歴史 読書

お釈迦様について・・・

投稿日:

お釈迦様の事は、今も、色んな人達が語っています。
偉大な人であった事は、言うまでもない事だと思います。
だけど、今、釈迦について語ると、怪しいとか、
宗教だとか思われてしまうような風潮もあります。
確かに、そのような怪しいモノが存在しているのも、
事実であるので、仕方がない部分もありますけどね。

仏教と言うのは、読んで字の如く、仏の教え。
しかし、仏の教えを利用して、金儲けをしている
団体などが、あまりにも多い。だから、怪しいと
思うのは、ある意味、仕方がない事です。

だけど、釈迦が、どんな人であったか、
触りの部分だけでも、知っておくことは、
人間として生きる事に役立つ事であると思います。

世界の多くの人が認める偉人が釈迦であります。

ヒマラヤの仙人などでも、
凄い人は、いると思いますが、
お釈迦様は、一部の人だけではなく、
多くの人が認めている偉人です。

専門的な本なども色々、出ていますが、
私は、専門的な本を読んだ事は、ありません。
読んだ所で、難しくて分からないからです。
だから、簡単に解説してあるものしか、
読んだ事がありません。しかし、空海と同じように、
多くの方が、色んな角度で、伝えてくれていますので、
多少なりとも、知る事は、出来ます。

輪廻の話や、六大神通力の話など、
色々ありますが、お釈迦様が主に、
教えていた事は、現実的な生き方に、
ついてであったように思います。

だけども、釈迦自身は、色んな事を、
見抜いたり、見通したりする事が出来る、
神通力だか、超能力だかを持っていたそうです。
遥か遠い国や、未来の事、2500年前の時代に、
2500年後の今の時代を見る事も出来たらしい。

そして、あの世の事なども、よく分かっていたそうで、
その教えが現代にも伝わっています。
伝わっていますが、
正しく伝わっているのか、どうかは、分かりません。
釈迦自身も、そのような事は、分かっていた。
だけど、2500年後の現代には、
正しく伝わる事が出来ると語っていたそうです。
だから、一部において、釈迦の正しい教えが、
伝わっている部分もあるのでしょう。
だけど、多くは、間違った情報と言う事に、
なるのかもしれません。。。

身長に関しても、色んな説がありますが、
まぁ、背は、高かったのでしょう。

釈迦以外にも、玄奘三蔵も背が高かったそうですし、
空海の傍にも、ずば抜けて、背が高い者がいたとの話もあります。

ちなみに、三蔵法師が、
般若心経を持ち帰った話は、有名ですが、
その般若心経は、元々は、サンスクリット語。
それを、日本語や中国語に訳したものが、六波羅蜜と
呼ばれるものだそうで、六波羅蜜とは、何か?と言うと、
それこそが、釈迦が伝えていた事であったそうです。
だから、玄奘三蔵は、釈迦の教えを取りに行ったと言う事に、
なるのかもしれません。
私の解釈では、間違えだらけかもしれませんので、
知りたい方は、調べてみてください。

話を身長の話に戻しますが、
これは、私が思うに、色んな面倒事を跳ねつけるのに、
運命的に、ご自身が、生まれ出る前に、
身長が高い方が有利だと思い、
そのような体を選んで生まれて来たような気がします。

旅には、色んなトラブルも、あったりします。
その度に、戦ったり、争ったり、逃げたりしていたら、
中々、思うように旅も進まない。

ずば抜けて大きな体だったり、身長だったりすると、
そのような余計なトラブルを最初から、ある程度は、
避けられたりします。だから、本人がそのような体であったり、
周りに、そのような人物が配置されると言う運命を、
あらかじめ設定されていたのかもしれません。

釈迦や空海のように、戦いや争いを好まない人にとって、
そうしておく、必要があったのでしょう。

そして、釈迦が断食などの苦行をした話も有名です。
しかし、苦行では、悟りを得られないと、悟った。
菩提樹の傍で瞑想をしている時に悟ったそうです。
この世のすべては、逆さまである(しゃかさま)であると。

スポンサーリンク



-歴史, 読書

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.