ビジネス 世の中の事など 日記

ビジネスの基本は、集客???

投稿日:

無人島に一人でいても、
ネット環境が整っていれば、
ビジネスは、出来ます。

大都会に一人でいても、
ビジネスは、出来ます。

しかし、無人島にいる人が集客が上手くて、
大都会にいる人が集客が下手であれば、
無人島にいる人の方が稼げるでしょう。

例えば、大根1本売るにしても、
買ってくれる人がいなければ成り立ちません。

同じ人に何度も売るのか、
不特定多数の人に売るかの違いはありますが、
集客0人だと商売になりません。

ゼロ×ゼロでは、永遠にゼロです。
ゼロ×1でもゼロです。

世の中の多くのビジネスが廃業していく理由も、
この集客が上手く行かなかったから
と言う事も多いようです。

分かりやすい例が飲食店ですよね。

お客様が0人である日が続けば、遅かれ早かれ、
そのお店は、潰れる事になるでしょう。

腕は、関係がない???流行る飲食店と流行らない飲食店の違い・・・

宣伝が上手くて人が来ても、
人が離れて行くと言う問題もあったりしますが、
最初の要は、まず、一人のお客様に来てもらう事です。

だけど、SNSなどを利用して宣伝ばかりが上手くても、
お客様の心が動かない商売であれば人は、
他に流れて行ってしまうと思います。

集客は、一人のお客様が来る事からはじまるのですが、
心が動かないビジネスでは、行き詰ると思います。
だから、良い意味で人の心が動く所にお金は、動きやすい。

逆もありますけどね。不安や恐れを煽ってお金を動かす。
(これからの時代は、これは、もう大失敗の道だと思います。)

ビジネス上のテクニックやノウハウを実践し、
結果が出ているように見えても、
肝心な人の心に目が届かないのであれば、
やがて人が離れ行く事になるでしょう。

私は、集客のコツは、感動だと思っています。

小さな感動から大きな感動まであると思いますが、
映画などでも人が観て感動するから制作費を
何億円も投入しても元が取れて儲けが出たりします。

ユーチューブなどで炎上商法と呼ばれるモノがありますが、
常識や限度をわきまえた範囲であれば、それもありだと思います。
シバターさんなどは、昔と比べて過激な動画を出さなくなりました。

限度が分からない人が次から次へと現れて問題を起こしているので、
今、ユーチューブの広告規制は、かなり厳しいものになっているようです。

昨年秋のユーチューブの規約変更・・・収益化停止祭り・・・

インターネットの出現によってビジネスのPRは、
やりやすくなったかもしれませんが、
リアルビジネスでもネットビジネスでも、
人と人が関わる仕組みは、変わりません。

ロボット対ロボットでは、ありません。

心や感情が動く所にお金も動きます。

株やFXなどは、少し事情が違うかもしれませんが、
株式市場と言うのも人の心の動きが
無関係ではないと私は、思っています。

そして、どれほど素晴らしい事をやっていても、
どれほど素晴らしい心の持ち主であっても、
誰の目にも止まらなければ、集客0で仕事になりません。

集客と言うのは、まず人の目を向けさせること。

昔から看板だったりチラシだったり、
雑誌広告だったりで行われている事です。

それが今は、ネット広告が、
プラスアルファで行われるようになりました。

集客方法がネットだけで
成り立っているビジネスも多いでしょう。

だけど、ネット集客にしても、
一番の軸と言うか基本と言うか、
ネットがなかった時代の、
昔からのシンプルな仕組みは、
変わっていないとも思います。

街を歩いていれば色んな場所で、
人が集まっているお店や
イベントなどを見る事が出来ます。

そこには何故、人が集まっているのかに
思いを馳せる習慣も大事でしょう。

パワースポットや神社などでも、
御利益がありそうだとか癒されると言った理由で
多くの人が訪れる場所があちこちにあります。

芸能人など有名人の元へは人が集まります。
一人の人間がブランドになっているからです。

今、普通の人でも何とかのカリスマとか、
狭い世界での有名人になっている事があるようです。
有名人になると人が集まります。ビジネスが出来ます。

そして、ビジネスをやると言うのは、
当たり前ですが、お金を頂くこと。

商売として、お金を頂くとは、三方良しであること。

損して得を取れと言う言葉もありますが、
サービス提供者が損し続けていたら、そのビジネスは、潰れ、
三方良しには、なりません。いくらおいしい料理を安く提供して、
繁盛していても、利益が出ていなければ、その商売は、失敗です。

一時の宣伝活動として、オープン記念日やイベントなどで、
有料の物を無料にしたり粗品を配ったり
と言うので赤字でもやると言うのは、
損して得を取れに当てはまる事だと思いますが、
商売をやる側が損をし続けていては、ビジネスとしては、成り立たない。

基本的には、しっかりお金を頂いた上で喜んで貰えること。

儲けと言う字は、信じる者だと言っていた人がいましたが、
信じて騙されて失敗した人もいます。だけど、何も信じていなければ、
儲けも出ないとも思います。信じる事は神事ること。

経営者の多くは、見えない何かを信じている事も多いです。

現実は、陰陽。見えない世界と
見える世界とで成り立っています。

お客を信じ、自分を信じ、仲間を信じ、
見えない存在を信じること。

色んな成功者のノウハウも、そこだけを真似しても、
恐らくは、上手く行かない事の方が多いと思います。

スポンサーリンク



-ビジネス, 世の中の事など, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.