スピリチュアル 日記

ハイヤーセルフと繋がるには?

投稿日:

ハイヤーセルフとは、大いなる自己。
本当の自分と言われています。
私達が認識している自分と言う存在は、
大いなる自己の一部であるそうです。

ハイヤーセルフとは、どこか遠くにいる存在ではなく、
自分の中にいる魂。魂そのものと言う事が言われています。
魂そのものなので、長い輪廻転生の中でも変わる事がないそうです。
(厳密に言うと魂の中の高次元部分であるらしい。)

自分の中にいる神、内在神と言う表現を使われる方もいます。
自分の中にいる、すべて。だから、本当の自分です。

ハイヤーセルフは、高次元的存在です。
だけど、私の心や意識が高次元にいない為、
ハイヤーセルフとの結びつきを感じる事が、
少なかったりもします。

直観と呼ばれるモノの多くは、
ハイヤーセルフからのメッセージであるらしい。
(だけど、低次元の存在の声をそれだと信じてしまう人もいます。)
ハイヤーセルフからの、メッセージは、温かく深い愛がある。

優れた音楽家や画家などは、無意識の間に、
このハイヤーセルフと繋がっている事が多いそうです。

だけども、誰もが、繋がっている事は、繋がっているのですが、
その声を自我が邪魔して、聞こえなくしていたりするようです。

だから、分かりやすく、ハイヤーセルフと繋がる方法などと言う事が、
スピリチュアルな世界では、よく言われているのだと思います。

ハイヤーセルフは、すべての答えを知っている。
今世での自分の役目や天命なども知っている。

また、イライラしたり怒っていたりする時は、
ハイヤーセルフとも守護霊とも繋がれないそうです。
恐れなどがある時も、繋がりずらいそうです。
ハイヤーセルフと繋がる為のコツの一つは、シータ波になる事。
穏やかで満ち足りた感情になる事。
引き寄せの法則でsourceと繋がる事も同じ事が言われています。

私達は、誰かと話をする際に電話と言うツールを利用しますが、
ハイヤーセルフは、いつでも高次元の周波数にいるので、
こちらが高次元の周波数にならないと
繋ぐ事が出来ない電話のようなモノです。
なので、ハイヤーセルフが、メッセージを送ってくれいても、
受け手の私の周波数が低いが故に、
そのメッセージが通り過ぎて行く事は、
実は、よくある事なのかもしれません。

ハイヤーセルフは、私の人生の全体像を捉えているのに対し、
私達、人間は、狭い視野で物事を捉えている事が多いものです。

ハイヤーセルフは、
とても、その時は、納得がいかなかった事も、
後で役立つように、導いていてくれたりもします。
人との出会いや仕事との出会いもそうです。
何気なく手にした本や、雑誌、新聞、
テレビやラジオからの情報も、
何故か、その事が気になったなど。
ハイヤーセルフからの導きであるケースもあるようです。

勿論、ハイヤーセルフだけでなく、守護霊さんなども、
私達の気づかない所で、かなり動いていてくれるそうです。

高次元領域に行けば、行くほど、
ネガティブな観念が少なくなり、
すべての望みが一瞬で叶う世界であるらしい。

なので、現実を難しくしているのは、
私達の重い波動かもしれません。

スピリチュアルな事を語る人の中には、
やたら瞑想を薦める人も多くて、
私は、どうも、好きになれないのですが、
それでも、やっぱり、瞑想や呼吸と言うモノは、
高次元に繋がりやすい方法なのかもしれません。

しかし、もう一つの方法として、
一生懸命に働く事でも、
ハイヤーセルフからの導きや天啓が、
得られる事もあるそうです。
この道は、昔の素晴らしい偉人と呼ばれた人達が、
通って来た道だとも思います。

いや、偉人でなくても、一生懸命に仕事をして、
ふと、力を抜いた時に、閃きが生まれる事は、
働く者なら、誰もが一度は、経験した事があると思います。
だから、一生懸命働いた後は、すーっと肩の力を抜いて、
リラックスする事も大事な要素であるのでしょう。

スピリチュアルばかりに片寄って地に足がついていない人より、
一生懸命に働いている人の方が、
スピリチュアルな道を歩んでいる事もあると思います。
スピリチュアルな綺麗事だけでは、分からない事もある。
だから、仕事を通じて、スピリチュアルな事も学ぶ。

スピリチュアルな知識としては、全然、薄くても、
知らなくても、仕事に一生懸命な人は、
やっぱり、魂が向上していると思うし、
知ってから知らずか、見えない世界の影響を受けたり、
感じたり、信じていたりする事があると思います。
そんな中で不思議とハイヤーセルフとの結びつきも、
強くなっていき、自分自身で気づく事もあるのでしょう。

まった、もっと簡単な所では、笑いも波動を上げる方法で、
笑っているだけで、霊体の存在を感じたり、どんどん、
スピリチュアルな能力が開花していくそうです。
だから、誰かが、人生は、楽しんだ者勝と言う事を言っていました。

ハイヤーセルフは、私達に色々、与えたい。
無条件の無償の愛で与えたいと思っているそうです。
だけど、受けての私達の器が小さければ、それ以上は、入りません。
不平不満や不足の思いや執着心がある間は、
自分自身の器は、非常に小さいモノだと思います。

しかし、矛盾しているようですが、物欲とは、
イコールで霊的成長とも言えるそうです。



だけども、先程の仕事の話とも通じますが、
誰かの者を奪ったり欲しがると言うような、
奪い心、嫉み心ではなく、
一生懸命、働く事で与える喜びを知り、
与えるから、与えられると言う循環を実感する事が、
霊的成長に繋がるのだと思います。

最後に、ハイヤーセルフが、皆様に伝えたい事は、
宇宙で、起きる事は、すべて完璧で、無駄がないそうです。

私達も、いつかは、ハイヤーセルフとなって、
人様のお役に立つ時が来るそうです。
今は、その学びの時期で色々と経験しています。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.