どうでもいいこと スピリチュアル 動画 日記 非二元

一周回って人生は、シナリオ通り。

更新日:

人生は、すべて決まっている。

そんな事は、ない。

自分が、創造主だ。

現実を創ることは、不可能?

決まっている?決まっていない?

どっちやねん。どれが、本当やねん~。

と言う紆余曲折あって、
やっぱり、すべては、決まっていると言う所へ、
辿り着いたような気がします。

すべては、書かれている。

観察者の自分の視点から見ると、
そうなるのですが、自我は、
その事に、と~っても抵抗します。

私と言うのは、幻想世界のキャラクターで、
そのキャラクターは、人生と言う川の流れの中で、
ただ、ひたすらに周りの風景を眺めているだけです。

この幻想世界の私を眺めている私が本当の私。

近年のスピリチュアル話では、
そうでは、ないと言う話も、
たくさんありますので、

それもまた、一つの事実ではあるかもしれませんが、
私なりに掴んだ真実は、コレだと思っています。

でも、自分が創造主で、
自分で自由に現実を
創り出していると言うのも、
違うとは、思っていません。

どれもが一つの真実では、あると思っています。

しかし、シナリオ通りと言う話をするなら、

体は、勝手に動いている。

少し遅れて思考や感情が湧いている。

肉体の私は、幻想世界のアバター。
私達は、これが自分だと思い込んでいる。

強烈なまでに、そう思い込んでいる。

映画館で、その映画の
主人公になりきるように、

TVドラマで、そのドラマの
役者に感情移入するように、

ドラクエなどのゲームで、
そのキャラクターになりきるように、
自分を自分だと思い込んでいる。

これを自分だと思い込まなくなると、
非二元で言われている所の自分がいないと言う状態。
ありのままの、あるがままが在るだけ。

お薦め動画の紹介。非二元は、悟りの入口?

目覚め、目覚めって、目醒めちゃったら、
酔いが醒めちゃって、つまらないから、
どっぷり酔っていた部分もあるかもしれません。

ポジティブが良いと言われていますが、
そもそもポジティブもネガティブも、
ないのが中立だと思います。

どう捉えるのか?

宇宙的には、善悪さえ、ない。

でも、肉体の自分も、
個としての自分も、
大事では、ありますよね。

肉体があるから、
この世を体験出来ているのですから。

肉体の自分は、もぬけの殻でも、蝉の抜け殻でも、ない。

肉体目線の人生も大事。

喜怒哀楽。楽しいことや、面白いことも、
勿論いいのいいですが、深い悲しみとか、
絶望とか、苦しみとか、大なり小なり、
誰もが体験して来たのでしょうけど、

そのような体験が多ければ多い人ほど、
その苦しみが深ければ深かった人ほど、
そこから抜け出した時に、
人間的な深みや渋みが、
より出やすいような気は、しますよね。

だけども、肉体は、自分の本体では、ない。

人生は、映画のストーリー。
その映画を観ているだけの自分の本体が居る。

シナリオを変更できるとか、
シナリオが幾つもあると言う話もありますので、
それを否定も肯定もしません。私には、分かりません。

その類の話を聞いても、
それもそうかもしれないなぁと思いますので、
私も、まだ、本当の意味では、
分かっていないのかもしれません。

すべて決まっているか?
すべて自由自在なのか?

私的には、どっちでもいいです。
どっちでもいいのですが、
表裏一体であるような気は、しています。

どこか片隅にでも、
シナリオ通りだなぁと、
受け入れると何か色んなことが、
一致すると言いますか、その為に、
あれを体験して来たとか、あの人に会ったとか、
あの出来事があったんだなぁと腑に落ちる時があります。

真我に目覚めたと思われる人達は、
完璧に決まっていると言ってます。

しかし、例え、すべてが、
決まっているとしても、
そんなことは、忘れて生きるのも、
知らずに生きるのも、
またいいと思いますけどね。

そう思う心があっただけ。

思ったけど、言えなかった。
思ったけど、やれなかった。

すべてがシナリオ通りなら、
そのような台詞が用意されていなかったから
言えなかったのかもしれないし、

そのような台本が用意されていなかったから、
行動できなかったのかもしれない。

そして、シナリオ通りだとしても、
これを否定しようが何しようが、
それもシナリオ通り。

だから、どっちでもいいし、
どうでもいいと言うことにもなります。

まとめると、私が私だと思っている、
自分と言う存在は、
自分ではなくて、自動で動いている。

だから、行為者がいなくて、
観照者だけがいる。

人生を観てるだけ~?

これが本当にそうなら、
人生が、すべて決まっていたとしても、
仕方ないと言うか、そうなんだろうなと思う。

いい意味であきらめる。

諦めるの語源は、明らかに極める。

すべてがシナリオ通りなら、
すべての行為や台詞も決まっている。

だから、本当に観てるだけ~。

それでは、つまらない。
そうでは、ないだろう?と思う方は、
↑の吉川貴比呂さんの動画がお薦めです。

私は、どちらも良いなぁと思っています。

神 (私たち) のプログラム

↑人様の記事ですが、こちらもお薦めです。

すべて決まっているけど、
因果応報は、ある。

生まれ出る前に、
すべてを承諾済で、
生まれて来ているなら、

善人なおもて往生をとぐ、
いわんや悪人をや。

親鸞さんの言葉は、
かなり深いと思います。

シナリオの話に戻りますが、あれこれ考えても、
真我では、100%決まっているのでしょうけど、
自我では、そうは、思えない。

ああじゃない。こうじゃない。
だから、自我で解ろうとしなくても、
いいことなのかもしれない。

本当の真我覚醒したら、
考えなくても解るそうなので。。。

スポンサーリンク



お薦めの記事5選

no image 1

他の記事でも、 ちょくちょく書いていますが、 shandraniさんのブログは、お薦めです。 shandraniさんのアメブロ shandraniさんのメインサイト 個人差があるので、 誰もが良いと思 ...

no image 2

人には、カルマがある。 カルマがあるから、 人間とも言える。 カルマが、ないと言う話も、 ありますが、厳密に言うと、 カルマの影響を、もう受けない、 と言う状態であるらしい。 残念ながら、多くの人に、 ...

no image 3

この方も、スピリチュアルな世界では、 有名な方だと思います。 私は、最初に、この人の画像を見た時に、 何となく布袋和尚のような人だなぁと思いました。 顔が金色に輝いているような気がしました。 (私は、 ...

no image 4

知っている人は、知っていると思いますが、 この本が、復刊されました。 最近までは、アマゾンで高額出品されたりしていましたので、 純粋な一般読者が中々、買えないと言う状況もあり、 この本の復刊は、非常に ...

no image 5

一念帰命とは、疑いの心無く、阿弥陀如来に、 帰依し、信順する事であるらしいのですが、 その一念帰命の行と言うものがあります。 現在は、釈迦の死後から、 約2500年経つと言われていますが、 2500年 ...

-どうでもいいこと, スピリチュアル, 動画, 日記, 非二元

Copyright© 思考の治療院 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.