スピリチュアルな有名人  動画

「女神の館」のKAORIさん

投稿日:

目醒めの為のアロマTVと言う
ユーチューブ配信をされているKAORIさん。

KAORIさんのユーチューブ

KAORIさんのアメブロ

自分軸の話

私達の本来の姿は、源。
地球を越えて宇宙に広がる源。
それが私達の本来の姿。

光そのもの、愛そのものの姿。

源と自分自身の間に、ハイヤーセルフがある。
私達は、源の存在ですが、波動を落として
肉体を持つ事によって、
直接、源の感覚を取る事が難しくなっている。

ハイヤーセルフは、源と私自身を繋ぐ役目。

だから、ハイヤーセルフと繋がれば源とも繋がる。

天使やマスター達と繋がるのも
ハイヤーセルフを媒介として繋がる。

私達は、元々、幸せそのものの存在。
これが、本来の私達の自分軸。

統合ワークなども、この位置で手放すといい。

現実に、のめり込めば、のめり込むほど、
自分軸からは、ズレて行く事が多い。

現実が変わらないのは、力んでいる事が多い。
力んでいる時は、その現実に力を与えている。
問題だと思っている事は、自分で力を注いでいる。

愛そのモノで自分が満たされている状態だと
現実を一瞬で切り替える事も出来る。
自分が見たい現実を選んで見る事が出来る。

目の前の現実は、それまでに自分が出して来た
バイブレーション。波動の結果として映し出されている。

だから、現実を変えようとするのではなく、
現実に、入り込むのではなく、
バイブレーション。波動を変えた方が、
現実を替えやすい。現実を見て自分の波動を調整する。

目醒めとは?

目醒めとは、本来の自分に戻ること。

そもそも人間になる為には、
波動を重くしないと人間として
地球に降りて来れなかった。

今は、地球が3次元から5次元へと上昇する時。

もう、重くしていた錘は、必要、ない。

だけど、私は、目醒めますと言いながら、
三次元密度での遊びをしていたら眠りの方に行く。

眠りとは、現実に、どっぷり浸かっている状態。
現実に、のめり込んでいる状態。

現実は、過去の自分が創り出した投影。

意識は、肉体の中にあるわけでは、ない。
意識は、肉体の外。肉体の上にある。
意識は、肉体の外に広がる雄大なモノ。
意識の状態が変われば、現実が替わる。

意識は、肉体の上にあってハートで感じている。

現実を映し出しているのは、ハートの周波数。
私のハートが映写機となりスクリーンに投影している。

現実を変えようとするのは、
スクリーンに映っている映像を変えようとしていること。
人を変えようとする事も同じでしょう。

現実を変えたければ、私自身のハートの周波数を変えること。
ハートの周波数をカシャっと変えれば現実もカシャっと替わる。

現実は、真っ白な映画のスクリーン。
私のハートの周波数を、そこに投影して映し出している。

嫌な思い出や感情は、カシャっと手放す。
そして、好きな風景のイメージをする。
好きな風景で気持ちよくなった周波数を
カシャっと自分のハートに入れる。

現実は、私の周波数で自由自在に切り替える事が出来る。
TVのチャンネルを切り替えるのと同じ要領。

最初は、切り替える事が難しくても、
現実を一歩引いた目線で見るような癖付けをする。

イメージの世界でよいから、
嫌なモノをカシャっと取り外し、
好きなモノをカシャっと入れる。

自分が、こうだったら、
いいなと思うモノを
カシャっと入れる。

私のバイブレーションで現実を創っている。
現実が心地良くないモノであれば、
握っていたバイブレーションを一旦、手放して、
光に変えて自分に戻す。

現実に感情移入すればするほど、
現実が幻想だと思えず、のめり込む。
現実をリアルなモノだと思っている間は、変えられない。

現実を見て現実を使って現実を変える。

現実は、外側。外側は、投影された世界。
現実を創り出している大元である内面。
自分のハートの周波数に意識を向ける。

ハートの感情に集中する事が大切。
すべての答えは、自分のハートの中にある。
両手をハートに手を当ててみてハートの
温かさを感じると意図するだけでも良い。
それをやっていると感じ取れるようになる。

覚醒の話

私達は、今まで頭を使って
思考であれこれしていた状態。
それは、眠っていた状態でもある。

これからは、ハートで生きる時代。

ハートで生きるようになると意識の反転が起きる。
(意識の反転にも何段階かあるようです。)

この意識の反転が起こった時が、覚醒。

覚醒とは、目醒めた意識状態になること。

ハイヤーセルフそのものの意識状態になる。

その時は、自分が創造主である事が
腑に落ちて分かるようになる。

スポンサーリンク



-スピリチュアルな有名人 , 動画

Copyright© 思考の治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.