ビジネス TV番組

YOSHIKIさんに学ぶセールス活動

更新日:

今回は、X JAPANのYOSHIKIさんの、
無名時代のセールス方法について紹介したいと思います。

X JAPANは、無名時代から音楽的な才能は、あったと思いますが、
無名時代に、YOSHIKIさんは、自分達を知ってもらう必要がある。
音楽的な自信は、あっても、その目が止まるのを
待っていては、いけない。そう感じていて、
自分達で、PRをする必要があると思ったそうです。
その為には、メディアのパワーを利用した方がいい。

そして、X JAPANは、メジャーデビュー前に、
「天才・たけしの元気が出るテレビ」に出演されました。
YOSHIKIさんが20歳の頃、
東京都中野区にある、コーポ明日香と言う、
ボロアパートに住まれていて、
そこに、高田純次さんが訪問すると言う内容の、
TV放送が、YOSHIKIさんのTV初出演であったそうです。

無名時代は、YOSHIKIさんを筆頭に、
暴れまわる事も多かったそうで、
悪評の噂が流れる事もあったそうです。
だけど、それは、事実が、
半分以上と言う事でもあったのでしょう。
今でも語り継がれる騒動などもあったりします。

元々、YOSHIKIさんは、気性が荒い性格で、
中学時代は、不良であったことも有名な話です。
しかし、私が、思うのは、YOSHIKIさんの、
荒い気性と言うのは、幼少期の父親の自殺と言う
影響が大きいと思っています。
しかし、その思いが、素敵な音楽を作る原動力になっているとも思いますし、
深い悲しみがあるからこそ、伝えられる事もあるのだと思います。
YOSHIKIさんが奏でるメロディーには、深い悲しみが伝わる曲も結構あります。
父親の死と言う過去がなければ、あのような曲を作れなかったかもしれない。
だから、父親の死も無駄ではなかったと言う事ですよね。

それはさておき、YOSHIKIさんは、TVに出て、
自分達をアピールする必要があると感じていた。
その時代は、インターネットなども普及しておらず、
賢い選択であったと思いますし、
その行動力と言うのも、凄いと思いました。

そして、その行動力は、今の時代にも参考になる事だと思います。
今は、インターネットが普及していますが、
普及しすぎて、人目に止まらず埋もれている人がいるような気もします。
だから、いいモノを持っていると言う自信があるのなら、
色んな形で、どんどん世の中にアピールしていく必要があると思います。

本当にいいモノであれば、人目に止まれば、
それで、多くの人の共感が得られると思います。
あの、ジャスティン・ビーバーだって、
最初は、YouTubeがきかっけで、アーティストデビューされたそうです。
そして、ジャスティンが目をつけた、ピコ太郎も人気者になりました。

今や、誰もが認める才能をお持ちのYOSHIKIさんですが、
そんなYOSHIKIさんでも、売れる為には、メディアパワーを
使う必要があると感じていた。それは、行動力もそうですが、
どこかで、謙虚さがないと、中々、そうは、思えなかったとも思います。
今、テレビで、YOSHIKIさんが、バラエティ番組などに、
出演されている姿を見ても、その事が伝わってきます。

YOSHIKIさんは、無名時代から、
乱暴者でも、根っからの悪い奴じゃないと、
思われていた部分があったのだと思います。
だから、才能とは別に、多く人を惹きつける人柄と言うのも、
大事な要素だと思います。

そして、セールス活動と言うのは、
より多くの人の目に止まる場所で、アピールした方がいい。
1アクセスより、10アクセス、100アクセスより、1000アクセス。
人目が多い場所でアピールする。当たり前の事です。

また、ネット以外の、表舞台に立ってアピールすると言う行為は、
普通の人であれば、中々、勇気がいる事だとも思いますが、
ネットの効果とは、また違う効果があると思います。

だけど、インスタやっとけば、OK。
ツイッターやっとけば、OK。
アメブロやっとけば、OK。
などの甘い考えでビジネスをやっている人もいます。
よっぽど、何か人を惹きつけるモノがあれば、
それでも、ブレイクするかもしれませんが、
それだけでは、中々、そうは、ならないでしょう。

TVに出ろと言うわけではないですが、
ネットのパワーを使うにも、それなりの戦略が必要になると思います。

スポンサーリンク



-ビジネス, TV番組

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.