どうでもいいこと スピリチュアル

チャクラとオーラ

更新日:

人間には、チャクラやらオーラやらがあると言います。
これが、見える人は、結構いるらしいですし、
訓練次第では、誰でも、見えるようになるらしい。

だけど、人によって見え方に違いがあるかもしれませんし、
場合によっては、余計なモノまで見える事もあるかもしれない。
だから、見える事が、必ずしも、いい事ではないかもしれません。

チャクラを開ける簡単な方法は、
生きる目的があって、活き活きしている時は、開きやすいそうです。

何の目的もなく、閉鎖的な感情や思考だと、
チャクラも、閉じている傾向にあるようで、
気力もなく、覇気が感じられない。

他力本願の傾向が強すぎたりするのも、
チャクラを閉じる原因となるようです。
与えるエネルギーか、奪うエネルギーか。

恐らく、簡単に言えば、
心が前向きか、後ろ向きかで、
チャクラの状態が閉じたり、開いたりする。

7つのチャクラ

チャクラは、7つあると言われています。
ヨガなんかでも、このチャクラを活性化したりする事が、
行われていたりしますが、何も知らなくても、
何もやっていなくても、このチャクラは、
無意識の間に、開いたり、閉じたりさせているようです。

開きすぎも、よくないらしいですが、
やっぱり、閉じているのも、よくないらしい。
だから、適度に開いている状態が、いいらしい。

そして、適度にチャクラが開くと言うのは、
心地良い感じと言う意味でもあるらしい。

第7チャクラ。クラウンチャクラ。頭頂部の上の辺り。色は、紫。
宇宙や天からのエネルギーをここから取り入れるらしいです。
高次のエネルギーとか霊性などと言う意味もあるらしい。

第6チャクラ。ブラウチャクラ(サードアイチャクラ)
第三の眼。心眼。松果体。藍色(あいいろ)。
このチャクラが一番、有名かもしれませんね。
眉間の上の目と目の間にあるとされている目です。
仏の絵や妖怪なんかにも、ここに目が描かれていたりします。
霊視などでも、この目で見ると言われています。

第5チャクラ(スロートチャクラ)色は、水色。
首の中心のチャクラとされています。
開きすぎている場合は、口数が多すぎてお喋り。
周囲に気が回らない。逆に、弱っている状態の時は、
自己表現が出来ない。このチャクラは、
喉にあるだけに、言語的にしろ、非言語的にしろ、
声と言う意味があるらしい。
喉にある太陽のような場所で、
創造性などの意味もあるようです。

第4チャクラ(ハートチャクラ)
または、アナーハタ・チャクラとも言うそうです。色は、緑色。
私は、ハートだけにピンク色をイメージしていましたが、
緑色なのですね。でも、ピンクも、あながち、
間違いではないらしい。このチャクラは、
自分や人を愛すると言う
エネルギーのチャクラになるようです。

第3チャクラ(ソーラープレクサスチャクラ)色は、黄色。
丹田とか、みぞおちにあるチャクラになるらしい。
過去の苦しかった経験の感情など、
ここに詰まっている事もあるらしいので、
ここにある、怖れや不安や嫉妬などを
解放すると、エネルギーの循環が良くなるらしい。
禅とか、右脳の話にも、
丹田呼吸と言うものもありました。
だから、丹田呼吸も、このチャクラに効果的なのでしょう。

第2チャクラ
(セイクラルチャクラ)
仙骨の近くにあると言われています。
性に関するチャクラだそうです。色は、オレンジ。
本当に楽しい異性と喋っている時は、
背中の後ろの霊体が喜んでいたりしますので、
恐らく、このチャクラが活性化しているのだと思います。
綺麗な水を飲む事で、このチャクラが浄化できるそうです。

第1チャクラ(ルートチャクラ)
尾骨の近くにある一番下のチャクラ。色は、赤色。
このチャクラは、結構、簡単に、
活性化が、出来るそうです。
肛門を閉める動作を繰り返す事で、
活性化するそうです。ヨガなんかでも、
お尻をの穴を閉めてとか言いますが、
このチャクラが活性化すると言う意味があるのですね。
また、クンダリーニと言うモノも、
このチャクラが、関係しているそうです。

オーラ

商店街などでも、たまに、
自分のオーラを写真撮影してくれる所があります。
機械でパシャっと撮るとオーラが分かると言うモノです。
私は、やった事がないのでよく分かりませんが、
料金は、千円ぐらいだったのではないでしょうか?
だけども、何か、ちょっと子供騙しっぽいので、
本格的に何かを知りたいと言う場合には、
物足りないかもしれません。

オーラは、誰でも、纏っているのですが、
この、オーラが、弱っている状態だと、
肉体にも、何らかの影響を及ぼすそうです。
オーラが見える人の話だと、良くも悪くも、
オーラに変化が現れてから、肉体的な現象になるらしい。
現実的に現象が起きる前に、オーラには、
その予兆が現れているような感じかもしれません。

オーラは、自分の思考パターンで、
出るモノでもあるらしい。ネガティブな思考を
引きずっている時には、現実的に、明るく振舞っていても、
澱んだ暗いオーラを纏っているそうです。
だから、オーラを綺麗にしたり良いもにしたりするには、
まず、自分の思考を、そのような状態にすると言う事らしい。

チャクラとオーラ

チャクラとオーラは、まったくの別物ではなく、
密接に、関係しているモノでもあるらしいです。
オーラの状態は、チャクラの状態によって、
変化するそうです。私は、よく分かっていませんが、
チャクラを開けるとは、水道の蛇口を開けるようなモノで、
開ける事で、活性化して、肉体と精神のバランスを、
上手く取ると言うような感じだと解釈しています。

そして、チャクラを開ける方法は、
ヨガや瞑想や、呼吸法など、色々ありますが、
私としては、もっと、楽で簡単なモノは、ないか?と思います。

チャクラが、いつでも、いい感じに開いていると、
至福とか、居心地の良さを感じる時間が多いらしいのですが、
バシャールは、高揚感を持続させる難しさがあるので、
夢想と言う事を薦めています。夢想とは、何の制約も制御もなく、
夢見心地に赴くままに想いを巡らす事らしいです。
私は、妄想の進化系だと捉えています。バシャールが伝える通り、
この夢想で、チャクラを開いたり活性化したりするのが、
一番、簡単であるような気がします。

だけども、夢想もやり過ぎると、
夢遊病みたいにならないか?と言う心配は、ありますが、
チャクラが適度に開いている状態であれば、
心配無用であるのかもしれません。

それに、中々、夢想と言う事も、
それを持続してやり続けると言う事は、
簡単な事ではないと思います。

チャクラとチャック

私は、チャクラの事は、
よく分かりません。
分かりませんが、
チャクラは、チャックのようなモノだとも思います。
男性は、時折、ズボンのチャックを閉め忘れたりします。
そこを社会の窓と呼んだりもします。

チャクラも、チャックのようなものであり、
一つ一つの窓であると思います。
だから、開けっ放しもよくないのかもしれません。
実際、チャクラの話でも開きすぎは、よくないと聞きます。
適度に開いているのがいいらしい。

そして、チャクラもズボンのチャックと同じように、
意図的に開けたり閉めたり出来る事が望ましいのかもしれないですね。

家の窓も、開けっ放しも閉めっぱなしも、よくない。
だから、明けたり閉めたり自由自在に出来る事が、
一番、良いのかもしれません。

チャクラとドレミの音階の関係も有名ですね。

スポンサーリンク



-どうでもいいこと, スピリチュアル

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.