医療 思考の治療

日本の癌治療は、遅れている???

更新日:

色んな所で、日本の癌治療は、
遅れていると聞きます。

一説では、日本の癌患者は、増えているのに対し、
アメリカでは、癌患者が減っていると言う、データがあります。
そのデータの信憑性の程度は、分かりませんが、
これだけ医療が発達している現在において、
昔からある癌と言う病気が治せないと言うのは、
疑問に感じる事でもあります。

だけども、日本の癌患者が増えていると言う事に関しては、
高齢化社会などの要素もあるので、ただ、一概に、
癌患者が増えていると言うデータは、
鵜呑みには、出来ない部分もあると思います。

しかし、日本の癌治療が遅れていると言う事は、
恐らく、事実であると思います。

一部において言われている、
癌ビジネスと言われるような事で、
抗がん剤やらの薬を使う事で、
製薬会社が儲かるからやめられない、
と言うような情報もあります。

癌について、熱く語っている、船瀬俊介さんと言う方がいます。
この方についても、賛否両論ありますが、一応、癌の専門家?
であると思います。ユーチューブで船瀬俊介で検索すれば、
この方が語っている動画が色々と出てきます。

船瀬さんは、現代医療の9割方は、不要で、
必要なのは、緊急医療のみだと言います。

これは、少し大袈裟な言い方のような気もしますが、
間違いでもないと思います。人間には、自然治癒力と言うものがあります。
自然界の動物なども、自然に病気を治す事もあると思います。
人間は、医療に頼りすぎな側面もあるような気がします。
薬によって、逆に体を痛めつけてしまっている事もあるのかもしれません。

薬も、この人には、利くけど、あの人には、利かないなどの事もあり、
一人一人に合った薬を開発するには、
手間もお金も時間も、かかりすぎると言うような、
事情があると言う話を聞いた事もあります。

癌治療に使われる、抗がん剤が寿命を縮めていると言う話も、
今は、色んな人があちこちで語っています。
どこやらの病院では、癌治療において、
抗癌剤を使わない治療を、はじめている所もあるそうです。

末期癌であっても、治った人は、世の中には、
たくさんいるそうですが、それが、ただ単に運が良かったとか、
たまたまでは、片付けられない側面もあると思います。

では、どうやって治ったのか?と言う事ですが、
その一つが食事であるそうです。船瀬さんは、
一日一食にした方がいいと言う事を言われています。
薬に頼るより、自然治癒力に頼った方がいいと言います。

今、癌治療において行われている、
三大治療(薬物療法、放射線療法、免疫療法)は、
体への負担が大きいだけなので、即刻、辞めるべきと、
言っている人達も一部においていますが、
それが事実である部分と、そうでない部分があるような気がします。

症状も環境も体も一人一人違う。
その治療が適した人もいるでしょう。
代替療法なんかも注目されているようですが、
それも、万能ではないと思います。癌に限らず、
100人いたら100通りの治療方法があるような気がします。

近年、新しい医療として、
近赤外光線免疫治療法と言うモノがあるそうです。
これは、何かと言えば、人体に無害な近赤外線を照射して、
ピンポイントで、がん細胞を消滅させる事が出来る、
新しい治療であるそうです。
まだ、普及はしていないようですが、
これは、希望の光が見える治療方法だと思いました。
だけど、まだ、私達が、その恩恵を受けるのは、
もうしばらく先の話になるとは、思います。

また、ルンルで有名な、植原紘治さんは、
癌を治す方法は、
癌である事を忘れる事だと言います。
(※植原紘治さんは、癌の専門家では、ありません。)
癌である事に意識を向けず他の事に意識を向ける事。
また、乳酸が癌治療に役立つと言うような事を
本に書かれていたと思います。

病は、気からと言います。だから、癌に気を向けない。
意識を向けないようにする事も、意識を向けている。
だから、本当に癌を忘れられる事に意識を向け続けていたら、
癌細胞が、癌を忘て気が付いたら、
消滅していた、などの事が起きるらしい。

だから、何かに夢中になれる事に没頭していたり、
癌だと宣告された後に、行きたい所を旅して歩いていたら、
治ってしまったなどの話を聞く事もあります。

癌を治す為の情報は、あちこちに転がっています。
癌が治った人の話も、一応は、あちこちにあります。
だけど、現実問題、治らない人の方が多いのが現状であります。

色んな情報も、正しいモノも、間違ったモノもあるでしょう。
色んな事が分かって来たかも知れませんが、まだまだ、
癌治療においても、本格的に治す為の治療をするのは、
これからだと思います。そして、本当に日本の癌治療が
遅れているのであれば、単純な話、
海外の癌治療を真似すればいいと言う事になると思います。

スポンサーリンク



-医療, 思考の治療

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.