人間観察

嫌な人と関わる事を辞めましょう

投稿日:

人間は、時に、嫌な人と関わることがあります。
色んな人がいる世の中ですから、嫌な人がいると言うのは、悪い事ではない。
色んな人と関わって生きていれば、嫌な人の一人や二人いるのは、
むしろ、普通の事でもあるような気がします。
だけども、可能な限り、自分が嫌だと思う人と、
関わる事を辞めましょう。

嫌な人と関わったり、嫌な人への不満を言っている暇があったら、
他のもっと楽しい人と関わったり、楽しい事をやったりしましょう。

どうしても、嫌な人と関わる必要があるのなら、
関わる時間を減らしましょう。

嫌な人から、学ぶ事も、確かにあります。
ありますが、嫌な人と関わっている間は、
自分の波動や、運勢も落ちている時だと思います。

だから、嫌な人と離れて、楽しみを見つけた方がいい。
斎藤一人さんも、嫌な奴からは、思いっきり逃げなさいと、
言っていました。嫌な人の事を考えるだけでも、
波動は、下がっているそうです。

人間関係も、時には、断捨離しなければ、ならない事がある。

人間観察において、嫌な人は、役立ったりもしますが、
そのような人と関わり続ける事は、自分の人生にとって、
マイナス要素の方が、多いと思います。

何より、その人と無駄な時間を過ごしている間に、
もっと、素敵な人と出会ったり、
自分のやりたい事をやったり、
行きたい所に行ったりと、
貴重な時間を過ごす事が出来る。

小林正観さんも、こう言っていました。
何処へ行くか?ではなくて、誰と行くか?

一緒にいて、面白くない人と、出かけても、
全然、楽しくありません。

確かに、嫌な人から逃げるのも、関係を断ち切るのも、
それなりに、エネルギーを使う事ではありますが、
これをやった後、自分の運勢は、向上します。

何故なら、今まで、その嫌な人に、
エネルギーを奪われていたからです。

そして、今度は、プラスのエネルギーを吸収したり、
プラスのエネルギーを発信できるようになります。

職場や親子や親戚など、どうしても、
避けられない関係なら、なるべく接触を減らす。
上辺だけでスルーする。

そして、私が、思うのは、親や身内だから、
逃げられないと思っている人が多いようですが、
親や身内であったとしても、関わり続けていたら、
危険だと思える人もいると言う事です。
自己愛性人格障害やサイコパスと呼ばれる人が、
身内にいるケースもあります。友達にいるケースもあります。

それでも、自分が嫌だと思っていなければいいのですが、
その人と関わっている事で、嫌悪感が生じているのなら、
自分の運勢は、間違いなく、悪くなっていると思っていいでしょう。

一時的な関係なら、学びなので、いいかもしれませんが、
親や身内は、一時的な関係と言うわけには、いかない事の方が多いと思う。
そして、ずるずると、いつまでも、関わることになる。
だから、そのような人と、関わっている中で、
半端でない嫌悪感があるのであれば、
自分にとっても、相手にとっても、
離れた方が結果的に良い事だと私は、思います。

私自身も、私の周りの人の中にも、
どうしても合わない身内との縁を断ち切って、
本当に楽になった人達もいます。

だから、身内だから、親だからと思わずに、
本当に、危険人物で、関わりたくないと思っているのなら、逃げましょう。
戦って解決してもいいんですが、戦うと、余計に大事になる事もあります。
だから、ケースバイケースではあると思いますが、基本的には、逃げるが勝ちです。

嫌な感情と、嫌な思い出と、嫌な人は、
断捨離をして、心の外のゴミ箱に捨てましょう。

スポンサーリンク



お薦めの記事5選

no image 1

他の記事でも、 ちょくちょく書いていますが、 shandraniさんのブログは、お薦めです。 shandraniさんのアメブロ shandraniさんのメインサイト 個人差があるので、 誰もが良いと思 ...

no image 2

人には、カルマがある。 カルマがあるから、 人間とも言える。 カルマが、ないと言う話も、 ありますが、厳密に言うと、 カルマの影響を、もう受けない、 と言う状態であるらしい。 残念ながら、多くの人に、 ...

no image 3

この方も、スピリチュアルな世界では、 有名な方だと思います。 私は、最初に、この人の画像を見た時に、 何となく布袋和尚のような人だなぁと思いました。 顔が金色に輝いているような気がしました。 (私は、 ...

no image 4

知っている人は、知っていると思いますが、 この本が、復刊されました。 最近までは、アマゾンで高額出品されたりしていましたので、 純粋な一般読者が中々、買えないと言う状況もあり、 この本の復刊は、非常に ...

no image 5

一念帰命とは、疑いの心無く、阿弥陀如来に、 帰依し、信順する事であるらしいのですが、 その一念帰命の行と言うものがあります。 現在は、釈迦の死後から、 約2500年経つと言われていますが、 2500年 ...

-人間観察

Copyright© 思考の治療院 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.