スピリチュアル 日記

世にも恐ろしい三千世界の大掃除・・・

更新日:

日月神示で言う所の三千世界の大掃除。
私は、神が、そんな恐ろしい事を言うか?と
疑問に感じていた事でもありますが、
それは、因果応報的な事でもあると思います。

例えば、愚痴、泣き言、悪口、文句、陰口、
これらを言い続けて来た人は、その見返りが、
波のようにドッと押し寄せて来る事でしょう。
その大波に飲み込まれてしまう事もあるかもしれません。

過去の諸々の悪行も今、跳ね返る時期かもしれません。

今まで騙し騙しでバレる事なく悪さをし続けた人は、
いよいよ、それがバレるようになったと思います。
その証拠の一部がニュースなどでも流れています。

頭隠して尻隠さずという、ことわざがありますが、
今までの時代は、心隠して、頭隠さずの時代であったと思う。
今からの時代は、心の中身も隠せず、
頭の中身も隠せない時代に突入したと思います。
だから、上辺だけの事は、もう通用しない時代です。

心が醜い者は、その醜い現実を目の当たりにする事でしょう。

過去の諸々の事は、今、ようやく受け取る時代です。
それは、今世だけではなく、前世レベルの事もあるかもしれない。
今までの総決算を受け取るのが三千世界の大掃除。

今世だけでも、言った事、やった事、思った事、
それらの事が総決算されれば、それなりの事が起きると思います。
個人レベルの事でもそうですし、
地球レベルであれば、尚更、そうでしょう。

また、従来の地球では、現実化するまでに、タイムラグがありました。
今は、そのタイムラグが、どんどん短くなっているそうです。

この世のすべては、数字で出来ていると言う話を聞いたことがありますが、
見える世界、見えない世界、そのすべてを難しい計算式にすれば、
素粒子やら素因数やらで、色々な計算式が成り立つのだと思います。

私は、難しい計算式など分からないし、計算式が分かったところで、
計算も出来ないので、簡単な計算式にしてみました。
これでも、計算は、出来ないですが、おおよそ、こんな感じで、
私達の現実は、成り立っているものだと思います。

思った事×感じた事+過去の記憶+行動した事÷今の波動状態=現実

ざっくりと言えば、こんな感じになっているのではないか?と思います。
過去の記憶には感情も、含まれていますし、
顕在意識だけでなく、潜在意識レベルの事も含みます。
だから、自分自身で、とても納得がいかないような事が現実には、
時に、現れたりする事もあります。

心や魂に付着した泥のような穢れもあるかもしれません。
カルマがあるとか、ないとか言う話もありますが、
泥のような汚れの事をカルマと言う認識で捉えているのかもしれません。

白だけの世界では、黒が分からない。
黒だけの世界でも、白が分からない。

魂が体験したくて、決めて来た、自我レベルでは、
とても納得がいかない事、許せない事、憎みたい事なども、
体験していくのが人生であるかもしれません。

だけど、そのような事は、大概は、一時的な事だと思います。
だけど、自分自身が、いつまでも引きずったりしていて、
中々、手放せていなかったりする事も多いような気がします。

それを許した方がいいとか、怒りを吐き出して、
浄化した方がいいと言う話もありますが、
許すも許さぬも、怒るも怒らぬも、
その事に捉われている証拠であります。

一番いいのは、その捉われ心を無くす事だと思います。
これを無の境地やら「空」の状態だと呼んでいると思います。

ドアや窓を開けたり閉めたりしますが、
私達の心も自分自身で知ってか知らずかの間に、
開けたり閉めたりしていると思います。
自我の内側には、真我があると言います。
顕在意識より潜在意識の方が大きいと言います。

だから、私達は、普段、自我やら顕在意識やらで、
狭い範囲でしか物事を捉えられていないのかもしれない。

古代の人は、現代人より、松果体が大きかったと言います。
だから、宇宙の叡智と当たり前のように繋がっていたと言う説があります。

それが事実かどうかは、知りませんが、古代文明や古代の遺跡で、
これは、すごいなぁと思えるモノが世界のあちこちに残っています。
だから、やっぱり、宇宙の叡智と繋がっていたような気がします。
現代人は、その宇宙と繋がる叡智が衰えているらしい。
それも、否めない事実であると思います。

だけど、私達は、本当に必要な事は、深い部分で、
元々、備わっているし知っている。

バシャールの話だったと思いますが、
地球の分離や二極化などの話がありました。
ネガティブ行の地球とポジティブ行の地球。
それが、今、どんどん加速して分離している状態であるそうです。

三千世界の大掃除によって、パカっと地球が二つに割れるのかもしれない。
割れると言いましても、丸い地球のまま二つに割れる(別れる状態)
だから、リアルに人との別れも経験する事が多いと思います。

それぞれが、別々の地球に行く。
ネガティブ要素が濃い人は、
どんどん、ネガティブ地球に落とされる。
天国と地獄のような関係かもしれません。
日月神示でも、魂の振るい分けと言う事を言われていたと思います。

これが、大掃除。地球の洗濯であります。
だけど、洗濯とは、選択でもあると思います。
ポジティブな地球に行きたければ、ネガティブを捨てて、
ポジティブになれば、行けると言う理屈の上では、簡単な事です。

だけど、過去の諸々のネガティブな要素を捨てる為に、
一時的に、非常に辛い経験をされる方も多いかもしれません。
そこで、ネガティブな感情ばかりに引っ張られないように気を付けてください。

今は、正念場かもしれませんが、三千世界の大掃除が終わったら、
ポジティブな地球に行っていれば、ネガティブな地球とは、もう決別。
今までのように、ごちゃ混ぜの地球ではないので、
今までに見た事もないような素晴らしい人達に囲まれたり、
素晴らしい現実を体験する事になると思います。
そして、そこには、ごちゃ混ぜ地球のように、
ネガティブ要素の濃い存在の人達は、もう、いません。
三千世界の大掃除は、恐ろしくもありますが、
素晴らしい世界の前兆でもあると思います。

日月神示は、魂レベルの因果応報であると思います。
だから、魂に纏わり付いている、
今世、過去世のすべての埃の消滅。
それによって、魂は、本来の輝きを取り戻すと思います。



ゴキブリを退治するのに、
バルサンというモノを炊いたりしますが、
人間世界、霊界世界、共に、
バルサンのようなモノを炊くのが、
三千世界の大掃除なのかもしれません。

一時は、苦しいかもしれませんが、
心の汚れ、魂の汚れ、
それらが取れて楽になる。

大掃除が終わった後は、完全に浄化され、
調和された地球になっている事だと思います。

関連記事
日月神示について思う事

スポンサーリンク



-スピリチュアル, 日記

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.