どうでもいいこと スピリチュアル スピリチュアルな危険 スピリチュアルな有名人  日記

並木さん情報は、間違っている???

更新日:

私のブログ記事の中でも、
並木良和さんの記事は、
断突の一番人気なのですが、

それだけ多くの人に影響を与える
スピリチュアルリーダーの人が伝える
情報が間違っているモノであったら、
えらいことだと思います。

多くの人に影響を与える人ほど、
そう言う存在に狙われやすいとも聞きます。

闇の存在は、スピリチュアルリーダーを狙う・・・

結構、良い話もされていると思いますし、
私には、間違っているかどうかは、分かりません。

しかし、、99%までは、正しい情報を伝え、
残りの1%に魔が入る。そう言う隙間に、
入られている可能性が、絶対にないとは、
言い切れない部分もあるでしょう。

これだけ多くの人に、
影響を与えている人の隙間に入り込み、
操作出来たら、闇の存在にとっては、
笑いが止まらないでしょうね。

それだけ狙われやすい人でもあると言う事です。

それは、大変な、お役目だと思います。

並木さんは、今年の冬至が一つの節目だと言われ、
それは、スピリチュアル界隈でも話題になりました。

良くも悪くも、冬至を過ぎてから、
並木さんが、どんな話をされるのか、
気になる所では、ありますね。

ただ、冬至を過ぎると目に見えて世界が変わる
と言うことは、他にも伝えている人がいるので、
それは、そうなのかもしれないなぁと思います。

変わると言うのは、
悪い意味でのこともある。。

並木さんも、何処かで、
パニックになると言うような、
意味合いのことも伝えられてたようです。

夜明けの晩に鶴と亀がすべった。。。

だけど、世界が、どう変わろうが、
そこに、捉われすぎないこと。

並木さん情報が、間違っていると、
伝えている人の話を聞いてみると、
それも、そうかもしれないとも思う。

間違っていると、あからさまに伝えて、
否定や批判をしている人も、たくさんいますが、

自分が見た真実として、
違う気がすると伝えている人もいる。

後者の人の話は、それなりに参考になる部分もある。

非二元の目醒め。ヴェロニカ麻由さん。

音楽芸術セラピスト。佐藤玲奈さんの危ない話???

あと、これは、単純に私個人の問題なのですが、
何故か、統合ワークと言うモノを
好きになれないのですよね。

別に悪いモノだと思っていないですし、
良いモノかも?とも思うのですが、
何か違うかなぁと感じるのです。

私の感性の問題かもしれません。

スピリチュアル家族?パンさんの話。

並木さん情報がどうなのか、
私には、分かりません。

分かりませんが、
闇とか、偽とか、それすらも、
必要なことで、起きていると思います。

ワンネス。一つで全体。
私と言う個ではなく、
私が、全体。

個と言う話をしても、
私の中に叡智がある。

探し続けても答えは、見つからない。
探すのを辞めた時、そこに在ったと気付く。

だけど、探すことは、悪いことでは、ない。
釈迦だって、出家した探求者だったとも言える。

私も、今は、まだ、探求者であると思う。

散々、このブログでもスピリチュアルの記事を
書いていますが、結局の所、スピリチュアルは、
よく分からない所があります。しかし、
真実は、人の数だけあるかもしれませんが、
真理と言うのは、不変のモノがあると思います。

一方で、真実の方は、
スピリチュアル業界の中でも、
多極化しているような気がします。

良く言えば、その中で、
どれが自分にとって腑に落ちるかの宝探し。

情報に振り回されすぎても、
あれだとは、思いますが、
この宝探しも中々、
楽しいことかもしれません。

魔にやられている情報を
発信されている人がいたとしても、
それは、相手が悪い訳ではなく、
それを真(魔)に受けた自分の問題。

99%や98%ぐらいが真実なら、
それはそれで素晴らしい情報ではないですか?

仮に、残りの数%を魔に受けて信じたとしても、
外側の情報に振り回された自分自身の自己責任。

目覚めや眠りの話をされている、
本人が眠りの中の住人である事もある。

人気漫画・鬼滅の刃を読んでみた。

鬼滅の刃の映画。無限列車編で、
そのようなシーンがありました。
ああ言うのも、一つの警告かもしれませんね。

スポンサーリンク



お薦めの記事5選

no image 1

他の記事でも、 ちょくちょく書いていますが、 shandraniさんのブログは、お薦めです。 shandraniさんのアメブロ shandraniさんのメインサイト 個人差があるので、 誰もが良いと思 ...

no image 2

人には、カルマがある。 カルマがあるから、 人間とも言える。 カルマが、ないと言う話も、 ありますが、厳密に言うと、 カルマの影響を、もう受けない、 と言う状態であるらしい。 残念ながら、多くの人に、 ...

no image 3

この方も、スピリチュアルな世界では、 有名な方だと思います。 私は、最初に、この人の画像を見た時に、 何となく布袋和尚のような人だなぁと思いました。 顔が金色に輝いているような気がしました。 (私は、 ...

no image 4

知っている人は、知っていると思いますが、 この本が、復刊されました。 最近までは、アマゾンで高額出品されたりしていましたので、 純粋な一般読者が中々、買えないと言う状況もあり、 この本の復刊は、非常に ...

no image 5

一念帰命とは、疑いの心無く、阿弥陀如来に、 帰依し、信順する事であるらしいのですが、 その一念帰命の行と言うものがあります。 現在は、釈迦の死後から、 約2500年経つと言われていますが、 2500年 ...

-どうでもいいこと, スピリチュアル, スピリチュアルな危険, スピリチュアルな有名人 , 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.