ビジネス ユーチューバー 動画 日記

昨年秋のユーチューブの規約変更・・・収益化停止祭り・・・

更新日:

今、ユーチューブ大人気ですし、
ユーチューブになりたい人も多く、
ユーチューブをはじめる人も増え、
視聴者として見ている人も増えています。

ユーチューブで稼ぐには、
広告収入と言う形で稼いでいる人が多いです。
その広告収入を得る事については、
ちょくちょく規約変更があったりもします。

これからユーチューブをやって
お金を稼ごうと思っている人も規約は、
知っておいた方がいい事だと思います。

ユーチューブの収益化と言うのは、動画に付く広告。
ユーチューブアドセンスで成り立っているのですが、

昨年の秋ぐらいに収益停止祭りと呼ばれるぐらい
色んな人の動画の収益が停止されたそうです。

グーグルの規約変更によって、色んなチャンネルで、
次々に収益が無効化されると言う事が行われました。

それと同時にチャンネル登録者数1000人以上でないと
収益化が出来なくなると言うルール変更も出来ました。

しかし、登録者数1000人以上いる人の多くの
チャンネルでも収益化の無効化が行われました。

どのような動画の収益が無効化されたのでしょうか?

まず、文字だけのスライドショーや
スクロールメインの動画。
漫画と音声だけで作られた動画。

それらのすべてではないですが、その類の
多くのチャンネルの収益化が無効化されたそうです。

静止画系の動画に対しては、かなり厳しい
審査が入るようになったのではないか?と言われています。

収益が無効化と言うのは、一言で言えば、
ユーチューブでお金が稼げなくなる。
お金は、1円も稼げないようになる。
しかし、動画が投稿できなくなるわけでは、ない。

これまで通り動画投稿は、出来る。

本当に完全な趣味での動画投稿なら、
1円のお金を稼ぐ事が出来なくなっても
問題ないかもしれません。

だけど、趣味兼、お小遣い稼ぎの人も、たくさんいます。
本業でユーチューブ1本でやっている人もいます。

それで収益無効化は、痛かったと思います。

本当に職業としてやって行こうとしていた人達は、
ユーチューブにカメラやら企画などの資金を投入していたりもします。

収益化停止は、ある日、突然、
仕事を失ったようなモノだと思います。

職業柄、他の仕事が無理なような人もいるでしょう。

収益化無効になった人達が、今、
どうされているのかは、分かりませんが、
ユーチューバーとして生活にするには、
このような危険もあると言う事です。

事務所に所属している大手さんは、
その辺は、周りの方が上手い事やってくれるかもしれませんが、
ユーチューバーとして名前も知られていない私達は、
一人一人が自分で判断して自分で気を付けなければ、なりません。

だけど、ユーチューブに動画を上げると言う事は、
ユーチューブと言う土俵を利用させて頂いているわけで、
土俵のルールが変われば、それに従うのが
土俵に上がる者としての礼儀だとも思います。

ユーチューブも、ちょくちょく
ルール変更をされているようですので、
どこまでがOKでどこまでがNGなのか?
と言う部分が、分かり辛くもありますが、
ユーチューブとして、グーグルとして、
なるべく、健全で、クリーンな状態を望んでいるのが、
昔も今も変わらない思いであるでしょう。

そのルールに、そぐわないモノは、排除される傾向にあります。
自分自身に、そのつもりはなくとも、そうなる事もあります。
(ここが、怖いところでもあります。)

ユーチューブも誰でも参入出来る媒体なので、
どうしても厳しくしないとならない部分もあると思います。

過去のユーチューブは、
テレビと比べてコンプライアンス的な部分で
無法地帯だと言われていた時期もありました。

それが、今、整備されつつあって、
今後、ユーチューブは、今よりも、
もっと健全でクリーンな媒体になる事でしょう。

ユーチューブに動画投稿する方、一人一人が、
そのイメージに沿うような動画を作るという事が、
ユーチューブを利用する上で求められている事だと思います。

規約が厳しくなったのは、確かだと思いますが、
逆に今までが甘すぎた部分もあったのかもしれません。

また、ネットで稼げるようになると
調子に乗ってしまう側面もあります。
ネットで稼ぐ一発屋と言う現象もあります。

一時、動画やブログなどで、
波に乗って大金を稼ぐ事が出来ていても、
その波が落ち着いたら
稼げなくなると言う現象が起きたりします。

ユーチューブの動画で言えば、
凄く人気の出た動画があるとします。
その動画で滅茶苦茶に稼いでいたとしても、
その動画が、いつまでも人気があるわけでは、ない。

収益停止ではなくても、
人気が衰えて稼げなくなると言う事もあります。

でも、↑の動画の方は、
よくここまで自己分析が出来たなぁと思います。

さらに今年の12月から導入されると
言われているユーチューブの新規約では、
ユーチューブ側が独自の裁量で
採算が合わないと判断した
動画チャンネルを削除出来る
と言うモノが出来たらしいです。

と言う事で、再生数が少ないチャンネルや
活動停止をしているチャンネルが結構、
削除されて行くかもしれないと言われています。

もしかしたらチャンネル削除祭りが、はじまるかもしれません。

スポンサーリンク



-ビジネス, ユーチューバー, 動画, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.