違いしたままドンちゃん騒ぎをしていたりします。

色んなセッションやワークなどがありますが、
私が拝見しても直感で何か違うなぁと感じたりするものが結構、あったりします。
だから、研ぎ澄ませば、ある程度は、誰にでも分かる感覚だと思います。

スピリチュアルな情報が溢れている時代だからこそ、
この感じるセンサーが大切になってくると思います。

低い次元のモノに無駄な時間とお金を使うのは、勿体無いです。
勿論、本人は、低次元だと思ってもいないので、
その世界に浸かっているのだと思いますし、
実体験を重ねて無駄だったと気づく事もあるので、
それも意味のある事かもしれません。

偽チャネラーとか、偽ヒーラーとか、
ゴロゴロ存在していると思います。
本人も偽だとは、思っていないのでタチが悪いとも言えます。

偽物の霊能者と本物の霊能者の違い

スピリチュアルヒーラーMOMOYOさんの話

だけど、今の地球では、
自分軸さえ、しっかりしていれば、
わざわざ、そのようなプロセスを辿らなくても
気づける事が多くなっているような気がします。

一昔前であれば、色々、遠回りしなければ、
分からなかったり、気づけなったりした事が、
今の地球では、一瞬にして分かったりもします。

今は、すべてを手放す時期でもあります。
3次元世界の人生ストーリーを終わらせる時期です。
手放せば、手放すほど、自然と高次元と繋がれるそうです。

スポンサーリンク



お薦めの記事5選

no image 1

他の記事でも、 ちょくちょく書いていますが、 shandraniさんのブログは、お薦めです。 shandraniさんのアメブロ shandraniさんのメインサイト 個人差があるので、 誰もが良いと思 ...

no image 2

人には、カルマがある。 カルマがあるから、 人間とも言える。 カルマが、ないと言う話も、 ありますが、厳密に言うと、 カルマの影響を、もう受けない、 と言う状態であるらしい。 残念ながら、多くの人に、 ...

no image 3

この方も、スピリチュアルな世界では、 有名な方だと思います。 私は、最初に、この人の画像を見た時に、 何となく布袋和尚のような人だなぁと思いました。 顔が金色に輝いているような気がしました。 (私は、 ...

no image 4

知っている人は、知っていると思いますが、 この本が、復刊されました。 最近までは、アマゾンで高額出品されたりしていましたので、 純粋な一般読者が中々、買えないと言う状況もあり、 この本の復刊は、非常に ...

no image 5

一念帰命とは、疑いの心無く、阿弥陀如来に、 帰依し、信順する事であるらしいのですが、 その一念帰命の行と言うものがあります。 現在は、釈迦の死後から、 約2500年経つと言われていますが、 2500年 ...

-スピリチュアルな危険, 動画, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.