スピリチュアル スピリチュアルな危険 日記

【閲覧注意】少し恐ろしい話。日月神示の預言は、やっぱり当たっている???

更新日:

私は、もう、日月神示にあったような、
恐ろしい事は、起こらないだろうと思っていましたが、
先日、お会いした不思議な能力の持ち主の方は、
これから人類は、半分になると言う事を言われていました。
(この話を信じるも信じないも自由です。)

日月神示について思う事

日月神示では、三分の一と伝えられていたと思いますから、
それよりは多いですが、そのような局面を迎えているようです。

その理由は、地球が五次元になるのに、
アセンションして行くのに、それに見合わない人達は、
この地球には、もういられない。強制リセットがかかり、
三次元の他の惑星に転生する。そこで人間なのか、
人間に似たような生命体になるのか獣になるかは分からないが、
いずれにしても、五次元に上がる人と振るい落とされる人に分かれる。
その落とされる人が、人口の半分もいるらしい。

日本にいるからと言って安泰では、ない。
日本に生まれた人は、霊性や精神性が高い人が人が多いのですが、
それを活かす事もなく生きていれば当然の事ながら落とされる。

今、地球の次元上昇が加速するのと同時に、
エナジーバンパイアや憑依されている人も増加しているらしい。

今、幽界が消滅したとか、
消滅しつつあると言う話を
聞いた事がある人も多いと思いますが、
幽界が消滅したからと言って幽霊も消滅するわけではない。

これまで、幽界にいた霊は、
霊界に行くのが本来の在り方のようですが、
霊界に上がれず、幽界にいた行き場をなくした
霊達が人間に憑依する事は、今まで以上に起こり得る。

憑依される者は、元々そうでしたが、
自分の心の隙故に入り込まれる。その隙を狙っている存在が、
今までよりもドっと増えたと言う事のようです。

私の個人的な例えだと刑務所にいる囚人を、
一斉に娑婆に出したような事かもしれません。

今、ニュースなどでも
世にも恐ろしい事件が多いと思いませんか?

幽界の大掃除は、終わった。しかし、
幽霊の大掃除が終わっていないので、
人間に憑依すると言う方法を取る霊も多い。
しかし、憑依される人間も自分に責任がある。

心が隙だらけだと、あっと言う間に、
魔に入り込まれる時代のようです。

今は、上がるか下がるかの正念場。

心に隙がある状態とは、
怠け心。怒り癖。執着。依存。甘え。
これが強力だったり強烈だったり、
すればするほど悪霊の餌食となり憑依される。

妬み、僻み、恨み、嫉妬、イライラ、復讐心、
これらの感情を感じる事が、やたら多ければ、
すでに憑依されているかもしれないし、
すぐに憑依されてしまう状態である。

では、憑依された者に危害を加えられたなどの
被害者は、本当に被害者なのか?と言う事ですが、
難しい問題ですし、受け入れ難い事でもあると思いますが、
深い部分では、これすらも、
本人に責任があると言う事になるようです。

今、流行のスピリチュアルごっこのように、
楽して楽しく不思議だけを
求めているようでは、ダメなようです。

火と水で神。火水の力によって、
魂や心の状態で振るい分けられる。
波動で観たら、すべての人間の事は、お見通し。

助けてくれ。助けて欲しい。これも依存心。
時には、人を頼る事はいいのですが、
いつも、この状態では、低級霊の餌食となる。

霊能者も、あまりお役に立たない。
現状の霊能者が太刀打ち出来ない程の憑依。
そのような事が起きているそうです。

少し耳の痛い話ではありますが、
厳しい道ほど、厳しい人ほど、厳しい言葉ほど、
有り難い。嫌な人ほど気づきを与えてくれているから有り難い。

そっちの水は、甘いぞと行ってたら、あっと言う間に堕ちてしまう。

怠けるな。怠るな。敢えて厳しい道を歩け。

自分を甘やかすな。自分に厳しく人に優しくあれ。

私も最初に、この話を聞いた時は、
恐ろしいとも思いましたが、
崩壊したような三次元の地球に
肉体を持ったまま生き続ける事の方が、
よっぽど恐ろしい事かもしれず、
それぞの魂が納得の上で、
ふわさしい時期に旅立つのかもしれません。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, スピリチュアルな危険, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.