スピリチュアル 日記

2020年・魚座新月→乙女座満月→宇宙元旦(春分の日)・・何かが起きる??

更新日:

私は、基本的には、満月だろうが、
新月だろうが、三日月だろうが、
どうでもいい事だと思っていますが、
節目、節目で、特に重要な時期があるようです。

この事を知っていようが知らなかろうが、
大なり小なりの影響は、誰もが受けている。

私も重要な時期だけは、多少は、意識しています。
意識していなくても、その時期が一つのポイントなので、
良くも悪くも、何らかの変化を感じる人も多いと思います。

こないだ、1月25日に水瓶座新月だと言われていて、
私は、それほど意識していませんでしたが、
それでも、空が大きく変わったように感じて、
その前日ぐらいから空ばかりを眺めていました。

次に重要な時期が2月24日の
魚座新月だと言われています。

細かい星の動きなどの説明は、
プロの方におまかせするとして、
2月24日が魚座新月、
3月10日が乙女座満月。
その後の3月20日が、
春分の日であり宇宙元旦であります。

素人目にも凄い星の動きだなと思います。

新月や満月と言うと
願いを叶えると言う事が
やたら言われていたりしますが、
自分の波動が重いままでは、叶えたい願いが叶わず、
叶えたくない願いが叶ったりもしやすいそうです。
だから、満月、新月などの力を活用して手放し浄化する。

波動が軽い方が願いも叶いやすい。
願わずとも思った瞬間に
叶っていたりするようです。

2020年の春分の日は、
スピリチュアル界隈では、
結構、騒がれた、ゲートが
閉じはじめる日でもあります。

ゲートが閉じようが閉じなかろうが、
星の動きとしての後押しがあるようなので、

今、私達がやっておいた方がいい事は、
それまでに、掴んで放さないモノを
放しておいた方がいいらしい。

掴んで放さないモノは、物の事もあれば、
人の事もあれば、思いや感情の事もあると思います。

ここで役立つのが統合なのでしょうね。

ネガティブなモノを手放して行く。

統合ワークとは、例えば、
怒りの感情が出てきたら、
すぐに形にして手放す。

統合の意味は、闇も光も元々は、一つの同じモノ。
闇を一旦、手放して元の光のエネルギーに
変換しましょうと言う事のようです。

エネルギーワーカーの光一さん・・・

統合ワークが合わない人には、
ホ・オポノポノをお薦めします。

ホ・オポノポノは、アセンションの為の最終ツール???

今は、ネガティブなモノが
上がってくる後押しもあるようです。
それを上手く利用して手放せればいいのですが、
手放せないとイライラが収まらなかったり、
怒りが爆発したりと言う事も起きるかもしれません。

今まで溜め込んでいたモノが噴出する時期。
それに振り回されるのではなく手放す時期。

怒り、不安、恐怖、心配、
色んなモノが上がってくるかもしれません。

だけど、上がってきたからラッキー。
今、これを手放した方がいいですよの合図。

自分で気づいているにしろ、いないにしろ、
恐れや不安などに思っている事が恐ろしい事に、
実現してしまうと言う要素も秘めているようです。

だから、ネガティブなモノが上がってきたら手放す。

この言葉を何度も何度も自分自身に
言い聞かせておく事が、恐ろしい事から
身を守る方法でもあります。

決してネガティブな思考や感情に
振り回されては、いけません。
振り回されるのは、手放せていないからです。

振り回されると、やたらイライラや怒りが沸いてきたり、
不安や恐怖が襲ってきたり、それが長時間、何日も続く。
この状態は、危険信号だと言えるでしょう。

過去の何度も思い出すような事で、
よろしくない感情が沸いてくること。
それも手放した方がいいから、
手放せていないから何度も沸き出てくる。

その時に役立つのは、現実は、幻想。現実は、映像。
思考も感情も自分で選ぶことが出来る。
それに入り込まないと言う意識だと思います。

あの人がああで、この人がああで
と言っている間は、全然、分かっていません。
(私自身も何度も自分に言い聞かせています。)
人の悪口や人を責めると言うのも危険信号であります。

自分の放った周波数が自分の周りの現実。
誰かや何かを変えようとするのは、無理。

誰かや何かは、存在していない。
私の意識、私の周波数でそうなった。

ネガティブなモノは、なるべくなら、
現実化する前に手放しておいたほうが後が楽です。

何を手放したらいいのか分からない人も
これからの星の動きによる強烈な後押しで、
ネガティブなモノが浮いてくるので、
手放した方がいいモノが明確になる。

自分の中にあるネガティブなモノの炙り出しが起きる。

今、内面が大事。内面を見ましょうと言う話を
見たり聞いたりする機会も多いですが、私達の
深い所には、海の底に海面からは見えない
ゴミが落ちているように内面にも
ドロドロしたモノが色々あるようです。
それを浮き上がらせてくれる。

富士山も綺麗で良い山だと思いますが、
富士山には、樹海もあります。
(最近は、一部の人達の間では、
樹海も観光スポットに
なっていると言う話も聞きますが。。)

私達の潜在意識や心の中も色々と
浄化しなければ、ならないモノを
抱えていると思います。

本当の本当に何も手放す必要がない人も、
もしかしたらいるのかもしれませんが、
そのような人は、非常に少ないような気がします。

何もない。何も感じられないのは、
蓋をして閉じている可能性もある。

自分には、何もないと思っていても、
諸々の記憶。溜まっている感情。
それらの中にネガティブなモノが、
色々、あるかもしれません。。

ネガティブなモノに蓋をして気づかぬままでいると、
現実的に大きな事が起きて軌道修正をかけられる。

この時期、気をつけることは、
手放せていないネガティブな
感情に引っ張られやすいと言う事です。

これが一つの罠ですね。

これに引っ張られると、
どんどん重くなって沈んで行く。

沈んで行く人と上がって行く人との分かれ目。

一時的には、
ネガティブな感情を手放せず、
その感情に飲み込まれ、
狂ったようになる人も
増えるかもしれません。

超美人の「女神の館」KAORIさん

恐らく、誰もが、
何かしら手放した方がいいモノを
持っているとは、思います。
早く気づいて手放した方がお得です。

赤信号で止まっている間に手放せば、青信号に変わります。

止まっている間に重たいモノを手放して行けば、
素晴らしい青信号の世界へと移行できる。

赤信号、みんなで手放せば、怖くない。
まずは、自分一人で手放しましょう。

星の動きによって、
ネガティブなモノを炙り出す
強烈な後押しがあるようですが、
それで、私達の中のすべての
ネガティブが解消されるわけではない。

宇宙元旦を過ぎても、人間だからネガティブを
完全になくす事は、出来ないと思います。

だから、手放すと言う事は、生きている限り、
ずっとやって行く作業でもあると思います。

人間としての究極の姿は、
どうやらネガティブなモノを
一切持ち合わせていない姿のようです。

それが、本来の人間の姿でもあるようです。

そこを目指して生まれて来たと言えるかもしれません。

今は、加速の時代。振り分けの時代。
なるべくは、軽くなっておいた方が良い時期です。

間もなく節分ですが、
心の中の鬼を追い出し、
福に変えて福わ内と中へ入れる。

これを節分の日だけではなく、
いつもやってい行くことが大切なようです。

今、地球は、高次元に向かっているなどの
話を聞く機会も多いと思いますが、
高次元世界は、思った事が即現実化する世界。

ネガティブなモノをいっぱい抱えていれば、
高次元ではないので、即ではないかもしれませんが、
それでも従来の地球よりは現実化が早いと思います。

そして、勿論、ネガティブが悪いわけでもない。
手放す事も強制ではない。個人の自由です。

3月20日に何かが起きる人もいれば、
何も起きずに、それまでと同じような日々が
続く人もいるでしょう。しかし、いずれにしても、
3月20日を過ぎてからが新たなスタート。
それまでが準備期間ですが、その準備期間は、
間もなく終わりとなります。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.