スピリチュアル 日記

吉野太さんのイベントに行って来ました。。。

更新日:

孤独コンサルタントの吉野太(よしの ふとし)さん・・・

今回、私、7/28日に京都で行われた
吉野太さんの虹の教室に行って来ました。

私、並木さんの本を読んだりして
統合についての情報も知ってはいますが、
それを実践しているか?と言えば、ほとんどしていません。
少しやったつもりになったと言いますか、
やってみた振りをした程度でしょう。

2020年の3月頃にゲートが閉まると言われているのに、
私も、ちょっと、のんびりし過ぎたような気がします。。。

バシャールが言っていた全速力で走らないと.
アセンションの列車に間に合わないみたいな事は、
この事だったのかもしれません。
(しかし、タイムラインと言うのは、人それぞれ違うそうです。)

目覚めとは、どんなモノか?
吉野さんが語る統合とは、どんなモノか?
聞いてみたいなぁと思い行って来ました。

7/28日の開催でしたが、
私が申し込んだのは、7/25日。
滑り込みセーフで定員に入れました。

当然と言えば当然なのかもしれませんが、
女性の参加者の方が大多数であったような気がします。

しかし、会場に入ってから、
我ながらバカだなぁと思ったのは、
2時間半の内容なのに、紙もペンも何も持たず、
手ぶらで参加した事です。

だけど、重要な事だけは、覚えたつもり・・・です。

意識を下に、下に、下げて行くと
やすらぎのポイントに辿り着く。
ここに意識を置くこと。

横隔膜で呼吸すること。

普段の呼吸で横隔膜で呼吸する事を意識する。
横隔膜を常に柔らかく動かせるようになると、
感情の対応が楽になるそうです。
イライラしたりしてもパッと切り離す事が出来る。

大脳ではなく、思考を下げて、
小脳、中脳で、思考する。
(小脳、中脳の辺に発光体があるから、
あぁ、ここかと分かるらしい。。。)

小脳、中脳、
そして透明なハート。
この三つで三位一体。音になる。

スピリチュアルな世界では、
有名人で素晴らしい話を伝えながらも、
眠りの意識のままの人も多くいるらしい。

統合は、自分軸が変わる事で可能になるそうです。

自分軸を変えるとタイムラインが変わる。

タイムラインは、イコールで自分軸である。

最近の吉野さんのブログに
インドのakikoさんの事も書かれてありました。
どうやら、三人の会の方とは、音が違うそうです。

同じような表現、
似たような言葉を使っていても、
音が違うらしい。

インドのakikoさん makoさん 大切な認識

この場所からズレは産まれてます”

チヒロ☆なうの2019 15の動画を拝見しました。
吉野太さんのコメントで、
インドのakikoさんからは
「統合の手前で止まった時の声」を観じます、
とありますので、akikoさんも、一歩何らかの、
きっかけがあれば、目覚められる人なのかもしれません。

akikoさんも、最近、統合の動画を出されました。

音がある場所がタイムライン。

私が統合意識になれば、すべてを変えられる。

他人も変えられるし、現実も変えられる。

眠りの意識は、分離意識。依存やら不安やら不足感が抜けない。

無と空

吉野さんは、無と空の違いについて、こう言っています。

「無は、無であり、
無に何かが加わると空になる」

サイババさんも死後、あの世に還って、
こう言ったと言う言葉があります。
その言葉は、「あぁ、なんだ。夢だったのか」

この世のすべては、夢である。

バシャールは、寝て見る夢の方が、
本当の現実に近いと言います。

スピリチュアルな話でもよく聞く言葉ですが、
すべては、自分の中で起きていると言います。

私達は、生まれると言う夢を見て、死ぬと言う夢を見る。
だから、生まれてもいないし、死ぬ事もない。

すべての体験も夢。
ああ言う体験をした、こう言う体験をしたと言うのは、
あんな夢を見た。こんな夢を見たと言うのと同じこと。

すべては、神が見ている夢の中のこと。

魂の体験は、あるけれど、
魂に成長は、ない。
魂は、元々、完璧なもの。

と言う事は、魂の目的は、体験。
色々、体験したくて生まれて来ている。

分離意識と統合意識の違い

不足感を持っている自分が分離意識。
分離意識は、その不足感を埋めようとする。

不足感は、埋めるのではなく、ただの体験だと見抜くこと。

私の不足感の捉え方が変われば、現実を変えられる。

統合意識になると、分離意識から抜けたと、
自分自身でハッキリと、そう分かるそうです。

だから、誰かに統合意識になっているか?を
聞いている間は、まだ眠りの中であるらしい。

統合意識と言うのは、一言で言えば、
自分を人間ではないと思う事。

並木さんと吉野さんの違い

並木さんと吉野さんの決定的な違いは、
スタートラインの違いだと言います。

並木さんにしても、矢作さんにしても、はせくらさんにしても、
スタート地点において、私達とは、かけ離れた所にいた。
吉野さんは、私達の近くにいた。
だからこそ、参考になる事があると思います。

並木さんのイベントも素晴らしいと思いますが、
(私は、まだ行った事がないですが。。。)
芸能人やアイドルのコンサートに行くような感覚で、
会場に行った時だけワーッとなると言うような罠?もあるようです。

スポットライト

上から照らすは、外向き。
スポットライトを浴びているのは、外向き。

統合意識は、底から照らす。自分が光。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.