スピリチュアル 思考の治療 感情

怒りの取扱説明書・・・・

更新日:

人間の感情の中で、もっとも、やっかいなのが、
怒りの感情であると私は、思っています。

何故なら、怒りがなければ、争い事などが起きないと思うからです。
しかし、怒りの感情も必要だから人間が感じるようになっている。

その怒りを、どう上手く扱うかが人間の課題であると思います。

私を含め、多くの人は、怒りの感情の取り扱いが下手で、
その怒りや、イライラにコントールされている状態だと思います。

怒りをコントールした方が、自分の体にも人生にもお得です。

だけど、そのコントロールが難しい。
許した方が得。許す事が美徳。
怒りを感じない方が幸せ。

確かに、そうではありますが、
許したつもりで、抑えつけているだけと言う事も多いものです。
そして、許せたつもりで、許せていない。
だから、ずーっと、その怒りを内在して溜め込んでいる。
火山やマグマのようなものなのですね。

それを自分自身で気づいているのなら、まだいいと思いますが、
自分の気づかない奥底に、その怒りを溜め込んでいたりします。

抑圧した思考や感情は、私の波動となり、
外側の現象として、そのような現実が現れます。

自分の内側の反映が、外側である現実です。
自分の内側にあるものしか外側である現実に出現しません。
自分の外側にある現実は、結果でしかありません。

だから、何故だか分からないけど、
悪い事ばかりが起きる。
おかしな事や、おかしな人ばかりが寄って来る。
と言う人は、抑圧している諸々のモノが外側の現象を
引き寄せているのかもしれません。

だから、自分と全然、タイプが違う人が、
目の前に現れたとしても、実は、それは、
自分の中にも同じ要素を持っているという事です。

いつも怒ってばかりいる人とか、
いつも、イライラしている人とか、
いつも、不満ばかり言っている人が、
自分にだけ、とことん甘い人とか、
納得いかない人が寄って来る事があります。

しかし、目の前にいると言うのは、
自分の中にも、その要素を隠し持っていると言う事です。
気づきやすくする為に、拡大されて見せているのかもしれません。

私の中にありますよと言うモノが、
外側である現実に現れています。

だから、隠された怒りに気づく為に、意識して息を吐き出す。
溜息のように、ど~っと長く息を吐き出す。

また、隠された、その怒りを解放した方が良いと言う事も言われています。
それは、誰かに怒りをぶつける事ではなく、自分一人でやる事。
ストレス解消と言われている、あらゆる方法も、そうですね。
運動やスポーツなどもそうですし、カラオケが好きな人は、
それでストレス発散が出来ると言います。

本当に、それでストレス解消できているかどうかは、別として、
ある程度は、それらの事も、効果があると思います。

だけど、もっと手軽で効果が高いと思える事が、
奥底に溜まっている息を吐き出す事。
嫌な思い出と共に外に吐き出す。
吐き出せば、勝手に新たな空気が入ります。
それを繰り返して、嫌な思い出、嫌な感情を、
どんどん外に出す事です。

どんどん出して、どんどん入れる。この繰り返し。

諸々の嫌な思い出を吐き出す。吐き出し切ってください。
スピリチュアルな世界では、怒らない方が良いと言う話も、
それなりに多いですが、怒りは、スーパーサイヤ人のように、
出して出して出し切った方がいいケースもあると思います。

何故なら、怒りを抑えつけているだけであれば、中あるのは、
怒りの感情であります。それは、現実を創る要素になります。
だから、何度も同じような事が繰り返されたりします。
怒りの感情を解き放てば、水蒸気のように消えていきます。

スピリチュアルな世界で怒らない方が良いと言うのは、
人に向けて怒りを放つから、よくないと言われているのでしょう。
人に向けてやった事は、自分に返って来るので、
自分一人の時に、怒りの解放をワーッとやる。

だけど、くれぐれも、嫌な思い出を思い出したからと言って、
誰かや何かに当たったりは、しないでください。
(自分一人で誰にも迷惑をかけない事ならOKです。
枕やサンドバックを叩いたりのような事。)

自分一人の時なら、
ドラゴンボールのスーパーサイヤ人のような感じで、
怒りの感情をワーッと解放してもいい。

(ケースバイケースですが、
人に対して、絶対に、怒ったらいけないと言う事では、ない。
そのまま、ずるずる行くよりは、
ここぞって場面で、怒る事は、ありだと思います。)

息を吐き出す話に戻りますが、諸々の色んな事を
思い出したら、どんどん吐き出して、吐き出して、
吐き出し切ってください。許そうとしなくてもいい。
どんどん、どんどん、吐き出してください。

怒りを浄化する最良の方法は、吐き出す事だと思います。
溜まっている思考や感情をどーっと吐き出してください。

復讐やら執着は、非常に重くて低い波動です。
それらの、思考や感情を吐き出し切るには、時間もかかるでしょう。
しかし、いつまでも捉われているのは、
吐き出せていないからだと思います。
それらを吐き出す事で、マグマのように溜め込んだ怒りを浄化する。

だから、すっかり忘れていた事を思い出す事も沢山あると思います。
思い出したら、水に流すように、また息を吐き出してください。

捉われている間は、まだ、流せていません。
だから、どんどん吐き出す事が大切です。

怒りの感情の、さらに下には、悲しみがあると言いますが、
ここまで行けたら、もう大丈夫でしょう。

しかし、これは、私が良いと思っている方法です。
この方法が合わない人もいるかもしれませんし、
他にも色んな方法があると思います。
自分に合った最良の方法を探してみてください。

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 思考の治療, 感情

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.