どうでもいいこと 日記

クンダリーニの覚醒について・・・

投稿日:

クンダリーニについて知っている方も多いと思います。
すべてのチャクラを活性化して龍のように繋がり、昇華する。

クンダリーニが覚醒すると、神秘体験をしたり、
不思議な能力を使えるようになる事もあるそうです。

過去に私も、その途中までは、行った事があります。
背骨の辺りが滅茶苦茶に気持ちが良くなります。
体が気持が良すぎて至福と言うような状態が続きます。
自分の体が肉体だけではないと、実感として、よく分かります。
霊体が喜ぶと言いますか、霊体の存在も常に感じていました。

肉体が、透き通るような感覚で、それまでの視点とは、
明らかに、変わっていました。同じ人や建物を観ても、
このすべては、自分が創ったのかなぁ?と言うように感じていました。

明らかに私の波動が超上昇していました。
人生が大きく変わりそうな体験でありました。

その当時は、まだ、スピリチュアルの
スの字も知らないような状態であったので、
遠い昔に、あのような事を体験したと言うのは、
もう一度、あそこまで辿り着く為の道標であったかもしれません。

残念ながら、あの後、現実的な事で、自分の波動を
超低下降させるような事があって、そこで終わりました。
(現実的に、色々、邪魔が入ったと言う要素もあります。)

もしも、あの時、あのまま行っていたら、
すべてのチャクラが昇華して、
不思議な能力が開けていたかもしれません。。。

あれからもう、20年近くの月日が経ちますが、
あれ以来、あそこまで自分の波動を上昇させた事は、まだありません。
やはり、一人では、難しい部分も、あるのかもしれません。

だけども、クンダリニーニの覚醒については、危険性もあると聞きます。
だから、私も、まだ、あの時に、覚醒しなくて良かったのかなぁと、
今では、思います。ある程度、自分の精神性を上げてからでないと、
色々な不調を呼ぶ事もあるそうです。それによって、霊に憑依されたり、
精神や肉体の病になったりする事もあるそうです。

このようにクンダリーニの覚醒には、かなりの危険も伴うようです。
だから、あまり安易な気持でクンダリーニの
覚醒を試みない方が身の為かもしれません。

そして、もし、このような事をやる時には、浄化も大切だと思います。
浄化とは、主に感情の浄化になると思います。ネガティブな感情の浄化。
それを自分自身で洗い流す。誰かに何とかしてもらおうなんて思ったらダメ。

クンダリーニを上昇する為に誰かに教えてもらったり、
サポートされるのは、いいと思いますが、
私のクンダリーニを覚醒させてください。
お願いしますとか、浄化してくださいとか、人任せでは、いけないでしょう。

覚醒させるのは、自分自身です。
そして、誰かについて教われる時でも、本当に信頼出来そうな人か?
その辺の事をよく調べてください。

クンダリーニを上昇する為の方法は、色々、出ていますが、
上昇する為の方法論よりも、まずは、危険性について、
よく学んで欲しいと思います。方法論より大切な事が、浄化であります。

クンダリーニを覚醒させる為に、ヨガなんかも有名ですが、
私は、ヨガも、やった事がありません。では、どうやって、
冒頭のような体験をしたかと言えば、一言で言えば、
気持の良い会話をしていました。
本当に会話だけを、その人物と続けていました。
それだけですが、本当に冒頭に書いたような事が起きていました。

勿論、相手は、生きている人であります。
だけど、私側に離れなければならない事情と言いますか、
私の、わがままも混じって、いい所で、急な別れとなりました。
今は、お互い、何処で、どうしているかさえ分かりません。

私が、その人に再会できるか、どうかは、さておき、
このように、クンダリーニを覚醒させる方法は、
世の中に普及しているモノだけでは、ないと思います。
面倒な事をしなくても、シンプルで簡単な方法もあると思います。

あると思いますが危険を避ける為にも、
クンダリーニを覚醒させたいと思う時には、
やっぱり身近に、その分野の
知識と経験がある人がいた方が無難であると思います。

スポンサーリンク



お薦めの記事5選

no image 1

他の記事でも、 ちょくちょく書いていますが、 shandraniさんのブログは、お薦めです。 shandraniさんのアメブロ shandraniさんのメインサイト 個人差があるので、 誰もが良いと思 ...

no image 2

人には、カルマがある。 カルマがあるから、 人間とも言える。 カルマが、ないと言う話も、 ありますが、厳密に言うと、 カルマの影響を、もう受けない、 と言う状態であるらしい。 残念ながら、多くの人に、 ...

no image 3

この方も、スピリチュアルな世界では、 有名な方だと思います。 私は、最初に、この人の画像を見た時に、 何となく布袋和尚のような人だなぁと思いました。 顔が金色に輝いているような気がしました。 (私は、 ...

no image 4

知っている人は、知っていると思いますが、 この本が、復刊されました。 最近までは、アマゾンで高額出品されたりしていましたので、 純粋な一般読者が中々、買えないと言う状況もあり、 この本の復刊は、非常に ...

no image 5

一念帰命とは、疑いの心無く、阿弥陀如来に、 帰依し、信順する事であるらしいのですが、 その一念帰命の行と言うものがあります。 現在は、釈迦の死後から、 約2500年経つと言われていますが、 2500年 ...

-どうでもいいこと, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.