スピリチュアル 日記

久々に人生のシナリオの話

更新日:

スピリチュアルな話の中には、
人生がすべて決まっていると言う話があります。
スピリチュアルを語る人の中でも、
100%決まっていると言う人もいれば、
そうではないと言う人もいます。

しかし、矛盾しているようですが、
どちらも、正しい事だと思います。

まず、100%決まっているから、
変更が不可能かと言えば、そうでは、ない。
100%決まっている事を受け入れるから、
変更が可能になるのだと思います。

シナリオの変更は、今までの完璧な台本があったと知る事。
受け入れきれてないと、今のままの台本が続きます。
受け入れきれてないと、シナリオの変更が難しいと思います。

あんな毒親だった。家庭内のゴタゴタばかりだった。
ろくな奴が寄って来なかった。辛く苦しい事ばかりだった。
それも、すべてシナリオ通りでありました。

だから、文句を言う相手は、どこにも、いません。
自分自身が、そのシナリオを作り、台本通りに展開してきました。
だけど、それを受け入れる事が、台本を作り変える方法だと思います。

人生のシナリオの話を最初に提唱したのは、
恐らく、小林正観さんだったと思います。
それ以前にもいたかもしれませんが、
この話を有名にされたのが小林正観さんだと思います。

その小林正観さんも、こうおっしゃってました。
人生は、100%決まっていて、神の承諾を受けた事しか起きない。
しかし、100%決まっている事を受け入れた時に、
100%自由になると言う不思議な宇宙構造になっている。

この事が、シナリオと言う台本からの脱却であると思います。

ああじゃない、こうじゃない、そんなはずがない。
そんなバカな話があるか。どう思っていてもいいのですが、
100%決まっている事を受けいれた方が、人生が楽になり、
スムーズに流れるような気がします。

美空ひばりさんの名曲「川の流れのように」は、
大ヒット曲で、今も色んな所で耳にして、
誰もが知っている曲になっていますが、
これは、恐らく、魂の歌で、
みんなが、魂では、この事を知っているから、
この歌とメロディーに共感するのだと思います。

私達の魂は、川の流れに乗って流れている。
それに、抵抗しなければスムーズに流れる。
抵抗すればするほど、川の中で、もがき苦しみ、
バタバタしている状態なのかもしれない。

自分が書いた人生のシナリオがある。
誰か別の人が書いて演じているわけではない。
自分で書いて、自分で体験している。
シナリオは、生まれ出る前に、私の魂が書いたそうです。

だから、100%決まっている事を受け入れる事も、
否定する事も、自分の魂が決めてきているのかもしれない。

いつどこで、何が起きて、どうなるか。
そのすべてが、決まっていたと言う事です。
だけども、このシナリオは、変更も可能だと言う事です。

そして、今日までの人生のすべてを、
自分が書いた台本通りに歩んできた事を受け入れれば、
誰かを憎んだり恨んだりする事は、出来ないはずです。
何故なら、自分自身が、すべてを決めて来たからです。

(最後のこの部分を書いている時に、
どこからともなく、正観さんの声が聴こえてきました。)

驚愕の縁結び成就率!当たる本格電話占い霊場天扉

私の魂は、必ず、その道を通ってくるようになっていた。
そうでなければ、私自身が、気づいたり、学んだりできなかった。
一歩でも違う道を歩んでいたら、私は、気づけないし学ばなかった。

私は、どうも、そのような気がしています。

しかし、小林正観さんの話の中で、
ふと疑問に思った事もあります。

正観さんは、人の人相が見れたので、
死ぬ日が決まっている事が分かったそうですが、
誕生日と死ぬ日が決まっていても、
その中身までが、決まっていたかどうかは、
分からないのではないか?と言う事です。

それでも、やっぱり決まっているのかもしれませんが、
決まっていないと思っていた方が、
自由な気持ちで生きられるかもしれません。

だから、すべて決まっていたとしても、
こんな話は、もしかしたら知らない方がいいのかもしれない。

すべての寿命は、
決まっている・・・

どうやら、この世に生きる、
あらゆる生き物、あらゆる人々。

それらの寿命は、決まっているようです。

寿命だけが決まっていたのか、
寿命までもが決まっていたのか、
それは、分かりませんが、寿命だけは、
決まっていたとしか思えないのです。

私達には、誕生日がありますが、
これは、変える事は、出来ません。

あの世に帰る日も、誕生日とセットです。
誕生日が変えられない宿命だとしたら、
あの世に旅立つ旅立ちの日も宿命であります。

寿命が延びたとか、非業の死を遂げたとか、
延命をしたとか、色々な話がありますが、
この世に来る日と、あの世に帰る日は、
自分自身が、あの世で決めて来ているようです。

寿命が近づいて来た頃には、
魂は、既に帰りたくて仕方がないのかもしれません。
それ故に、時間を逆算すると最後の方に、
現実的な事で病気であったり、その他の事で、
肉体的な終わりを遂げる事があるのでしょう。

では、自殺は、どうなる?と思うかもしれませんが、
周りに何かを伝えると言うお役目で、
そのような事さえも、決められている部分があるかもしれません。

そして、残された者達は、そこから何かを学ぶ。

勿論、色んな解釈があると思いますし、
これは、私が思う、一つの情報でしかありません。
これが、正しいと言うつもりもありません。

勿論、私も、人を殺めてはいけない。
自分と言う人も殺めてはいけないと思います。

私達は、地球の体験旅行に来ています。
二泊三日の旅行のように60年であったり70年であったりと、
短い滞在の人もいれば、長い滞在の人もいます。

だから、帰る日の事ばかりを考えないで、
過ぎた日の事ばかりを考えないで、
今、体験旅行中なのだから、今を精一杯、生きたり、
今を精一杯、楽しむ為に存在していると思います。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.