どうでもいいこと 日記 筋トレ

まずは、一キロのバルクアップ。。。

更新日:

5キロ、10キロ以上の増量を狙って、
体重ばかりを気にしても、
中々、増えずに落ち込む事も多いです。

お金でも、1円の積み重ねが、100円、千円、万円になります。
体重も1g、1キロの積み重ねが増量になります。

だから、まずは、1キロの増量。

作家でありながら、ボディービルもされていた
三島由紀夫さんと言う方がいます。

三島由紀夫さんが体を鍛えるきっかけになったのは、
美輪明宏さんだったそうです。二人でダンスをしていた時に、
美輪さんは、正直に、三島さんの体は、
虚弱体質で貧相だと言うような事を言ったそうです。

それが、三島由紀夫さんの逆鱗に触れ、
怒って、帰ってしまったそうです。

美輪明宏さんも、傷つけるような事を
言ってしまった事を深く反省したそうですが、
その後、音信不通になったそうです。

そして、半年ぐらい経った頃に連絡が入り、
会ったら、あの華奢な体が、
見事な体になっていたので美輪さんも、驚いたそうです。
三島由紀夫さんは、美輪さんから言われた一言で傷ついて、
ショックを受けながらも、
そのエネルギーを体を鍛えると言う事に使い、
ボディビルのジムに通われていたのですね。

今、ボディービルダーとして活躍されている人の中には、
過去には、ガリガリと呼ばれていた人達も、多いそうです。

ガリガリと言うコンプレックスが体を鍛える原動力になる。
ならない人もいますが、それは、個人の解釈の問題だと思います。

三島さんも、傷つく一言を言われて、
体を鍛える事もしなければ、
美輪さんとの関係も、そこで終わっていたかもしれません。

同じガリガリでも、何もしない人もいると思います。
私も、昔は、私自身の体型は、
何をどうしても、太らない体質だと思っていました。
だけど、その思い込みこそが、
自分の体型を作っていた要素でもあったと思います。

体を鍛えても、無理して食べても、太れない。
太れないと言う、その思い込みこそが、
太れない体を作っているかもしれないです。

私は、以前、私の体重は、増えない。太りずらい。
何をどうしても体重は、増えないと思っていました。

私は、今も痩せています。相変わらず、食べる量も少ないので、
今は、57ぐらいになていますが、(以前は、50キロもありませんでした。)
意図的に、60ぐらいまで増やす事は、それほど難しくないです。
プロテインを飲まずとも、多少の時間をかければ、
それぐらいまでは、増やす事が出来ます。
だけど、昔は、絶対に、無理だと思い込んでいました。

この思い込みを外す事が、体型を変える方法だと思います。

だから、痩せたい人、太りたい人、どちらにも使えるマインドです。

太れない。痩せられないのマインドから、太れる。増やせる。
ダイエット目的の人は、痩せられる。こちらの方に変化させる。
そうすると体を動かす事にも、モチベーションが上がる。

筋トレに関しては、基本的に、私は、今でも自重のみの運動しかしていません。

していませんが、ジムなどに行く余裕がある方は、その道の方が、

結果が出るのも早いと思います。

本格的なジムでなくても、市営のジムでも、バーベルなど、

それなりに活用できるものがあります。

私のように自重のみでも、

例えば、ディップスや懸垂などは、

家に何もなくても、公園などで使えるモノが設置している事が多いです。

体重こそ変わらなくても、体つきに変化は、出てきます。

だけど、体重が軽い間は、服を脱いだら分かるぐらいの変化です。

目標としては、服を着た状態で分かるぐらいの変化が望ましいですね。

Kー1で魔裟斗さんとも対戦した事がある
ムエタイ選手のブアカーオ選手は、
ほとんどが自重トレーニングで付けた筋肉であるそうです。
体操選手なんかもそうですよね?

また、全然、関係ないですが、
安物の体重計だと正確に測れていない事もあります。

私も、以前、体重計に乗った直後に、
また乗ってみた事がありました。
その時に、1キロ以上違ったので、
あれ?と思い、また乗ってみました。

結局、連続して、10回ぐらい乗ってみましたが、
毎回、体重が変わっていました。

振動とかの要素もあったかもしれませんが、
それがないように、一応は、気をつけました。

30秒も立たない間に、体重が変化するはずもなく、
体重計の故障まではいかないと思いますが、
安物だと、1キロぐらいの誤差と言うモノが生じる事があります。

また、痩せすぎ体質の人は、
食べても太れない人もいれば、
食べられない人もいます。

私の場合は、後者になりますが、
少量を、何回か食べると言うふうに
食事量を増やすと言う方法にしています。

少量とは、子供のお菓子みたいなものや、
ゼリー1個などもそうです。

そのような間食を、わざと増やしていく。

カロリー的には、全然、効果がないと思える物でもいい。
例えば、うまい棒、一個とか。
勿論、うまい棒で体重が増える事は、ないのですが、
とにかく間食する癖を付ける。そして、徐々に食べる量を増やす。

また、どうあがいても、それも出来ないと言う事であれば、
胃腸などの問題があるのかもしれないので、
その場合は、医者に行く事も必要でしょう。

あとは、漢方薬で胃腸を良くしたり、
体重を増やしたと言う人もいます。

痩せたい人が痩せる事が難しいように、
太りたい人が太る事は、大変な事です。

食べるのもトレーニングのうちだと言います。

昔、私の家の近所で薬局をやっていた人が、
漢方薬も扱っていましたが、体重を増やしたい人には、
これが、お薦めですよと、漢方薬を紹介してきた事がありましたが、
一瓶で2万円もする代物でありました。勿論、買いませんでした。

だけど、その人は、結構、自信があったようで、
自分自身も、その漢方薬を活用して体を大きくされ、
体重を増やしたい人を集めて、そのような指導もしていたそうです。
イメージトレーニングの重要性についても語られていました。

自分の理想体型になったイメージをすること。

これも、イメージする事でモチベーションが上がり、
行動に結びつくと言う事であります。

そして、その人の話で意外だったのは、
体重を増やす為にジョギングをすると言う話でした。
(私は、やっていませんが。。。)

有酸素運動は、太る為には、
しない方がいいと言う話は、よく聞きますが、

その人が言うには、300メートルぐらいの
距離を走り込む事を取り入れると良いと言う事でした。

でも、言われてみれば、中高生が部活で
毎日10キロなどの走り込みをする事で
体格が良くなると言う事があります。

年齢なども関係あると思いますが、
走り込みで骨が太くなると言う要素や
足の筋肉が付くと言う事は、あるのかもしれません。

成長期であれば、背が伸びると言う事もあるでしょう。

私は、走る事は、やっていませんが、

山に登ったり長時間歩いたり、一般的には、
体重が減ると思われるような事をしていた時期に、

体重が増えた事もありました。50キロの壁が越えられない時に、

そのような事をして、53キロぐらいまでになりました。

今、思えば、足の筋肉を付ける為に、必要な動きをしていたのだと思います。

例えば、私のケースで言えば、50キロの壁が越えられない時期に、
51になれば、モチベーションが上がったものです。
すぐに元に戻るので落ち込みましたが、
一度でも、51になれば、また51にすればいい。
その繰り返しの中で、52、53、と増やしていきました。

今は、まだ60の壁がありますが、
この壁も、過去には、越えた事もあります。
なので、1キロの変化を喜ぶ。
まずは、一時的でいいので1キロを増やす。
この繰り返しが体重がアップになると思います。

私は、まだ試していませんが、
今後、体重アップの為に購入予定の物が粉飴です。
レビューなどを見ると体重アップが期待できそうです。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと, 日記, 筋トレ

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.