スピリチュアル 日記

そろそろ門が閉まっちゃう~???

更新日:

並木良和さんの情報ですと、
2020年の3月で目覚めのゲートが閉じ始め、
2020年の8月には、完全に閉じると
言うような事を言われていたと思います。

2020年の3月にしろ、8月にしろ、
どちらにしても、その時期は、すぐそこに来ています。

太陽が昇って沈むような事なので、
この流れは、変える事は、出来ないようです。

これが、分離、二極化とか言われている事なのかもしれません。

2020年からは、流れがガラっと変わるとも言われています。

統合とかアセンションとか、
ゲートが閉まると言われていますが、
目覚めていない人が、やたら周りを
何とかしようとしている事も、よくあるそうです。

周りの人を目覚めさせる前に、
まず、自分自身が目覚める事だと思います。

目覚めた人の影響が周囲に及ぶと言われています。

そして、自分自身が、目覚めよう、目覚めようとして、
それでも、目覚められなかったのなら、
それは、それでいいのかなぁと私は、思います。

それでいいと言いますか、
閉まってしまった以上は、
もう、どうにもならないですからね。

目覚めなくても、今までと変わらない毎日が続く人達もいるそうで、
それは、それでいいのではないか?と思います。

しかし、目覚めないと、今までよりも、
色々と大変な事が起きる人達も、結構、出てくるそうです。

だからこそ、このような情報を知った人は、
私を含め、目覚めたいと思う人が多いのでしょう。

目覚めるには、どうしたらいいのか?

外側ではなく、内側に意識を向ける。
外側の人間ドラマに、はまらないこと。
ネガティブな重たい周波数を手放すこと。

これについては、並木良和さんや
関野あやこさんの話が参考になるでしょう。

並木良和(なみきよしかず)さん・・・・

関野あやこさん・・・

吉野太さんのイベントに行って来ました。。。

現実と言うスクリーンに映った映像に、
マジになって突っ込んで行ったのが、
今までの私達であったようで、
今は、そのゲームを終わらせようと言う流れのようです。

並木さんの話で、眠り続ける人と、
目覚めに向かう人との分かりやすい言葉がありました。

眠ると決めた人は、
「あいつのせい、あのことのせい」と
人のせいにし続けます。

目を覚ます組に入った人は
目を覚ました人向けにくるエネルギーを
どんどん受け取ります。

イベントなどに行かれるのも良いと思いますが、
今現在、時間や、お金の問題で行けない人もいると思います。
ユーチューブなどでも統合ワークの動画や目覚めについての話が、
色々見られるようなので、それらも参考にされるといいかもしれません。

現実は、自分の意識が映し出した映像に過ぎない。
それがフィルムで、そのフィルムを変えれば、現実が替わる。

自分自身が、どのような周波数で、
存在しているかで体験する現実が変わる。

バシャールも、こう言っています。
あなた方の言うところの物理的な現実は、
あなた方の状態、あなた方の意識が映し出されたものなのです。

あなた方の外側には実際には何も無いのです。

他人と言う存在も、自分を360度の角度で見せられているとも言います。

状況や環境を変えても、自分が変わっていなければ、
また周りに似たり寄ったりの人が現れる。

すべては、自分の内面で起きている。

目覚める事が出来ようが出来まいが、
もうすぐゲートが閉まるのであれば、
目覚めようとして生きた方が、
得な生き方になるような気がします。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.