芸能情報

龍が如くで遊んでみた

投稿日:

プレステのゲームに龍が如くと言う、
ゲームがあります。シリーズは、
色々ありますが、主人公は、桐生一馬。
私、このゲームで、結構、遊んだことがあります。

このゲームは、とにかく面白かったです。
下手なドラマや漫画よりも全然、面白かった。
どちらかと言うとVシネマ系のゲームでありますが、
捉え方が深いんですよね。そして構成も面白い。
だけど、まぁ、極道の世界の話なので、
苦手な人は、苦手かもしれないですが、
裏社会の細かい部分まで捉えていて、
よく出来ているなぁと思いました。

歌舞伎町など、全国の繁華街が舞台となるのですが、
それもまた、細かい部分まで、上手く再現されています。
このゲームの中で、全国の有名な都市を旅する事が出来ます。
(ゲーム内では、神室町など、名前が変わっています。)

格闘ゲーム要素もあり、ロールプレイングの要素もあり、
街を歩いたり、カラオケに行ったり、ゲーセンに行ったり、
リアルにある色んな事を、このゲーム内で体験できます。

また、芸能人の方も、ゲームの中で、
キャラとして出演していて、
それが、また、よく特徴を捉えていて、
そっくり、そのままな感じで面白かったですね。

今まで、龍が如くシリーズに登場した芸能人は、
ビートたけしさん、藤原竜也さん、宮迫博之さん、
真木よう子さん、小栗旬さん、大森南朋さん、
高橋克典さん、船越英一郎さん、桜庭ななみさん、
大野拓朗さん、原口あきまささん、稲本潤一さん、
武田修宏さん、槙野智章さん、星翔太さん、
藤原喜明さん、成宮寛貴さん、矢口真里さん、
壇蜜さん、桐谷健太さん、小沢真珠さん、
沢村一樹さん、落合福嗣さん、遠藤憲一さん、
北大路欣也さん、川越達也さん、片瀬那奈さん、
吹越満さん、奥田瑛二さん、三原じゅん子さん、
赤井英和さん、寺島進さん、舘ひろしさん、
藤原竜也さん、泉谷しげるさん、宮川大輔さん、
中村獅童さん、高橋ジョージさん、渡哲也さん、
小沢仁志さん、竹内力さんなど。
色んな大物の方がゲーム内に出演されています。

これだけの芸能人が出演されている事からも、
制作費も、かなり継ぎ込んでいるゲームだと思います。

このゲームは、セガから出ているのですが、
龍が如くの前身とも言えるゲームに、
シェンムーと言う格闘技ゲームがあります。

そちらの方は、億単位の製作費だったと言う情報が色々と出ています。
龍が如くは、シェンムーよりも、さらに中身が濃い内容なので、
やっぱり、一作品でも、億を超える製作費を使っている事が予想できます。
一説では、これまでに、数十億円の開発費を使ったとの情報があります。
まぁ、使っていても不思議ではない、ゲームの内容だと思います。

だから、ゲーム一本でも、映画を作るのと変わらないのですよね。

龍が如く見参

龍が如くシリーズは、どれも面白かったのですが、
私が、一番印象に残っているのは、
龍が如く!見参!ですね。
桐生一馬が宮本武蔵になっていて、
京都の祇園などが舞台となっていました。
ゲームをやったのが、随分前なので、
詳細が思い出せませんが、部分的な映像などが、
今でも私の脳裏に焼き付いています。

昔の京都の町並が、素敵で、
ゲームなのに、何故か、懐かしい感覚になれました。
舞妓さんなども綺麗に描かれていて、リアル感がありました。
龍が如くの、どのシリーズにも言える事ですが、
細かい部分まで、よく作り込まれています。
これが、このゲームの魅力の一つだと思います。

スポンサーリンク



-芸能情報

Copyright© 思考の治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.