スピリチュアル 家庭内問題 日記

御霊の中に神がいる?

投稿日:

御霊は、見たままと言われるように、
御霊が、過去のすべてを記録していて、
自分の身に降り注ぐ、すべてのすべては、
因果応報の出来事であるそうです。

御霊とは、神そのもので、
私達は、神と共にある。
自分自身が神である。

その神にすべての行いを見られている。

悪い事ばかりが起きるとしたら、
その因果が自分にもあったと言う事です。
神の祟りなどない。ないですが、自分のやった事の
結果として、祟りのように見える事が起きたりする。
それは、今世だけの原因ではないかもしれない。

因果とは、陰果がでもあり、
見えないように、バレないようにやった事も、
すべて、見られているわけで、
御霊には、すべてが、
お見通しの因果応報であります。
それは、行動だけでなく、
心の中もお見通しであります。
御霊的には、すべてのすべてが、自業自得であります。
御霊は、あなたの魂を見たままの現実を見せています。

壁に耳あり障子に目ありと言いますが、
魂に耳あり障子に目ありで、すべてが、
御霊には、筒抜けの状態であります。

そこで、また誰かや何かのせいにして、
人を責めてばかりいれば、
その因果は、解消されないでしょう。
現実的にやるべきことは、やっていいのですが、
すべての出来事は、自分自身に原因があったと知る事です。

自分一人で出来る、ホ・オポノポノなどもありますが、
中々、効果が実感出来なかったり、
継続できなかったりと言う事もあります。

何故、ホ・オポノポノが、効果があるかと言えば、
集合的無意識にまで繋がり浄化するからだと思います。
逆に言えば、そこまで行かなければ、
効果が現れないと言う事にもなると思います。

現実は、記憶装置

ホ・オポノポノでも、
目の前の現実は、すべて、
私の記憶が創り出している事が前提です。

思考は、現実化すると言います。

自分にまったく心当たりがない事も、
自分の記憶の奥深くにあるから、
現実化している事になると思います。

人間は、記憶と感情で出来ている。

誰かや何かを何とかするのではなく、
自分の記憶装置が、すべてを創り出しているのだから、
自分の記憶を何とかするのが現実を変えたり、
良くする方法になるのでしょう。

私の記憶の反映が、現実です。

記憶と感情のクリーニング。
それが、ホ・オポノポノで可能であるそうです。
だけども、中々、根気のいる作業だと思います。
繰り返しと継続が大切らしいですが、
これが、中々、続けられなかったりします。

だけど、やる事は、簡単です。
頭の中で、ありがとう。ごめんなさい。
許してください。愛してます。
この四つの言葉を繰り返し唱えるだけです。

自分の身の周りで起きる事は、
100%自己責任で、因果応報の話とも通じます。
だけど、そうは思えず、人を責めたりしてしまうのが、
人間の弱さであり、浅はかな所でもあると思います。

原因は、遠い所にあり、
自分がすっかり忘れている事もあると思います。
時には、それが前世にまで遡るかもしれません。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 家庭内問題, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.